テーマは熱海。懐かしくも新しいサノバチーズの世界観

テーマは熱海。懐かしくも新しいサノバチーズの世界観

2019.02.10 06:50

サノバチーズ(SON OF THE CHEESE)
トップス
シャツ
開襟・オープンカラーシャツ

“SON OF THE CHEESE”と書いて、サンオブザチーズではなく『サノバチーズ』。2013年に山本海人氏が設立した東京ブランドで、今やその人気が全国区となっていることは周知の事実だ。5年にわたる米国留学やトレーラーハウスでの生活など、枠にとらわれないライフスタイルを歩んできた山本氏が手掛けるアイテムは、どことなくユルさを感じさせるものばかり。しかし日本製にこだわるなど作りは実に本格的で、そういったギャップが目の肥えた大人からウケている理由のひとつでもある。そんな『サノバチーズ』から2019年春夏の最新ビジュアルが到着。今シーズンもココらしい、イイ感じの脱力感が垣間見える。

春夏のテーマは“ATAMI DREAMING”。昭和レトロな趣を残す、かつて日本のハワイと謳われた街・熱海から着想を得たコレクションとなっている。60’sアメリカンやウエスタンをベースに、合成繊維を使うことでリラックスした雰囲気を描き出したアイテム群は、どれも清涼感たっぷり。セットアップだったり開襟シャツだったりと、喫茶店にたむろする若者を思わせるちょっと“やんちゃ”なワードローブも散見される。ナポリタンのハムやクリームソーダを連想させるペールトーンのカラーバリエーションもどこかクラシックなムード。そんな懐かしさに満ちあふれたコレクションだが、その空気感は現代ではかえって新鮮に映る。

さらに、今季コレクションのグラフィックはカナダ出身の世界的コミックアーティスト、ライアン・ヘシュカ氏が手掛けている。『プレイボーイ』、『エスクァイア』、『ニューヨークタイムズ』など名だたる媒体で活躍してきたヘシュカ氏による、60’sアメコミを彷彿とさせるグラフィックがレトロな雰囲気をいっそう盛り上げる。

昭和にタイムスリップしたような錯覚に陥る『サノバチーズ』の最新コレクションだが、どのアイテムも大人が日常着として活用できるよう昇華されているのはさすがの一言。気負わずさらっと着るだけで、なんだかサマになる……。その“魔法”こそがブランドの真骨頂だ。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

SON OF THE CHEESE

03-6427-1986

東京都渋谷区東1-31-19 マンション並木橋 303号/302号

READ MORE合わせて読みたい
開襟シャツが人気で便利。真似したい着こなし&注目ブランド

開襟シャツが人気で便利。真似したい着こなし&注目ブランド

形や角度など、シャツを語るうえで襟は重要なディテール。今夏トレンド最右翼に挙げられている開襟シャツの、着こなしとアイテムを紹介したい。

菊地 亮

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

誰でも簡単に完成度の高い着こなしを作れるセットアップ。その取り入れ方とカジュアルダウンのテクニックを、ファッショニスタのコーデとともにご紹介します。

Freeamericanidol編集部

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    キルティングの老舗による、脱・キルティング。パッカブルコートが春に効く

    キルティングの老舗による、脱・キルティング。パッカブルコートが春に効く

    毎年リリースされ高い人気を誇っている、『シップス』による『ラベンハム』の別注アイテム。なかでも2018年春に登場して話題をさらったのがニューモデルの「アシントン」…

    Freeamericanidol編集部

    大人の旅によく似合う、上質かつ「それ、どこの?」なスーツケース

    大人の旅によく似合う、上質かつ「それ、どこの?」なスーツケース

    気の引き締まる海外出張か、あるいはお手軽なウィークエンドトリップか……。旅の内容によって持っていくモノも過ごす服装も当然ガラッと変わるだろうが、一方で旅路を問…

    山崎 サトシ

    ダイバーシティなコラボセットアップ、着てみない?

    ダイバーシティなコラボセットアップ、着てみない?

    ビジネスシーンにおけるビッグキーワードとなって久しい、ダイバーシティ。今さら説明の必要はないかもしれないが、国籍や性別の制限をしない多様性といった意味だ。では…

    増山 直樹

    名作ウエストバッグの進化。スペックアップしたテールメイトを見よ

    名作ウエストバッグの進化。スペックアップしたテールメイトを見よ

    『グッチ』や『バレンシアガ』といったメゾンブランドからのリリースも相次ぎ、ここ数年人気が再燃しているウエストポーチ。アウトドアからタウン使いまでシーンを問わず…

    Freeamericanidol編集部

    知らない人が多いかも。ディッキーズはトラベルウェアも重宝する

    知らない人が多いかも。ディッキーズはトラベルウェアも重宝する

    世界中で愛される名作パンツ「874」を筆頭として、タフで質実剛健なワークウェアを世に送り出してきたテキサス生まれのブランド『ディッキーズ』。言わずと知れた定番ブ…

    山崎 サトシ

    もっと気軽にバブアー。別注で実現したパッカブル“ボーダー”

    もっと気軽にバブアー。別注で実現したパッカブル“ボーダー”

    Freeamericanidol読者諸兄にもファンの多い『バブアー』。おそらくワックスドジャケットに代表されるヘビーデューティなイメージを持っているかたも少なくないはず。しかしながら…

    Freeamericanidol編集部

    BACK