“マグマの海”が、アニバーサリーイヤーのトリを飾る

“マグマの海”が、アニバーサリーイヤーのトリを飾る

2018.10.24 21:00

Gショック(G-SHOCK)
腕時計

35歳を迎えて、ますます元気……、とは日本が誇るタフネスウォッチ『Gショック』の話だ。アニバーサリーイヤーの今年は特に多くのバリエーションが生まれたが、どれもがひと目でそれと分かるような独特のフォルムやアイデアを装備。圧倒的な頑丈さに加え、その高いデザイン性とネームバリューをあらためて証明したと言えよう。

そしてこの度、35周年のラストを飾る新たな『Gショック』が発表された。見るからに同ブランドらしい武骨で男らしいルックスを備えたこの3モデルのテーマは、「マグマの海」。ベースカラーのブラックに、レッド、レッドゴールド、イエローゴールドという派手でおめでたい3色を組み合わせて、地球誕生時のマグマで覆われた地表を表現したという。ただでさえゴツゴツとしたルックスに、超濃厚カラーの味付け。この突き抜けたアプローチは『Gショック』以外では成立しない。逆に言えば、それこそが強みなのだ。

メタルと樹脂を融合させた耐衝撃ボディが特徴の「MTG-B1000TF-1AJR」、3つの小型センサーで方位、気温/温度、高度を計測する「レンジマン GPR-B1000」、そして往年のファンには特に耳馴染みのあるダイバーズウォッチ「フロッグマン GWF-1000」の3型がラインアップ。なかでも「フロッグマン」は今年で誕生25周年というダブルアニバーサリーモデル。アイコンのカエルがそこかしこのディテールに潜んでおり、それらを探す楽しみも提案されている。

地球の起源を想起させ、新たな胎動を予感させる「マグマの海」をもって、35周年の大いなる宴は終了。36歳の『Gショック』にも期待しよう。

Text_Naoki Masuyama

DATA

カシオ計算機株式会社

03-5334-4869

READ MORE合わせて読みたい
Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

ストリートブーム回帰で、今また人気の高まる『Gショック』。アニバーサリーモデルや新作が続々と登場する中、改めて革新的な歴史と独自性の高さが注目を浴びています。

MASAFUMI YASUOKA

30代ビジネスマンの腕時計に、カシオのオシアナスという選択を

30代ビジネスマンの腕時計に、カシオのオシアナスという選択を

2004年の誕生以来、ビジネスマンに愛され続けているオシアナス。日本が誇る技術が詰まった腕時計と言っても過言ではない、名機の人気の秘密を解き明かそう。

編集ムタガミ

チープとは名ばかり。高見え必至のチープカシオセレクション

チープとは名ばかり。高見え必至のチープカシオセレクション

バリューで高性能、加えて豊富かつ気取らないデザインによりここ数年で一気にシェアを伸ばしたチープカシオ。そのラインアップより編集部おすすめの10本を厳選します。

Freeamericanidol編集部

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    2018年の時計界のビッグサプライズといえば、『チューダー』の日本正規展開である。長年に渡るユーザーの期待に応えるコレクション。改めて、その魅力を解き明かす。

    ワダ ソウシ

    仕事で着けたい容姿端麗なG。Gスチール推しの5モデル

    仕事で着けたい容姿端麗なG。Gスチール推しの5モデル

    『Gショック』がファッションシーンにもたらした影響は大きい。ここ最近で言えば、タフネスデザインの新たなカタチを提示したGスチール。その功績とイチ推しを紹介したい。

    菊地 亮

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    少ない予算でも大人らしい雰囲気の腕時計が欲しい。そんなニーズに応える、1万円以下の腕時計を厳選。選び方のポイントやおすすめのモデルも合わせて紹介します。

    Hiroshi Watanabe

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK