モータースポーツと腕時計の共闘関係を、コラボウォッチに見る

モータースポーツと腕時計の共闘関係を、コラボウォッチに見る

2018.10.15 21:00

カシオ(CASIO)
腕時計

時計とモータースポーツは、切っても切れない関係にある。かたや時を正確に計るために英知が結集され、かたや時を少しでも削るために心血が注がれる。そのどちらも、時間との戦いだ。一方で、先端テクノロジーの集合体という点でも時計とモータースポーツは似ている。パフォーマンスに直結する内部構造はもちろん、それを守る外装も含めて技術力が問われる。いずれにせよ、時計と車にはどこか共通するロマンがあるのだ。

そう改めて認識させてくれるのが、『エディフィス』の新作腕時計「EQS-800HR-1AJR」だ。特徴的なレッド×ホワイトのカラーリングから分かるように、こちらは「ホンダレーシング」とのコラボモデル。ケースバックやストラップの遊環にホンダロゴが堂々と刻まれた、ファンにはたまらないスペシャルエディションである。文字盤には、モータースポーツに欠かせない軽くて丈夫なカーボンファイバー素材を採用。もちろん、スプリット付きのストップウォッチも装備し、計測器としての魅力にも事欠かない。また、専用のパッケージには1968年のF1参戦から半世紀を迎えたマシン「RA301」のカードが同梱され、かつての勇姿を拝むことができる。

ちなみに『エディフィス』は2016年よりF1チーム「スクーデリア・トロ・ロッソ」をサポートし、一方の「ホンダレーシング」は同チームにパワーユニットを提供する点でも繋がりを持つ。いたるところで時計とモータースポーツの深い関係性を物語る1本。時間に情熱を傾ける両者の熱いスピリットを、ぜひ腕元で感じてもらいたい。

Text_Naoki Masuyama

DATA

カシオ計算機

03-5334-4869

READ MORE合わせて読みたい
速さに魅せられた男の世界。今欲しいスポーツウォッチ3ブランド

速さに魅せられた男の世界。今欲しいスポーツウォッチ3ブランド

モータースポーツと腕時計の歴史は古く、そこから生まれたプロユースの逸品は本物を知る大人を魅了してきた。ここに、今手に入れるべき3ブランドをピックアップしよう。

編集ムタガミ

30代ビジネスマンの腕時計に、カシオのオシアナスという選択を

30代ビジネスマンの腕時計に、カシオのオシアナスという選択を

2004年の誕生以来、ビジネスマンに愛され続けているオシアナス。日本が誇る技術が詰まった腕時計と言っても過言ではない、名機の人気の秘密を解き明かそう。

編集ムタガミ

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

ストリートブーム回帰で、今また人気の高まる『Gショック』。アニバーサリーモデルや新作が続々と登場する中、改めて革新的な歴史と独自性の高さが注目を浴びています。

MASAFUMI YASUOKA

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

    夏目 文寛

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。Freeamericanidol読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックす…

    編集フカザワ

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    腕時計の購入を検討するときに、意外と悩むのが休日に腕に巻く“2本目”。仕事用にすでに確保してあるであろうフォーマル顔の“1本目”と異なり、自分なりのちょっとした…

    編集ムタガミ

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK