名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ

名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ

2018.12.14 06:50

チャンピオン(Champion)
トップス
スウェット・トレーナー

ようやく冬らしい気温になり、気になるのは真冬を戦い抜くためのアウターと、そのなかに合わせる“アウターを脱いでも安心”なインナーだ。定番を好む我々がまず選ぶべきは、やはりスウェットの王様『チャンピオン』。その名作「リバースウィーブ(R)」シリーズから、独自に開発された高機能スウェット素材「Polypropylene L.W.D.」を採用したモデルが、来る12月15日(土)に限定リリースされるというのだから見逃せない。

ポリプロピレン100%のスウェット素材であるPolypropylene L.W.D.の魅力は、ふんわりとした風合いと驚きの軽さ、そして断熱性の高い保温力だ。ポロプロピレンの特徴を生かすことで、従来の「リバースウィーブ(R)」と比べて23.5%の軽量化と1.27倍の保温性を実現。加えて水分を含まない常にドライな素材特性により、3.8倍の速乾性も兼ね備えているという。

『チャンピオン』の創業は、1919年。来年には記念すべき100周年を迎える老舗ブランドだ。今回その輝かしい歴史の解説は割愛するが、生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減し、サイドリブが横縮みの防止と動きやすさを可能にした「リバースウィーブ(R)」においても、誕生は1934年にまで遡る。以来、キング・オブ・スウェットと呼ばれる『チャンピオン』の代名詞として、80年以上にわたり世界中のファンを魅了し続けているのだ。古着好きの間では周知のとおり、リリースされた年代によって素材や縫製が異なり、風合いや伸縮率にも違いが見られる。だが、それがまた「リバースウィーブ(R)」ファン、引いては古着ファンを楽しませている要素の1つになっている。事実、ここ数年は80〜90年代のトリコタグや刺しゅうタグのMADE IN USAモデルが古着市場で人気を博しているのだ。

もちろん現在も当時のモデルが多数リリースされているが、あくまで忠実に再現した復刻モデルであり、今回の新作とは少し趣きが違う。ボディの厚みや肌触りの良い風合いはそのままに、明らかに軽くなったまさに次世代の「リバースウィーブ(R)」。発売はカットソーにフォーカスした直営店「チャンピオン スウェッツ アンド ティーズ ハラジュク」のみ。数量限定のスペシャルアイテムには、きっと玄人もうなるはずだ。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

チャンピオン スウェッツ アンド ティーズ ハラジュク

03-5468-8451

東京都渋谷区神宮前6-14-6

READ MORE合わせて読みたい
キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

スポーツMIXとして取り入れやすいアイテムが揃い、かつオンシーズンということもあって注目の『チャンピオン』。同ブランドの強みや魅力を明らかにしていこう。

菊地 亮

チャンピオンのリバースウィーブはなぜ愛され続けるか

チャンピオンのリバースウィーブはなぜ愛され続けるか

リバースウィーブといえば、『チャンピオン』の象徴的な存在。ここでは、時代や性別を超えて愛され続ける理由を探りつつ、最新作やコーデサンプルをお届けしていきます。

山崎 サトシ

大人がスウェットシャツを選ぶ条件と人気ブランド10選

大人がスウェットシャツを選ぶ条件と人気ブランド10選

快適な着心地で、ボトムスを選ばない万能選手のスウェットシャツ。大人の定番着ではありますが、今一度選び方の基本から選りすぐりのおすすめブランドをご紹介します。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK