ニュース 3ページ目

ビームスを通じて改めて触れる、日本の古き良き銭湯文化

ビームスを通じて改めて触れる、日本の古き良き銭湯文化

またしても『ビームス』が面白いイベントを開催する。その名もずばり“銭湯のススメ。”。ユニークかつ多彩なコンテンツを駆使して、日本が誇る伝統的な銭湯文化を今の世…

山崎 サトシ

70年の歴史を宿して。このスニーカーと、この先もずっと

70年の歴史を宿して。このスニーカーと、この先もずっと

トレンドの先端を行くようなダッドスニーカーもいい。並ばなくては買えないような限定プレミアスニーカーも素敵だ。でも、さまざまな経験を積んで自分のスタイルを持つ大…

増山 直樹

寒さが終われば暑さが来る。ちょっと気の早い、新しいリネンの話

寒さが終われば暑さが来る。ちょっと気の早い、新しいリネンの話

着心地が良い服、機能的な服。寒かったり暑かったりと気温差に踊らされる今の日本においては、優れたデザイン同様にそんな“中身”が重宝される。そこで大事になるのが、…

増山 直樹

ポッタリーでほっこり。ヴィンテージの陶器から生まれたおしゃれランプ

ポッタリーでほっこり。ヴィンテージの陶器から生まれたおしゃれランプ

1950〜70年代のアメリカンヴィンテージ家具を主軸にワンランク上のライフスタイルを提案する『アクメ ファニチャー』。読者諸兄にも人気のインテリアショップより、かつ…

Freeamericanidol編集部

大人が着るべきスポーツウェア、バーバリアンの珠玉コラボに熱視線!

大人が着るべきスポーツウェア、バーバリアンの珠玉コラボに熱視線!

例年に比べて、今年は全国的に暖冬傾向。Freeamericanidol読者諸兄のなかにはアウターの確保も早々に、今から春先まで使えるインナーを探しているという人もいるのではないだろう…

Freeamericanidol編集部

“スキンケア発想のヘアケア”は、何が特徴なのか?

“スキンケア発想のヘアケア”は、何が特徴なのか?

ご存じの方もいるかもしれないが、昨年12月にスキンケアブランドとしてお馴染みの『バルクオム』がヘアケア市場への参入を発表した。気になるラインアップは、ノンシリコ…

編集フカザワ

あえて多くを語らない。“バンクシー”モチーフのミステリアスな魅力

あえて多くを語らない。“バンクシー”モチーフのミステリアスな魅力

Tシャツやスウェットシャツは、その普遍的な形とデザインの幅広さから、しばしば絵画におけるキャンバスに例えられる。イラストや写真、ブランドロゴなどを載せたそれら…

増山 直樹

新年早々のビッグコラボ。シーンを牽引する2大ブランドが共演

新年早々のビッグコラボ。シーンを牽引する2大ブランドが共演

2018年は多彩なコラボレートがファッションシーンを賑わせたが、2019年も大人のブツ欲を刺激する激アツなコラボがすでにいくつか控えている。その先陣を切る形でリリース…

山崎 サトシ

格式とモダンな感性が同居する、純白のミリタリーアウター

格式とモダンな感性が同居する、純白のミリタリーアウター

『バズリクソンズ』と聞くと、思い浮かべるのが武骨で硬派な本格派フライトジャケットの数々。1993年に誕生して以来、当時のミルスペックに基づき、糸の紡績から各種パー…

編集ムタガミ

シャツ選びでお困りのビジネスマンへ。完全“自分仕様”の1枚をどうぞ

シャツ選びでお困りのビジネスマンへ。完全“自分仕様”の1枚をどうぞ

スーツの着こなしにおける“魅せ”どころといえば、やはりVゾーン。顔に近い位置にあることからおのずと他人の目に触れやすく、与える印象を決定付けるエリアとなる。だ…

編集フカザワ

進化し続けるスポーツウェア。テック パックの新コレクションが到着

進化し続けるスポーツウェア。テック パックの新コレクションが到着

トレーニングはもちろん、どんなシーンでも活用できること。それが昨今のスポーツウェアに求められている条件だ。そんな潮流もあって洗練されたデザインのスポーツウェア…

山崎 サトシ

才色兼備なコラボバッグに熱視線。大人のリュックはこうでなきゃ!

才色兼備なコラボバッグに熱視線。大人のリュックはこうでなきゃ!

タフな素材使いに、気が利いていて使い勝手の良いディテール、そして荷物をガンガン詰め込める心強い容量。バッグに求める条件といえば、ざっとこんな項目が挙げられる。…

山崎 サトシ

一年の始まりは、日本製スニーカーで気持ちを引き締める

一年の始まりは、日本製スニーカーで気持ちを引き締める

2019年1月1日。平成最後の年のスタートに、なんともぜいたくなスニーカーが発売されるとの情報が舞い込んできた。ブランドは海外でも高い人気を誇る『アシックスタイガー…

編集ムタガミ

フランス発の“アートケイ”。そのフルラインアップがついに見参

フランス発の“アートケイ”。そのフルラインアップがついに見参

気負わず身に着けられ、ファッションの“遊び”として使える。これぞ、重厚な高級機械式時計にはないカジュアルウォッチならではの楽しみ方といえよう。コーディネートの…

増山 直樹

背負い心地は言わずもがな。現代的なエッセンスを注入した老舗のコラボバッグに刮目

背負い心地は言わずもがな。現代的なエッセンスを注入した老舗のコラボバッグに刮目

昨年創業40周年を迎えたバックパックの雄『グレゴリー』。インラインモデルはもちろんのこと、近年は人気ブランドやアーティストとのコラボレーションでもヒット作を連発…

Freeamericanidol編集部

現在進行形のリアルクローズ。仕掛けたのは、あの2大巨頭

現在進行形のリアルクローズ。仕掛けたのは、あの2大巨頭

アウトドアテイストをブレンドしたり、90年代のファッショントレンドを取り入れてみたりと、2018年のファッションシーンは変化に富んでいた。「懐かしくも新しい」という…

編集フカザワ

復活、そしてコラボレーション。冬に履きたい伝説のサンダル

復活、そしてコラボレーション。冬に履きたい伝説のサンダル

スニーカー、ブーツなどと並んで、今や足元を彩る一大派閥となったサンダル。デザイン性や履き心地などで進化を続け、老舗サンダルメーカーはもちろん、多くのファッショ…

増山 直樹

即決待ったなし。2018年最後の“絶妙”スニーカー

即決待ったなし。2018年最後の“絶妙”スニーカー

年末年始は財布の中身が寂しくなりがちだ。忘年会に帰省や旅行、年明けの新年会などの交際費に加えてファッションシーンではセールのオンパレード…。読者諸兄の多くもき…

編集フカザワ

“そもそも論”を解決してくれる、大人好みのリップクリーム

“そもそも論”を解決してくれる、大人好みのリップクリーム

乾燥しがちなシーズンは、リップクリームの使用頻度が増える。幅広いラインアップから、皆さんは何を重視して選ぶだろうか? 効果・効能が気になるのは当然だが、30代…

編集フカザワ

あの有名店の空気感を、自宅にも。新たな価値を生み出すインテリアショップ

あの有名店の空気感を、自宅にも。新たな価値を生み出すインテリアショップ

Freeamericanidol読者諸兄にもファンが多いであろう人気セレクトショップ「ジャーナル スタンダード」や「エディフィス」。それらを運営するベイクルーズが去る12月15日、さまざま…

Freeamericanidol編集部

冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

デザイナーの日高久代氏とパタンナーの宮原秀晃氏という2人の手によって、2000年に始動した『サイ』。イギリスの伝統的なテーラリングを軸としつつ、現代的な要素を取り…

編集フカザワ

ほっこり温かな見た目のスニーカー。そのデザインソースは……羊!?

ほっこり温かな見た目のスニーカー。そのデザインソースは……羊!?

寒風吹きすさぶ年の暮れ。11月までの穏やかな気候から一転、気温が急落した12月頭から慌ててダウンジャケットや巻き物を調達したという人も決して少なくないはずだ。そん…

編集ムタガミ

大好評コラボふたたび。カップルでも着たい洗練の冬アウター

大好評コラボふたたび。カップルでも着たい洗練の冬アウター

2014年にリリースされて話題を集めた『マッキントッシュ フィロソフィー』と『ブルーブルー』のコラボレーション。来る2019年1月に、約5年ぶりとなる第2弾がお目見えす…

Freeamericanidol編集部

完売続出の“KAZOKU”プロジェクト、その最新版が見逃せない

完売続出の“KAZOKU”プロジェクト、その最新版が見逃せない

運動靴と呼ぶには、あまりにもしゃれている。そう素直に感嘆する一方で、自分の老いを感じてしまい、ちょっと寂しくもなる。30歳オーバーの皆さんなら若いころに1度は校…

増山 直樹

アメカジだけじゃない。デニム素材はアウトドアウェアとも好相性

アメカジだけじゃない。デニム素材はアウトドアウェアとも好相性

ワーク素材ならではのタフさを備え、愛用するほどに風合いを増すデニム素材は男たちの大好物。今も昔も変わらず愛される不動の定番素材だが、ジーンズやGジャンといった…

山崎 サトシ

大人が履くべきランシュー。その極致にして最新解

大人が履くべきランシュー。その極致にして最新解

数々の名作を世に送り出している『ニューバランス』のなかでも、とりわけファッション業界人などの洒落者を虜にしているのが「990」だ。単純にそのルックスが昨今のファ…

Freeamericanidol編集部

いい塩梅の紳士顔。30,300円のセットアップに驚きを隠せない

いい塩梅の紳士顔。30,300円のセットアップに驚きを隠せない

休日着の永世定番として『ディッキーズ』を挙げる人は少なくないだろう。「874」に代表されるように、そのタフな素材が何よりの魅力。洗いを繰り返しても生地がヨレにく…

編集フカザワ

1年間頑張ったご褒美にも。オフの時間を豊かにするホームウェア

1年間頑張ったご褒美にも。オフの時間を豊かにするホームウェア

クリスマスシーズン真っ只中、大切な人へのプレゼントを探している人も多いはず。そこでFreeamericanidolではこんな素敵なギフトを提案。ご存じ『ポロ ラルフ ローレン』のアンダ…

Freeamericanidol編集部

フォーマル顔だけどスケートも余裕。今の気分を形にした万能ローファー

フォーマル顔だけどスケートも余裕。今の気分を形にした万能ローファー

年末年始は旅行のハイシーズン。多忙な日常のリセットを兼ね、連休中に国内外の景勝地へ足を延ばすという人も多いだろう。せっかくの旅を充実させるなら、出発前の入念な…

山崎 サトシ

白きコラボウォッチに、洗練のミリタリズムを見る

白きコラボウォッチに、洗練のミリタリズムを見る

ワイルドで、タフで、精悍……、軍モノに対する憧れは男なら誰しも抱いたことがあるはずだ。だからこそ「ミリタリー」というジャンルは、ファッションにおいても重要な要…

増山 直樹

BACK