大人顔の機械式時計に潜む、とんでもない紆余曲折

大人顔の機械式時計に潜む、とんでもない紆余曲折

2018.10.20 21:00

ビクトリノックス(VICTORINOX)
腕時計
機械式

今回紹介するのは、発表されたばかりの新作腕時計だ。手掛けたのは『ビクトリノックス』。そう、ナイフのついたマルチツールでお馴染みのブランドである。腕時計のなかでもフラッグシップモデルに該当するこちらの「イノックス」シリーズは、ナイフ製造の伝統が培った鍛造技術によるタフネスが自慢。そのケースは、実に130種にも及ぶストレス耐久テストに合格して生まれた賜物だが、テスト内容がすごい。10mの高さからの落下実験に始まり、8tの荷重をかけられたり、ガソリンや殺虫剤などの化学薬品を浴びせられたり、業火にさらされたかと思いきや逆に-51度の極寒に放置されたり。聞くだけでも恐ろしい”拷問”をくぐり抜け、ようやく商品としてこの世に降り立ったのだ。

その強靭さ、我慢強さたるや、まさに尊敬に値する。しかも、今モデル「イノックス メカニカル」はタフなだけでなく、シリーズ初の機械式。信頼性の高いスイス製自動巻きムーブメント「ETA2842-2」の勇姿は、力強い輝きを放つSSケースの裏蓋から顔を出す。さらには、ルックスも至極エレガントだ。特筆すべきは、天然木を採用したストラップのデザイン。上質な革ベルトの表面にFSC(森林管理協会)認証のリンデン材を圧着し、そのうえで繊細かつ立体的な加工を施したウッドストラップは、美しく温かみのある表情とともに自然環境への配慮が見て取れる。ストラップに合わせてダイヤルにもギョーシェ装飾が施される点も見逃せない。

男子たるもの、若い頃は多少のやんちゃが元気の印。むしろちょっと尖っていたほうが、女子からの人気は高かったりもしたような。しかし、年を重ねたらそうはいかない。社会との帳尻を合わせて、時に苦労して我慢を重ね、それでも自分を見失わない。そんな紆余曲折があってこそ、世間からはちゃんとした格好いい大人とみなされる。それは、時計も同じなのかもしれない。ブランドの信念が貫かれながらも、優雅さをまとって生まれた「イノックス メカニカル」。格好良い大人にぴったりのニューモデルではなかろうか。

DATA

ビクトリノックス・ジャパン株式会社

03-3796-0951

READ MORE合わせて読みたい
30万円以下で厳選。プロがおすすめする高級腕時計15選

30万円以下で厳選。プロがおすすめする高級腕時計15選

高級時計が、なぜ”高級”なのかを理解できるのが、10万円前後から30万円以下の腕時計。このランクの時計を手にすれば、時計趣味の道へまっしぐらです。

黒野 一刻

心機一転。10万円以下の3針腕時計で新生活に備えよう

心機一転。10万円以下の3針腕時計で新生活に備えよう

4月からの新年度に向け心機一転、腕時計を新調してはいかがでしょうか? 10万円の予算でどんなシーンにも対応できる、コスパ抜群のオン・オフ兼用腕時計を紹介します。

夏目 文寛

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

高級腕時計と言えばスイス。その時計産業の成り立ちと強さの秘密に迫りながら、押さえておきたい10ブランドを解説していきます。

夏目 文寛

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

    夏目 文寛

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。Freeamericanidol読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックす…

    編集フカザワ

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    腕時計の購入を検討するときに、意外と悩むのが休日に腕に巻く“2本目”。仕事用にすでに確保してあるであろうフォーマル顔の“1本目”と異なり、自分なりのちょっとした…

    編集ムタガミ

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK