スニーカーを革靴に履き替えるがごとく。定番時計の秋冬素材を手に入れる

スニーカーを革靴に履き替えるがごとく。定番時計の秋冬素材を手に入れる

2018.09.01 21:00

モンディーン(MONDAINE)
腕時計

今年の夏も終わりが近い。我々を苦しめた異様な熱気も収束を見せて涼やかな風が吹くようになると、日々の生活のなかにも自然と“秋らしいモノ”が増えてくる。毛足の長いラグを新調したり、クッションやカーテンを厚手でほっこりとした色みのモノに買い替えてみたり。読書の秋とは言うが、お気に入りの文庫本にレザーのカバーなんかをかけてみたりするかもしれない。ファッションにおいても、スエードのブルゾンやモックネックのニットを買い足したくもなるだろう。キャンバスのスニーカーやサンダルを履いていた足元もまた、温かみのある革靴が恋しく思えてくるころではないだろうか。

腕時計に関しても同様だ。汗染みや劣化のデメリットから敬遠していたレザーストラップモデルの購入を、改めて検討するシーズンがやってきた。各ブランドこぞってリリースを続けるなか、スイス国鉄のオフィシャルウォッチとしても親しまれている名門『モンディーン』からも味のあるレザーストラップが目を引くシーズンコレクションが発表される。

2017年に登場した新定番モデル「エヴォ2」をベースに、トーナルカラーのレザーストラップを取り入れた今コレクション。通常モデルではシルバーのメッシュやブラックのスムースレザーストラップを採用しておりスタイリッシュな印象が強いが、今作では「エヴォ」と比べてやや丸みの強い「エヴォ2」の形状がシボ革のウォーミーさとも絶妙にマッチしている。ブランドの代名詞とも言える赤い秒針はそのままに、インデックスやブランド表記もシルバーで統一するなど随所にアップデートを図っている点も見逃せない。従来モデルより主張を抑えた分、よりシックな着こなしにもマッチするため、秋からのビジネスシーンやキレカジスタイルに取り入れるのも良いだろう。

そのブランド背景からついつい定番にばかり目が行きがちな『モンディーン』。だからこそ、少しひねりを加えたモデルに手を出すのも一興だ。せっかく装いを見直すチャンスである衣替えの時期、着こなしに困っているのならまずは腕元から雰囲気を変えてみてはいかがだろう。新しい腕時計が、新しい自分を見つけてくれるかもしれない。

■DETAIL:
ケース径40o、3気圧防水、サファイアクリスタルガラス。

DATA

モンディーン(DKSHジャパン)

03-5441-4515

2018年10月発売予定

READ MORE合わせて読みたい
唯一無二のルックス。MoMAも認めたスイス時計モンディーン

唯一無二のルックス。MoMAも認めたスイス時計モンディーン

高い視認性を約束するスイス国鉄公式時計がモチーフの『モンディーン』。時計好きなら誰もが知るマスターピースの1つですが、その魅力を改めてチェックしてみましょう。

Freeamericanidol編集部

センスが光る、MoMAのセレクトした腕時計に注目しよう

センスが光る、MoMAのセレクトした腕時計に注目しよう

MoMA=The Museum of Modern Artは、高感度なプロダクトを販売するストア。そこでセレクトされた腕時計は見た目に美しく、デザイン的に優れモノが揃います。

黒野 一刻

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

老舗が放つ威厳に満ちた腕時計は、大人垂涎の代物。だが、いかんせん簡単に手にできるものでもないだろう。そこでおすすめしたいのが、北欧デザインを落とし込んだ1本だ。

菊地 亮

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

    夏目 文寛

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。Freeamericanidol読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックす…

    編集フカザワ

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    腕時計の購入を検討するときに、意外と悩むのが休日に腕に巻く“2本目”。仕事用にすでに確保してあるであろうフォーマル顔の“1本目”と異なり、自分なりのちょっとした…

    編集ムタガミ

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK