否応なく心くすぐる”タイムマシン的”腕時計

否応なく心くすぐる”タイムマシン的”腕時計

2018.11.19 21:00

シチズン(CITIZEN)
腕時計

どこかフューチャリスティックで、言うなればレトロポップ。緩やかにカーブを描く小ぶりなクッションケースと印象的な2トーンのダイヤルカラーがなんとも魅力的なこの腕時計。実は『シチズン』が1974年に発表した「太陽電池搭載ウォッチ」の原案をモチーフとしているのだ。1970年代といえば、機械式からクォーツへと腕時計の流れが傾いていった激動の時代。当時は残念ながら世に出ることのなかったプロトタイプが現代にようやく製品化されるという、そんな背景に心が躍る。

ビジュアル的にも今の気分を盛り上げるこの復刻モデルはファッション界からも注目され、『ビューティ&ユース』や『ジャーナル スタンダード』など名だたるショップが別注を展開。フォルムはそのままに、それぞれブラックを基調にアレンジすることでモダンな顔立ちに変化しているところが実に興味深い。

さらに見逃せないのが、当時構想された「太陽電池」を骨子に持つ、最新の「光発電エコ・ドライブ」が搭載されている点だ。太陽光のほかに蛍光灯の光など、わずかな光量で蓄電し、定期的な電池交換がいらずエコロジー。今では『シチズン』というメーカーを代表するテクノロジーの1つだ。

過去に埋もれた意匠をまとい、極めて未来的な機構を積む。そんな”タイムマシン的”な腕時計に、ロマンを抱かずにはいられない。

Text_Naoki Masuyama

DATA

シチズンお客様時計相談室

0120-78-4807

READ MORE合わせて読みたい
日本が生んだ、実用腕時計の極地。アテッサを知る

日本が生んだ、実用腕時計の極地。アテッサを知る

腕時計の素材として広く認知されているチタン。それを初めて腕時計に搭載したのはシチズンだった。同メーカーが放つチタン鍛造技術の粋、『アテッサ』を読み解く。

編集ムタガミ

男心に刺さるプロマスター。ハイスペックウォッチの魅力を読み解く

男心に刺さるプロマスター。ハイスペックウォッチの魅力を読み解く

プロフェッショナルユースウォッチとして、「信頼性」「機能性」「想像力」という価値観を提案するシチズンの『プロマスター』。その魅力を徹底解剖します。

横山 博之

コスパ良し。Q&Qの腕時計が大人の休日にハマる理由

コスパ良し。Q&Qの腕時計が大人の休日にハマる理由

今夏の休日は腕元のファッションにもこだわりを。お手ごろにハイセンスな腕時計を求めるなら、『Q&Q』がおすすめだ。大人が思わず集めたくなるラインアップを公開。

ワダ ソウシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

    夏目 文寛

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。Freeamericanidol読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックす…

    編集フカザワ

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    腕時計の購入を検討するときに、意外と悩むのが休日に腕に巻く“2本目”。仕事用にすでに確保してあるであろうフォーマル顔の“1本目”と異なり、自分なりのちょっとした…

    編集ムタガミ

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK