冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

2018.12.23 06:50

サイ(Scye)
帽子
キャップ

デザイナーの日高久代氏とパタンナーの宮原秀晃氏という2人の手によって、2000年に始動した『サイ』。イギリスの伝統的なテーラリングを軸としつつ、現代的な要素を取り入れたアイテムを発信する同ブランドは、Freeamericanidol読者諸兄にもファンが多いはず。そして2007年にスタートした『サイベーシックス』は、その魅力を受け継いだ定番アイテムコレクション。素材やカッティング、ディテールにまでこだわり抜かれたベーシックなアイテム群は、目の肥えた大人たちに響き続けている。そしてこのたび、同ブランドから“らしい”キャップが発売された。

紹介するのは、同ブランドお馴染みのロゴが配されたコーデュロイキャップ。ベースはベーシックな6パネルのキャップながら、程良い光沢を放つ素材からはカジュアルなアイテムとは一線を画す品の良さが見て取れる。そんな上質感がウリではありながら、やはりキモとなるのは“サイ”のロゴ。バーガンディーにはグレーのロゴ、ダークネイビーにはマスタードのロゴ、サンドベージュにはカモフラージュのロゴといった、大人にも合わせやすく、かつ遊び心も加味された配色が見事だ。キャップといえばカジュアルな装いに取り入れがちの我々だが、こんな上品なキャップならばテーラードジャケットとも好相性。同素材のセットアップならば洒脱な統一感だって演出できる。

同アイテムは『サイ/サイベーシックス』唯一の直営店である「サイ マーカンタイル」にて限定発売中。ユニセックスに対応可能なバックアジャスター付きなので、大切なパートナーへの贈り物としてもうってつけだ。

DATA

サイ マーカンタイル

03-5414-3531

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-13

※定休日:毎週火・水曜日

READ MORE合わせて読みたい
本物志向の大人に刺さる。サイ&サイベーシックスの仕立ての良い服

本物志向の大人に刺さる。サイ&サイベーシックスの仕立ての良い服

圧倒的なクオリティーの高さを武器に、本物を知るオーバー30の大人から支持される『サイ』と『サイベーシックス』。人気の両ブランドを掘り下げて紹介していきます。

山崎 サトシ

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド15選

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド15選

カジュアルコーデに変化を与えてくれるキャップは今がまさにオンシーズン。大人に似合うキャップブランドと、おすすめモデルを紹介します。

Hiroshi Watanabe

大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

キャップはシーズンを問わずおしゃれに活用できる優れモノ。そこで、大人ならではのかぶり方や選び方、そしてコーデへの取り入れ方を徹底的に紹介します。

Freeamericanidol編集部

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

    ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

    上品にもカジュアルにも着こなせる、万能ボトムスの1つであるネイビーカラーのパンツ。大人の着こなしにこそおすすめしたい理由を、コーディネート術とともに伝授します。

    近間 恭子

    人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

    人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

    アメリカの老舗ワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』の人気が急騰しています。その理由を解説しつつ、定番品・人気アイテム・別注モノを一挙に紹介します!

    平 格彦

    経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

    経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

    “8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

    編集フカザワ

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    デザイン性と機能性を両立させたアイテムに定評がある『ザ・ノース・フェイス』。それはグローブもしかり。その魅力をおすすめのモデルとともにお届けします。

    近間 恭子

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

    Freeamericanidol編集部

    BACK