もっと気軽にバブアー。別注で実現したパッカブル“ボーダー”

もっと気軽にバブアー。別注で実現したパッカブル“ボーダー”

2019.02.01 15:00

バブアー(Barbour)
シップス(SHIPS)
アウター
コート

Freeamericanidol読者諸兄にもファンの多い『バブアー』。おそらくワックスドジャケットに代表されるヘビーデューティなイメージを持っているかたも少なくないはず。しかしながら昨今は、カジュアルな街着としてだけでなく、スーツなどに合わせてビジネスシーンで愛用する洒落者も多い。この汎用性の高さもまた『バブアー』が人気を集める所以なのだろう。そしてその極め付けが、今回紹介する老舗セレクトショップ『シップス』による別注コートだ。

『バブアー』の歴史を改めて振り返ると、1894年、ジョン・バブアー氏によりイングランドの北東部サウスシールズで創業。北海の不順な天候の下で働く水夫や漁師、港湾労働者のためにオイルドクロスを提供し始めたのが起源である。その後、アウトドアマンを筆頭に英国で愛され続け、王室御用達の栄誉であるロイヤルワラントを授かるなど、100年ブランドとして確固たる地位を築いている。

そんな『バブアー』のオーセンティックなアイテムをよりスタイリッシュに昇華させた『シップス』の別注モデルは、タウンユースにも取り入れやすく毎シーズン好評を博している。その最新モデルがこちらのコート。元になっているのは、『バブアー』のなかでも丈の長さが特徴的な「ボーダー」だ。レギュラーラインのアイテムをナイロン素材に変更しつつ、パッカブル仕様にアレンジすることで軽やかかつ利便性の高い仕上がりとなっている。

これからの季節に最適なスプリングコートとしてはもちろん、撥水性も兼ね備えているのでレインコートとしても使用可能。加えて、コンパクトに収納してバッグに入れておけるのもありがたい。カラバリはベージュ、ネイビー、オリーブといったスタンダードな3色展開なので、オン・オフ問わず、どんなスタイルにも合わせられるはずだ。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

シップス 銀座店

03-3564-5547

https://www.shipsltd.co.jp/

READ MORE合わせて読みたい
英国ブランドバブアーの顔、ビデイルを持っているか

英国ブランドバブアーの顔、ビデイルを持っているか

一生モノに出会う30代。人生の節目に手に入れる1着として、英国のロイヤルワラントブランド『バブアー』のビデイルを候補に入れておきたい。

編集ムタガミ

バブアーの次なる1着。コート丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

バブアーの次なる1着。コート丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

「ビデイル」を筆頭に、名作揃いの『バブアー』。その中でも今の気分を反映するなら、ロング丈の「ボーダー」か、ショート丈の「スペイ」が狙い目です!

平 格彦

英国紳士を象徴する、バブアーの定番モデルとコーデ集

英国紳士を象徴する、バブアーの定番モデルとコーデ集

色あせることのないイギリスを感じさせる『バブアー』は、毎年このシーズンになると街や店で頻繁に見かける。今回は主なモデルとともに、WEARからお手本コーデを探る。

NAKAYAMA

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    バブアーの次なる1着。コート丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

    バブアーの次なる1着。コート丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

    「ビデイル」を筆頭に、名作揃いの『バブアー』。その中でも今の気分を反映するなら、ロング丈の「ボーダー」か、ショート丈の「スペイ」が狙い目です!

    平 格彦

    BACK