内面はアクティブ、外見はスマート。いいとこ取りの腕時計

内面はアクティブ、外見はスマート。いいとこ取りの腕時計

2018.10.13 21:00

セイコー(SEIKO)
腕時計

だいぶ過ごしやすい気温になってきた。長引いた猛暑とおさらばできて清々しいのと同時に、夏の終わりを強く感じてちょっと寂しい季節でもある。この夏は、どんな思い出を作っただろう。海へ、山へと遊び倒したFreeamericanidol読者も少なくないはずだ。

いずれにせよ、夏の思い出に浸ってばかりはいられない。来るファッションの秋に向けて新たな装いを楽しむなら、こんな時計を腕に巻いてみてはいかがだろう。精かんな顔つきのデジタルウォッチは、『セイコー プロスペックス』の「フィールドマスター」を、クリエイティブ・コンサルティングファーム『LOWERCASE』代表の梶原由景氏が監修したもの。49.5o径と大ぶりサイズながらスタイリッシュなデザインはタウンユースにもうってつけで、ワントーンゆえ合わせる服を選ばない。レギュラーカラーの黒、白のほか、『ナノ・ユニバース』エクスクルーシブのネイビー、『ビューティ&ユース』エクスクルーシブのグレーとオールブラックが用意されることも、ファッションとの親和性の高さを物語っている。

ただし、文句なしにしゃれていながらも、見た目だけがウリじゃないところがこの時計のキモだ。耐衝撃性能を高める独自の外胴プロテクター構造を採用し、20気圧防水を装備。また、時計正面の風防を叩くとELライトが点灯。電池交換いらずのソーラーデジタルキャリバーで、世界44都市の時刻と現在時刻を同時に表示できるデュアルタイム機能まで備える。本格派の機能を誇り、アウトドアフィールドを得意とする『プロスペックス』の矜持は、無論しっかりと息づいている。

アクティブな内面を、スマートな外見で覆った腕時計。夏が終わってモードを切り替えたいファッションフリークはもちろん、寒くなったって遊んでやるぞ、というアクティブ派にもやっぱりおすすめしたいのだ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

セイコーウオッチ(株)お客様相談室

0120-061-012

READ MORE合わせて読みたい
誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色あせない

誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色あせない

『セイコー』を象徴するスタイルのひとつに、“ツナ缶”がある。1975年誕生の傑作ダイバーズが採用したこの特異なデザインは、時代を経ても色あせず、新鮮味に満ちている。

ワダ ソウシ

機能に一切の妥協なし。プロスペックスの人気モデルを完全網羅

機能に一切の妥協なし。プロスペックスの人気モデルを完全網羅

『セイコー』が世界に誇るリアルスポーツウォッチ、プロスペックス。“陸・海・空・走”の各プロフェッショナルが、その機能と設計を賞賛する数少ない本格派である。

ワダ ソウシ

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計について知れば知るほど、その奥深さがわかるのがセイコーというメーカー。ここではそんな“国産時計の雄”の歴史とおすすめをたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

    夏目 文寛

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。Freeamericanidol読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックす…

    編集フカザワ

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    腕時計の購入を検討するときに、意外と悩むのが休日に腕に巻く“2本目”。仕事用にすでに確保してあるであろうフォーマル顔の“1本目”と異なり、自分なりのちょっとした…

    編集ムタガミ

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK