懐かしさ、憧れ、新しさ。世代で異なる感覚を味わえる限定ショップ

懐かしさ、憧れ、新しさ。世代で異なる感覚を味わえる限定ショップ

2018.09.04 21:00

トップス
Tシャツ

昨今のメンズファッションのキーワードである、80年代や90年代のリバイバル。スポーツやアウトドアアイテムをファッションとして落とし込み、そのビビッドな配色や機能的な素材、そしてアクティブなデザインをアクセントとするスタイルは当時の流行の1つだった。現代のファッションシーンではアスレジャーとも呼ばれ、幅広い世代から支持をされている。リバイバルの大きな要因は、40歳前後ならこれらのトレンドがファッションを思い切り楽しんだ時期の象徴であり、30歳前後ならば先輩や有名人の着用に抱いた強いあこがれの的であり、そしてノームコアやモードに慣れ親しんだ20歳前後にとっては触れたことのない斬新さを感じるという、世代ごとに異なるプラスの感情を与える点にあるのだろう。

90年代について話を戻そう。映画「私をスキーに連れてって」を発端に大流行した空前のスキーブーム。イタリアで誕生したスキー&テニスウェアの雄『エレッセ』は、そのニーズに呼応するように日本でも一気にその名を広げた。そして同ブランドから近年派生したストリートカジュアルコレクション『エレッセ ヘリテージ』は、昭和後期〜平成初期の胸高まる時代性を味わえるデザインやカラーリングを再現しつつ現代的な機能美を絶妙に融合し、今話題を集める存在となっている。まさにリバイバルの名に相応しい懐かしさ・憧れ・新しさという世代違いの魅力を持ち合わせているブランドなのだ。

オンラインを中心に展開されているということもあって、第1弾の期間限定店は2018年春に10日間だけ展開されていたのだが、このたび5ヶ月間かつ商品数が前回の約2倍となって、満を持して第2弾の限定店がオープンした。今回のポップアップショップ『エレッセ ヘリテージ トーキョー』は2019年1月31日(木)までで、当時を懐古する世代だけでなく若い層までをキャッチアップするため若者の聖地・ラフォーレ原宿を拠点としている。また、オープン記念として80年代の『エレッセ』のグラフィックを基にデザインを起こしたプリントTシャツも販売中。懐かしさ・憧れ・新しさ、これらの魅力は足を運んで直に感じてみてほしい。

Text_Daisuke Kobayashi

DATA

エレッセ ヘリテージ トーキョー

03-6447-2850

東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2F

2018年8月31日(金)〜2019年1月31日(木)の期間限定店舗

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ときに大人っぽく、ときにカジュアルに。ユナイテッドアローズが提案する春の肖像

    ときに大人っぽく、ときにカジュアルに。ユナイテッドアローズが提案する春の肖像

    国内外の人気ブランドを揃えながら、トレンドを反映させたオリジナルレーベルを展開し、カジュアルからドレスまでを取り扱う。そんな懐の深さが魅力の、セレクトショップ…

    Freeamericanidol編集部

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    大人が選ぶ財布は、伝統的なブランドや大人気のメゾンブランドがほとんど。周囲と差をつけたいなら、選択肢に『コムデギャルソン』を加えてみては?

    平 格彦

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK