いざ、神戸。3周年のチャンピオン限定TシャツはFACE氏描き下ろし!

いざ、神戸。3周年のチャンピオン限定TシャツはFACE氏描き下ろし!

2019.06.13 07:00

チャンピオン(Champion)
トップス
Tシャツ

Freeamericanidol読者諸兄にはもはや説明不要であろうアメリカンスポーツウェアブランド、『チャンピオン』。1919年の設立から記念すべき100周年を迎えた今年2019年は、キャンペーン“100 Years for the Team(チームのための100年)”をスタートさせたり、「Centetnnial Collection」と名付けられたリミテッドエディションを発売したりするなど、例年以上の盛り上がりを見せている。

『チャンピオン』は現在、北は北海道から南は九州まで全国に23の直営店を展開。その街を体現するような内外装や装飾が施されたショップも、話題を集めている。古くから外国人が往来する港町として発展し、異文化漂う居留地に構える『チャンピオン 神戸店』もその1つ。店舗は神戸港を行き交う船舶のコンテナや機械室をイメージし、さらに各所に居留地の建造物に見られるタイルも使用している。

そんな神戸店がオープンより3周年を迎え、アニバーサリーアイテムとして、国内外で活躍するイラストレーター・FACE氏が描き下ろしたグラフィックTシャツを限定発売する。ボディに採用されるのはMADE IN USAの名作「T1011」だというから、いやがうえにも期待が高まる。さらに8,000円(税抜)以上買い物をすると、特製トートバッグがプレゼントされるうれしい特典も。また、発売開始となる6月15日(土)、16日(日)には、デザイン&プリントユニット「Genediction(ジェネディクション)」より前述したFACE氏の限定グラフィックをその場でトートバッグにプリントできるシルクスクリーンイベントも開催される。

一期一会の、貴重な限定アイテム。普段神戸の地とは縁遠い生活を送っている人でも、3周年の“顔”合わせに訪れてみるのもオツかもしれない。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

チャンピオン 神戸店

078-599-7481

兵庫県神戸市中央区明石町44 御幸ビルB1F

http://www.championusa.jp/

READ MORE合わせて読みたい
頼れるチャンピオンのTシャツ。人気モデルから別注、コーデまで一挙解説

頼れるチャンピオンのTシャツ。人気モデルから別注、コーデまで一挙解説

Tシャツが欠かせなくなるこれからの時期に向けて、目を付けておきたいのが永世定番の『チャンピオン』。狙いを定めたい人気モデルに別注、着こなしまで一挙紹介します。

山崎 サトシ

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

我々にとって馴染み深いチャンピオンのパーカーですが、学生の頃と同じ雰囲気で着こなすのは禁物。大人ならではのアメカジコーデを覚えておきましょう!

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    コーディネートの大きな指針となるのがその日の気温。では、25度の日はどんな服を選べば良いのか。メインとなるアイテムを提案しつつ、実例とともに着こなしを解説します!

    平 格彦

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

    近間 恭子

    クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

    クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

    一般的に“非効率”というとネガティブな印象があるかもしれない。しかしながら時として、人の手を掛け、時間をかけた“非効率”から生まれたプロダクトはただならぬ魅力に溢…

    Freeamericanidol編集部

    BACK