ニュース 2ページ目

伝説的バンドと老舗ブランドの共鳴。パンクロッカー垂涎のコラボが登場

伝説的バンドと老舗ブランドの共鳴。パンクロッカー垂涎のコラボが登場

モードからストリートまで幅広いスタイルを格上げしてくれる人気シューズブランド『ドクターマーチン』が、今年最初のビッグニュースとして伝説のパンクロックバンド、セ…

Freeamericanidol編集部

ペアで使うかシェアするか。甘い時間を共有するセンスフルな腕時計

ペアで使うかシェアするか。甘い時間を共有するセンスフルな腕時計

もう久しくバレンタインチョコなどいただいていない。いきなりの愚痴で申し訳ないが、そろそろ件の2月14日である。その歴史はローマ帝国時代にまで遡るとか、チョコレー…

増山 直樹

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ

英国王室御用達のアウトドアウェアブランド『バブアー』と言えば、1980年発表の乗馬用アウター「ビデイル」を筆頭としたワックスドジャケットでおなじみ。オン・オフどち…

山崎 サトシ

見た目は懐古的、機能は現代的。そのバランスが今の気分

見た目は懐古的、機能は現代的。そのバランスが今の気分

スニーカーシーンをリードし続ける『ミタスニーカーズ』。昨年もさまざまなコラボモデルで我々スニーカーラヴァーを大いに盛り上げてくれたが、その勢いは今年も止まらな…

編集フカザワ

腕元から平和を願う。世界でもっとも付加価値のある金属とは?

腕元から平和を願う。世界でもっとも付加価値のある金属とは?

そろそろ平成が終わる。4月には新たな元号が発表されるが、はたしてどんな名前が採用されるのか。現状では「平和」や「和平」といった案が人気を集めているようだ。比較…

増山 直樹

伝統をベースに、モダンに昇華。大人が買うべき特別な春のアウター

伝統をベースに、モダンに昇華。大人が買うべき特別な春のアウター

新春セールも一段落し、各ショップでは早くも2019年春夏コレクションがお目見えしている。Freeamericanidol読者諸兄にファンの多い『ウールリッチ』も、さっそく春を匂わせる新作…

Freeamericanidol編集部

“伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

“伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

腕時計は実用的な道具である以上に、ロマンの塊だ。時刻を知るだけなら、実はスマホで十分。むしろそれ以上の魅力、つまりはブランドの哲学やチャレンジングな姿勢、モノ…

増山 直樹

春支度は足元から。限定モデルでセンス良く、軽やかに

春支度は足元から。限定モデルでセンス良く、軽やかに

1月も半ばを過ぎると、各ショップには春物がちらほら。とはいえまだまだ寒い今、春服に手を出すのは時期尚早と感じる人もいるだろう。そんなときにおすすめしたいのが、…

Freeamericanidol編集部

本質を知る大人の街で、久留米の技が生んだ特別なスニーカーに出会う

本質を知る大人の街で、久留米の技が生んだ特別なスニーカーに出会う

子供のころに初めて履いた上履きが『ムーンスター』だったという人は、実は少なくない……、という書き出しにもすっかり手垢がついてしまった。MADE IN KURUMEだからこそ…

編集ムタガミ

ビームスを通じて改めて触れる、日本の古き良き銭湯文化

ビームスを通じて改めて触れる、日本の古き良き銭湯文化

またしても『ビームス』が面白いイベントを開催する。その名もずばり“銭湯のススメ。”。ユニークかつ多彩なコンテンツを駆使して、日本が誇る伝統的な銭湯文化を今の世…

山崎 サトシ

70年の歴史を宿して。このスニーカーと、この先もずっと

70年の歴史を宿して。このスニーカーと、この先もずっと

トレンドの先端を行くようなダッドスニーカーもいい。並ばなくては買えないような限定プレミアスニーカーも素敵だ。でも、さまざまな経験を積んで自分のスタイルを持つ大…

増山 直樹

寒さが終われば暑さが来る。ちょっと気の早い、新しいリネンの話

寒さが終われば暑さが来る。ちょっと気の早い、新しいリネンの話

着心地が良い服、機能的な服。寒かったり暑かったりと気温差に踊らされる今の日本においては、優れたデザイン同様にそんな“中身”が重宝される。そこで大事になるのが、…

増山 直樹

ポッタリーでほっこり。ヴィンテージの陶器から生まれたおしゃれランプ

ポッタリーでほっこり。ヴィンテージの陶器から生まれたおしゃれランプ

1950〜70年代のアメリカンヴィンテージ家具を主軸にワンランク上のライフスタイルを提案する『アクメ ファニチャー』。読者諸兄にも人気のインテリアショップより、かつ…

Freeamericanidol編集部

大人が着るべきスポーツウェア、バーバリアンの珠玉コラボに熱視線!

大人が着るべきスポーツウェア、バーバリアンの珠玉コラボに熱視線!

例年に比べて、今年は全国的に暖冬傾向。Freeamericanidol読者諸兄のなかにはアウターの確保も早々に、今から春先まで使えるインナーを探しているという人もいるのではないだろう…

Freeamericanidol編集部

“スキンケア発想のヘアケア”は、何が特徴なのか?

“スキンケア発想のヘアケア”は、何が特徴なのか?

ご存じの方もいるかもしれないが、昨年12月にスキンケアブランドとしてお馴染みの『バルクオム』がヘアケア市場への参入を発表した。気になるラインアップは、ノンシリコ…

編集フカザワ

あえて多くを語らない。“バンクシー”モチーフのミステリアスな魅力

あえて多くを語らない。“バンクシー”モチーフのミステリアスな魅力

Tシャツやスウェットシャツは、その普遍的な形とデザインの幅広さから、しばしば絵画におけるキャンバスに例えられる。イラストや写真、ブランドロゴなどを載せたそれら…

増山 直樹

新年早々のビッグコラボ。シーンを牽引する2大ブランドが共演

新年早々のビッグコラボ。シーンを牽引する2大ブランドが共演

2018年は多彩なコラボレートがファッションシーンを賑わせたが、2019年も大人のブツ欲を刺激する激アツなコラボがすでにいくつか控えている。その先陣を切る形でリリース…

山崎 サトシ

格式とモダンな感性が同居する、純白のミリタリーアウター

格式とモダンな感性が同居する、純白のミリタリーアウター

『バズリクソンズ』と聞くと、思い浮かべるのが武骨で硬派な本格派フライトジャケットの数々。1993年に誕生して以来、当時のミルスペックに基づき、糸の紡績から各種パー…

編集ムタガミ

シャツ選びでお困りのビジネスマンへ。完全“自分仕様”の1枚をどうぞ

シャツ選びでお困りのビジネスマンへ。完全“自分仕様”の1枚をどうぞ

スーツの着こなしにおける“魅せ”どころといえば、やはりVゾーン。顔に近い位置にあることからおのずと他人の目に触れやすく、与える印象を決定付けるエリアとなる。だ…

編集フカザワ

進化し続けるスポーツウェア。テック パックの新コレクションが到着

進化し続けるスポーツウェア。テック パックの新コレクションが到着

トレーニングはもちろん、どんなシーンでも活用できること。それが昨今のスポーツウェアに求められている条件だ。そんな潮流もあって洗練されたデザインのスポーツウェア…

山崎 サトシ

才色兼備なコラボバッグに熱視線。大人のリュックはこうでなきゃ!

才色兼備なコラボバッグに熱視線。大人のリュックはこうでなきゃ!

タフな素材使いに、気が利いていて使い勝手の良いディテール、そして荷物をガンガン詰め込める心強い容量。バッグに求める条件といえば、ざっとこんな項目が挙げられる。…

山崎 サトシ

一年の始まりは、日本製スニーカーで気持ちを引き締める

一年の始まりは、日本製スニーカーで気持ちを引き締める

2019年1月1日。平成最後の年のスタートに、なんともぜいたくなスニーカーが発売されるとの情報が舞い込んできた。ブランドは海外でも高い人気を誇る『アシックスタイガー…

編集ムタガミ

フランス発の“アートケイ”。そのフルラインアップがついに見参

フランス発の“アートケイ”。そのフルラインアップがついに見参

気負わず身に着けられ、ファッションの“遊び”として使える。これぞ、重厚な高級機械式時計にはないカジュアルウォッチならではの楽しみ方といえよう。コーディネートの…

増山 直樹

背負い心地は言わずもがな。現代的なエッセンスを注入した老舗のコラボバッグに刮目

背負い心地は言わずもがな。現代的なエッセンスを注入した老舗のコラボバッグに刮目

昨年創業40周年を迎えたバックパックの雄『グレゴリー』。インラインモデルはもちろんのこと、近年は人気ブランドやアーティストとのコラボレーションでもヒット作を連発…

Freeamericanidol編集部

現在進行形のリアルクローズ。仕掛けたのは、あの2大巨頭

現在進行形のリアルクローズ。仕掛けたのは、あの2大巨頭

アウトドアテイストをブレンドしたり、90年代のファッショントレンドを取り入れてみたりと、2018年のファッションシーンは変化に富んでいた。「懐かしくも新しい」という…

編集フカザワ

復活、そしてコラボレーション。冬に履きたい伝説のサンダル

復活、そしてコラボレーション。冬に履きたい伝説のサンダル

スニーカー、ブーツなどと並んで、今や足元を彩る一大派閥となったサンダル。デザイン性や履き心地などで進化を続け、老舗サンダルメーカーはもちろん、多くのファッショ…

増山 直樹

即決待ったなし。2018年最後の“絶妙”スニーカー

即決待ったなし。2018年最後の“絶妙”スニーカー

年末年始は財布の中身が寂しくなりがちだ。忘年会に帰省や旅行、年明けの新年会などの交際費に加えてファッションシーンではセールのオンパレード…。読者諸兄の多くもき…

編集フカザワ

“そもそも論”を解決してくれる、大人好みのリップクリーム

“そもそも論”を解決してくれる、大人好みのリップクリーム

乾燥しがちなシーズンは、リップクリームの使用頻度が増える。幅広いラインアップから、皆さんは何を重視して選ぶだろうか? 効果・効能が気になるのは当然だが、30代…

編集フカザワ

あの有名店の空気感を、自宅にも。新たな価値を生み出すインテリアショップ

あの有名店の空気感を、自宅にも。新たな価値を生み出すインテリアショップ

Freeamericanidol読者諸兄にもファンが多いであろう人気セレクトショップ「ジャーナル スタンダード」や「エディフィス」。それらを運営するベイクルーズが去る12月15日、さまざま…

Freeamericanidol編集部

冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

デザイナーの日高久代氏とパタンナーの宮原秀晃氏という2人の手によって、2000年に始動した『サイ』。イギリスの伝統的なテーラリングを軸としつつ、現代的な要素を取り…

編集フカザワ

BACK