優雅なシャンパンゴールドを纏う、ビクトリノックスの新コレクション

優雅なシャンパンゴールドを纏う、ビクトリノックスの新コレクション

2019.05.13 06:50

ビクトリノックス(VICTORINOX)
腕時計
トラベルグッズ
スーツケース・キャリーバッグ

前代未聞の10連休。長かったゴールデンウィークももう、過ぎ去ってしまった。目いっぱい遊んだ人も、そうでない人も、以降の仕事にどうもやる気が出ない人も、次はこんな”ゴールド”に注目してみてほしい。紹介するのは、スイスブランドの『ビクトリノックス』が提案するシャンパンゴールドコレクション。タイムピース、トラベルアクセサリー、マルチツールといったブランドを代表する傑作が、エレガントでタイムレスな美しさを備えた色に衣替えしている。

例えば腕時計は、シンプルな3針モデルのアライアンスをアレンジ。ステンレススチールのシルバーカラーをベースとしながら、ダイヤル外周と針&インデックスにシャンパンゴールドをあしらった40mm径のモデルは、ビジネスシーンにおける腕元に対応。決して大袈裟にならない知的な優雅さが、あなたの仕事にツヤを、そして怠け心にハリを与えてくれる……、かもしれない。

キャリーケースはタフで機能的な「レキシコンハードサイド」コレクション、マルチツールはブランドの原点とも言える「ソルジャー CV AL」などがそれぞれスタンバイ。前者は、特許形成技術により深く埋め込まれたホイールとハンドルでパッキングスペースを最大化し、耐久性の高い100%純正ポリカーボネートを採用。オンオフ問わず、頼れる旅の相棒となるだろう。後者は、耐磨耗性を向上させるアノダイズ加工が施されたアルミニウムハンドルを装備。キャンプなどの外遊びで使うのはもちろん、ギフトとしても喜ばれそうだ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

ビクトリノックス・ジャパン株式会社

03-3796-0951

https://www.victorinox.com/jp/ja

READ MORE合わせて読みたい
そこまでするか。圧倒的タフネスで大人を魅了するビクトリノックスの腕時計

そこまでするか。圧倒的タフネスで大人を魅了するビクトリノックスの腕時計

スイスブランド『ビクトリノックス』の腕時計は他と一線を画す圧倒的タフネスが信条。なぜ同ブランドから腕時計が生まれ、どう進化してきたのかをおさらいしましょう。

増山 直樹

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    Freeamericanidol編集部

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    高防水性腕時計を厳選! アクティビティで用いたい人気モデル10

    高防水性腕時計を厳選! アクティビティで用いたい人気モデル10

    休暇を屋外で過ごすことが増える、夏。水辺のレジャーやアウトドアの相棒として最適な、高い防水性能を備えた腕時計を5万円以内で厳選した。

    小林 大甫

    巻き戻せないから。“純度の高い1秒”を、最高峰の1本で

    巻き戻せないから。“純度の高い1秒”を、最高峰の1本で

    時は金なり。年を重ねるにつれ、時間の経過が早く感じる。過ぎていった時は、当然ながら巻き戻せない。なにかと忙しい現代人にとって、時間にはお金以上の価値さえ見いだ…

    増山 直樹

    BACK