アウトドア×ミリタリー。華麗なる融合を果たした魅惑のコラボ

アウトドア×ミリタリー。華麗なる融合を果たした魅惑のコラボ

2018.09.11 21:00

ナイジェルケーボン(Nigel Cabourn)
アウター
コート

長らくメンズファッションシーンを席巻しているアウトドアMIXスタイル。機能性に優れるアウトドアアイテムは日常生活との親和性が高いこともあって人気が根強く、もはや単なる流行の枠を超えて定番スタイルとして市民権を獲得した感もある。だがその反面、鮮度の低い無難なアイテムでは周りに埋もれてしまうことだって考えられる。

スペックだけではなく、見た目もちゃんと気が利いたアウトドアアイテムを……となれば、頼るべき筆頭候補は個性の冴え渡るコラボモノ。注目したのは、『ピークパフォーマンス』×『ナイジェル・ケーボン』のスペシャルなジョイントワークだ。スキーにルーツを持つスウェーデン発アウトドアブランドと、ヴィンテージミリタリーを敬愛する老舗英国ブランドによるコレクションは今季で2シーズン目。昨年発表されたファーストコレクションは、30年以上の歴史を持つ『ピークパフォーマンス』の史上初コラボレーションとして大きな話題となった。より成熟された今シーズンは、究極の機能美を追求しつつタウンユース向けのアイテムを前回以上に拡充している。

そしてこのコラボライン最大の魅力と言えるのが、アウトドアとミリタリー、2つのファクターの絶妙なクロスオーバーだ。フリース素材でアレンジされたミリタリーシャツや英国空軍のために開発されたベンタイルクロスを採用したアウトドアダウンなど、両者の持ち味を最高のバランスで共存させたプロダクトは、今やシーンの定番となりつつあるアウトドアMIXスタイルに鮮度をもたらしてくれるカギとなるはずだ。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

アウターリミッツ

03-5413-6957

http://www.cabourn.jp

READ MORE合わせて読みたい
アスリートから支持されるピークパフォーマンスをタウンユースでも

アスリートから支持されるピークパフォーマンスをタウンユースでも

厳しいフィールドシーンに対応する本格機能と、洗練された北欧デザインを兼備する『ピークパフォーマンス』。その歴史と街使いできるアイテムを紹介します。

山崎 サトシ

キャンプギアだけじゃない。スノーピークのウェアや小物がおしゃれで機能的

キャンプギアだけじゃない。スノーピークのウェアや小物がおしゃれで機能的

人気が続くアウトドアブランド『スノーピーク』。実用性にすぐれたアイデア豊かなギアが代名詞ですが、おしゃれなアパレルも充実しています。

桐田 政隆

都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

海を感じさせるアウトドアブランドとして独自の地位を築いている『ヘリーハンセン』。機能性だけでなく、北欧由来のデザインも大きな魅力です。

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    “街山兼用”がありふれた今だから。押さえておきたい真打ち登場

    “街山兼用”がありふれた今だから。押さえておきたい真打ち登場

    街でもアクティブフィールドでも使える。手垢がついた表現かもしれないが、そんなアイテムが人気だ。機能性も快適性も高く、シュッとして見えて、モノやブランドの背景に…

    増山 直樹

    BACK