腕にまとうアート。時計ブランドの急先鋒が見せる北欧デザインの粋

腕にまとうアート。時計ブランドの急先鋒が見せる北欧デザインの粋

2018.09.05 21:00

腕時計

北欧デザインの要素とは何か、と問われてさっと答えられるだろうか。雑貨にしろ、インテリアにしろ、普段何気なく取り入れて知ったつもりになっている“北欧〇〇”の数々。腕時計においても“北欧時計”は1つの人気ジャンルとして確固たるポジションを獲得している。だが、その定義は意外と難しい。

長く、そして厳しい環境下におかれるヨーロッパ北部の冬。北欧デザインのルーツの1つに、寒々しい室内でも暖かく過ごしたいという願いがある。それは機能性であったり、周囲にある美しい森や湖をイメージさせるナチュラルな素材感であったり、暗い室内を明るく見せるための配色などに表れている。ミニマリズムの1点のみにおいて語られることが多い北欧デザインだが、実はこれらの要素が複雑に組み合わさることで、我々の知る洗練された空気感を表現している。

今回紹介する『トリワ』は、ミニマルであること、シンプルであることに偏って形式化してしまった北欧時計業界に2007年、一石を投じたブランドだ。シンプルなルックスのなかにも北欧デザインの持つコンテンポラリーな側面を取り入れ、カラーや素材といった切り口から実にオリジナリティあふれるプロダクトを発表し続けている。ときに地産の真ちゅう素材を取り入れてみたり、ケースの下半分にべっ甲柄を取り入れてみたりと、そのラインアップは見ていて実に飽きない。

この秋リリースされたのは、とくに北欧デザインの“色”にフォーカスしたもの。アースカラーやトーナルカラーを基調とするカラーパレットを最大限に生かし、12色のバーインデックスで表現した。それぞれ白文字盤のものを「クレヨン」、黒文字盤のものを「ビビット」と名付け、「クリンガ」と「スヴァラン」という男女の人気モデルに落とし込んでいる。フェイスのカラー以外大きな違いはないにもかかわらず、まったく異なる印象を与えてくれるのだから面白い。

もちろん、ディテールにもぬかりはない。ベゼルはポリッシュ加工で輝きを出し、ケース側面とラグはヘアライン仕上げで高級感をアップするなど、パーツによる磨き分けに見られる高級時計さながらの作りこみには頭が下がる。ムーブメントも安心の日本製を採用しているので、日常使いの腕時計としての機能性も申し分ない。

ちなみに、おすすめしたいのはペアでの購入。同モデルの色違いで揃えるも良し、同色のモデル違いで揃えるも良しと、店頭で相談しながら選ぶ楽しさを提供してくれるはずだ。

■DETAIL
「クリンガ」ケース径38o、8.0o厚、5気圧防水。
「スヴァラン」ケース径34o、8.0o厚、5気圧防水。

DATA

アイ・ネクストジーイー

03-5496-4317

9月7日(金)よりトリワショップ、ノルディックフィーリング各店、ノルディックフィーリングオンラインストア、一部販売店にて展開予定。

READ MORE合わせて読みたい
素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

北欧特有のミニマリズムを体現する『トリワ』の腕時計。実用性とファッション性を兼ね備える同ブランドのラインアップの中でも、人気のモデルを厳選した。

大中 志摩

機能美の追求がもたらした美しさ。ベーリングの腕時計が今、おしゃれ

機能美の追求がもたらした美しさ。ベーリングの腕時計が今、おしゃれ

北欧デザインに魅了される大人は今も昔も後を絶たない。それはインテリアだけにとどまらず腕時計の世界でも同様だ。そして今、ひそかに注目されている北欧ブランドがある。

菊地 亮

腕にまとうアート。時計ブランドの急先鋒が見せる北欧デザインの粋

腕にまとうアート。時計ブランドの急先鋒が見せる北欧デザインの粋

北欧デザインの要素とは何か、と問われてさっと答えられるだろうか。雑貨にしろ、インテリアにしろ、普段何気なく取り入れて知ったつもりになっている“北欧〇〇”の数々…

編集ムタガミ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

    夏目 文寛

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。Freeamericanidol読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックす…

    編集フカザワ

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK