100年ブランドの系譜。世界に1つのシンプソン ロンドンを手に入れる

100年ブランドの系譜。世界に1つのシンプソン ロンドンを手に入れる

2018.09.28 21:00

バッグ

イギリス生まれの老舗ブランドと聞いて、何を思い出すだろうか。同国は『グローバーオール』に『クロケット&ジョーンズ』、『ホワイトハウスコックス』ときて『アクアスキュータム』と、ここ日本でも評価の高いブランドを多く擁する地。アウターから靴までそのジャンルはさまざまで、革靴や革小物に関してはその質実剛健な作りからとくに人気が高い。また、それらのブランドの多くが100年以上の歴史を有しているというのだから驚かされる。

英国最高峰のバッグメーカーとして名を馳せた、『タナー・クロール』もそんな100年ブランドの1つ。1860年に創業して以降王室御用達のビスポークも手掛けてきた、由緒正しいファクトリーだ。1990年代に同社の技術と伝統に惚れ込んだシャネルグループの傘下になった後は、ビスポーク部門の職人がのれん分けして分離。1997年に『タナー・クロール』創業者一族にあたるロバート・シンプソン氏の旗振りで、シンプソン・ロンドン社としてリスタートを図ることになる。その際、誕生したのが社名と同名の『シンプソン・ロンドン』。同社自体は20年と少しの新鋭にあたるが、製品の品質を左右する職人の手仕事は150年以上の歴史に裏打ちされている稀有なブランドだ。

英国のタナリーによる最高品質の革をビスポークで培った技術で縫い上げる同ブランドのアイテムはどれも、“最高級”という言葉が似あう顔立ちだ。タナリーに関しては1900年創業のこちらも100年以上続く名門を使用。伝統的なブライドルレザーのみならず、クロコダイルやオーストリッチなどのエキゾチックレザー、革の宝石と称されるコードバンまで幅広い皮革を高い技術力で仕上げており、『シンプソン・ロンドン』製品の類まれな品質に一役買っている。

歴史・技術・素材と物欲くすぐる3要素が揃っているとなれば、実際に愛でてみたくなるのが男心というものだが、そんな欲求を叶えてくれる10月9日(火)までの2週間限りのポップアップショップが、日本橋の高島屋で開催されることになった。9月29日(土)から翌日30日(日)の2日間にかけては、13時から18時の間で本国より職人が来訪しハンドステッチを披露するとともにパターンオーダー会も披露してくれるというのだから太っ腹だ。オーダー会では定番の「グラッドストーンバッグ」(450,000〜500,000円)だけでなく、ジュエリーケース(20,000〜80,000円)、そして密かに人気の高い同社のボードゲーム(450,000円)も注文することができる。

知る人ぞ知る、ツウ好みの隠れた老舗のフルラインアップが一堂に会するこのチャンス。この秋冬は『シンプソン・ロンドン』を知っておいて損はない。

DATA

日本橋高島屋 シンプソン ロンドン ポップアップストア

03-3211-4111

東京都中央区日本橋2丁目4-1日本橋高島屋6階 紳士鞄 売り場

横浜高島屋でも、9月26日(水)〜10月2日(火)の期間で同時開催中。

READ MORE合わせて読みたい
英国の雰囲気ただよう本格派。ブライドルレザーの財布10選

英国の雰囲気ただよう本格派。ブライドルレザーの財布10選

丈夫でエイジングが楽しめると人気のブライドルレザーの財布。どのブランドが人気で、どうお手入れすればいいのか…その魅力を今一度おさらいしてみませんか?

近間 恭子

トートバッグのおすすめブランド30選。定番から旬モノまで揃えました

トートバッグのおすすめブランド30選。定番から旬モノまで揃えました

タフさと大容量が嬉しいトートバッグ。新たに買い足すならどこを見て選ぶべきかを解説しつつ、カジュアルときれいめの着こなし別におすすめをお届けします。

Freeamericanidol編集部

オンもオフも頼りたい。レザートートバッグのおすすめをピックアップ

オンもオフも頼りたい。レザートートバッグのおすすめをピックアップ

上質な雰囲気のレザートートバッグなら、ビジネスにも普段使いにも対応可能。オン・オフ使い回しができるレザートートバッグの選び方や着こなし方をお届けする。

大中 志摩

    KEYWORD関連キーワード

    BACK