あの名作をもう一度。タンタンの世界を腕時計で再現

あの名作をもう一度。タンタンの世界を腕時計で再現

2018.08.25 06:00

腕時計

このイラスト、見たことある! と思ったあなたはおそらく、絵本に囲まれて育った30代〜40代の方だろう。「タンタンの冒険(旧:タンタンの冒険旅行)」は、ベルギーのバンド・デシネ(日本でいうところの漫画)作家であるエルジェ氏による作品。正義感の強いベルギー人の少年ルポライター、タンタンが相棒スノーウィとともにさまざまな事件に巻き込まれていく冒険活劇だ。ぴりっと政治的風刺が効いたストーリーは、大人になってしまった今でも別の角度から作品を楽しませてくれる。エルジェ氏は晩年、モダンアートに傾倒していたということもあり、芸術的側面も強い。

今回、ベルギーのウォッチブランドにより腕時計の上にデザインされた「タンタンの冒険」の世界。取り上げたのはシリーズのなかでも人気の高い2作品だ。「タンタン ソビエトへ」を、目の覚めるようなスカイブルーのケースで。一転、びしっと引き締まったブラックと赤で「月世界探検」を表現している。それぞれシンプルなシリコンケースモデルとキャンバスストラップのダイバーズモデルを用意しており、サイズもユニセックスで展開。とくに「月世界探検」のロケットが飛び立つシーンなどは地球が秒針代わりに回るなどのギミックも効いており、デザイン大国として名を馳せるベルギーらしい遊び心が垣間見える。作中に登場するハドック船長、刑事のデュポンとデュボン、そしてわれらがタンタンとスノーウィといったキャラクターモチーフのモデルも要チェックだ。

そんなコレクター魂をくすぐるコラボウォッチを、1本あたり税別1万1,000円〜1万3,000円で購入できるというのだから頭が下がる。幼いころに熱中し、今なお愛され続けているタンタンの世界。大人になった現在、思い出とノスタルジーを手に入れるのに、この金額ならためらいも躊躇も必要ないだろう。

DATA

アイスウォッチ原宿店

03-6804-6932

東京都渋谷区神宮前4-26-5 1F

アイスウォッチ心斎橋店

06-6251-1033

大阪府大阪市中央区西心斎橋1-6-35

READ MORE合わせて読みたい
ペア着けも叶う。アイスウォッチをファッション感覚で楽しむ

ペア着けも叶う。アイスウォッチをファッション感覚で楽しむ

ユニークな素材使いとカラバリで、腕元から気持ちを盛り上げてくれる『アイスウォッチ』。手頃にデザインウォッチを楽しめる、珠玉のラインアップをご紹介します。

八木 悠太

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

老舗が放つ威厳に満ちた腕時計は、大人垂涎の代物。だが、いかんせん簡単に手にできるものでもないだろう。そこでおすすめしたいのが、北欧デザインを落とし込んだ1本だ。

菊地 亮

シンプルデザインの極み。ブラウンの腕時計が大人に似合う

シンプルデザインの極み。ブラウンの腕時計が大人に似合う

『ブラウン』というとシェーバーのイメージが先に立ちますが、実は腕時計も取り扱っているんです。ミッドセンチュリーモダンの流れを汲むデザインと機能の妙に迫ります。

黒野 一刻

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

    馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

    ブランド名を初めて聞いたという人でも、光を受けて華やかに輝くすり鉢状の文字盤には見覚えがあるかもしれない。ブランドの名前は『KLASSE14(クラスフォーティーン)』…

    編集ムタガミ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

    須賀 哲

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    世界が認めるフレンチウォッチで春夏の腕元を飾りたい

    世界が認めるフレンチウォッチで春夏の腕元を飾りたい

    軽いアウターですら出番のなくなってくるシーズンには、身軽な装いをアップデートできるセンスの良いアクセサリーが欲しくなる。ブレスレット、ネックレス、リングも大い…

    増山 直樹

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK