身近なスペースに置くだけで、センスを見せられるクロックがある

身近なスペースに置くだけで、センスを見せられるクロックがある

2018.10.05 21:00

アルネ ヤコブセン(ARNE JACOBSEN)
雑貨
目覚まし時計

北欧デザインの巨匠、アルネ・ヤコブセン氏が手がけた建築やプロダクトのデザインを現代に蘇らせた同名の『アルネ・ヤコブセン』。読者諸兄にあたってはファッションウォッチとして耳馴染みのあるブランドとなっていることだろう。やはりその魅力は、1950年代から続く北欧モダンのメインストリームを感じられる上に、流行に左右されない普遍性により長く愛用できる点にある。すでに同ブランドを手に取ったことがあれば、オンでもオフでもセンスフルな腕元を演出できる優位性はご存じのはずだ。

今シーズンも限定ウォッチを発表するなど、引き続きデザインウォッチ界において話題の中心にいる『アルネ・ヤコブセン』だが、今回レコメンドするのは「テーブルクロック」だ。腕時計から知った人にとっては初耳かもしれないが、実はヤコブセン氏が実際に手がけた初めてのプロダクトデザインがテーブルクロックなのである。そして70年以上の時を経て、現代の北欧を代表するデザインブランド『ローゼンダール』社により復刻されたことはインテリアやプロダクトデザイン界では大きな話題となった。今回発表された新作は限定カラーとして2013年から展開されている5代目で、“アイスブルー×シルバー”を採用。リミテッドとしては初となる名作「LK」をベースモデルとしたことで、モダンとレトロという相反するイメージを巧みに持ち合わせることに成功した。

ベッドサイドやダイニング、はたまたオフィスのデスクなどシーンやスタイルを選ばずに置くだけでセンスアップしてくれるテーブルクロック。意外と“こんなの欲しかったな”というかゆい所に手が届くプロダクトなのではないだろうか。

■DETAIL
W11×H12×D6cm

Text_Daisuke Kobayashi

DATA

アイ・ネクストジーイー

03-5496-4317

10月上旬からオンラインサイトで事前予約受付開始。

READ MORE合わせて読みたい
機能美の追求がもたらした美しさ。ベーリングの腕時計が今、おしゃれ

機能美の追求がもたらした美しさ。ベーリングの腕時計が今、おしゃれ

北欧デザインに魅了される大人は今も昔も後を絶たない。それはインテリアだけにとどまらず腕時計の世界でも同様だ。そして今、ひそかに注目されている北欧ブランドがある。

菊地 亮

素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

北欧特有のミニマリズムを体現する『トリワ』の腕時計。実用性とファッション性を兼ね備える同ブランドのラインアップの中でも、人気のモデルを厳選した。

大中 志摩

アルネ・ヤコブセンの家具なら部屋も即こなれる

アルネ・ヤコブセンの家具なら部屋も即こなれる

北欧家具は今でも不動の人気だが、アルネ・ヤコブセンの作品はまた別格。機能性を重視した中で生み出された、無駄のない逸品が部屋に一点あるだけで印象も変わる。

菊地 亮

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ハミルトンの名機10選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

    ハミルトンの名機10選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

    アメリカ経済の発展期に創業した『ハミルトン』は、鉄道時計や軍用時計の開発で信頼性を高めた。現在はスイスを拠点に、高コスパかつ高品質な腕時計を手がけている。

    ワダ ソウシ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

    須賀 哲

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    Freeamericanidol編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK