軍か、山か? はたまたストリートか?? このMIX感が実に東京らしい

軍か、山か? はたまたストリートか?? このMIX感が実に東京らしい

2018.12.04 06:50

アシックス(ASICS)
ブーツ
トレッキングブーツ・シューズ

伝統や歴史。このような背景はファッションには不可欠であり、系譜を知ることでファッションの面白みを感じることができる。ただし“自由であること”、つまり進化もまたファッションの醍醐味だ。世界的なハイブランドもストリートの要素を組み込み、今まったく新しい価値観を打ち出している。それがまた痛快で面白いのだ。そんな感覚を、きっとこのアイテムにも感じてもらえるだろう。

紹介するのは、こちらのシューズ。仕掛けたのはご存じ東京ブランドの代表格『ノンネイティブ』。お相手は、日本を代表するスポーツライフスタイルブランド『アシックスタイガー』である。「『アシックス』とどう違うの?」という大人のためにちょっとだけお時間を。『アシックス』は、“ゲルライト”に代表されるように機能とデザインを高次元で融合し、国内外で多くの支持を集めるスポーツメーカー。その名作を、アメリカンストリートファッションの要素を取り入れつつカジュアルに仕上げたラインが『アシックスタイガー』である。

そして、今回白羽の矢が立ったのは「ゲルイエッティ」。アフタースポーツ用シューズとして開発された1足だが、より都会的な『ノンネイティブ』のデザインエッセンスを融合することでコンバットブーツのごとく仕上げられている。素材はゴアテックス(R)の基準をパスしたスウェードレザー。ソールカラーはアッパーとのマッチングを考え、細かいニュアンスにまでこだわったベージュを採用している。アイレットを増やし、「ゲルイエッティ」モデルの特徴でもあるヒール部分のドローコード仕様を排除。代わりにループを作り履き口でシューレースをぐるぐると巻いてフィット感を高めるディテールとなっている。

『アシックス』が持つ競技クオリティに、ゴアテックス(R)の機能性と『ノンネイティブ』のセンスを融合した、まったく新しい1足。歴史を重んじた「昔ながらの姿がいい」との意見もあるだろうが、これまで山専用だった“あいつ”が街でも履けるとなればどうだろう。ワクワクしてこないだろうか?

DATA

COVERCHORD

03-6452-3072(vendor)

READ MORE合わせて読みたい
山登りを楽しみたいあなたへ。実力派トレッキングシューズ総まとめ

山登りを楽しみたいあなたへ。実力派トレッキングシューズ総まとめ

山を登るために欠かせない装備の1つである登山靴。数ある種類の中でも今回はトレッキングシューズに注目した。季節を問わず、山登りが楽しめる本格的な1足を紹介していく。

大中 志摩

謎を解明。ゴアテックスの基礎知識からお手入れまで

謎を解明。ゴアテックスの基礎知識からお手入れまで

誰もが見聞きしたことがあるであろう“ゴアテックス”。機能的な魅力はもちろん、素材やお手入れ方法まで、意外と知らないゴアテックスのアレコレを幅広く紹介します。

編集フカザワ

ゲルライトが代名詞。秀作が揃うアシックスタイガーのスニーカー

ゲルライトが代名詞。秀作が揃うアシックスタイガーのスニーカー

長く続いているスニーカーブームですが、その牽引役として一翼を担うのが『アシックスタイガー』。人気のゲルライトシリーズを始め、今の気分にハマる逸品をお届けします。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード

    BACK