ジーンズ 5ページ目

デニムと相性抜群。30代が着たい日本のメンズ服5選

デニムと相性抜群。30代が着たい日本のメンズ服5選

確かな技術力を持つ国産ブランド。今回はそのなかでも30代男性の休日着に欠かせない、デニムと相性抜群のアイテムを展開する日本の人気ブランドを厳選してお届けします。

Freeamericanidol編集部

2016年春夏。今季のデニムトレンドを分析してみた

2016年春夏。今季のデニムトレンドを分析してみた

もはやデイリーウェアとしてなくてはならない存在となったデニム。この春夏も引き続きデニムから目が離せません! 日進月歩のデニム、この春夏のトレンドはいかに!?

まつお ありさ

デニム大全 -ジーンズ選びから色落ち、歴史まで網羅-

デニム大全 -ジーンズ選びから色落ち、歴史まで網羅-

男の永遠のアイコン、ジーンズ。ブームも手伝って数多のデニムが存在しますが、Freeamericanidolでは今一度広い視野で大人がはきたい国内外ブランド、タイプを見直してみました。

Freeamericanidol編集部

国産ブランド、オアスロウが展開するデニムの魅力とは

国産ブランド、オアスロウが展開するデニムの魅力とは

ローテクな手法でつくられる『オアスロウ』のデニムは、ファストファションにはない人の温もりを感じさせてくれる。今回は、そんな『オアスロウ』のデニムを紹介します。

大中 志摩

デニム復権の春。薄色デニムでコーデを刷新しよう

デニム復権の春。薄色デニムでコーデを刷新しよう

明るい色味のデニムが人気沸騰の予感。ハードな洗い加工を施し、インディゴブルーを淡いトーンに仕上げたアイテムが新鮮です。旬な薄色デニムの逸品と着こなし法を伝授!

平 格彦

そうだったのか! デニムの裾幅は16cm前後が最旬

そうだったのか! デニムの裾幅は16cm前後が最旬

スタイリッシュで大人っぽい春の装いには、スマートなデニムが最適です。裾幅はずばり、16cm程度が目安! 無造作にロールアップしても、シャープにまとまります。

平 格彦

ジーンズは断然国産!日本発のデニムブランド徹底紹介

ジーンズは断然国産!日本発のデニムブランド徹底紹介

空前のデニムブームで、改めて国産デニムをピックアップ。ジーンズといえば海外製が主流の印象ですが、世界最高水準のデニムの技術を持っている岡山産に注目してみました。

Freeamericanidol編集部

毎日着たい。ファクトタムのデニムとウェアに注目

毎日着たい。ファクトタムのデニムとウェアに注目

今季も継続して人気を集めるデニム。春に向け新しいデニムを探しているなら日本発のファクトタムは必見。ほかのアイテムも大人にハマる上質なモノがそろう。

大中 志摩

シルエットがきれいで色落ちが期待できるデニム10選

シルエットがきれいで色落ちが期待できるデニム10選

体のラインになじむシルエットやはくほどに色落ちしていく様子を楽しむのもデニムの魅力。今回ははきやすいだけじゃない、大人にふさわしいデニムを10本お届けします。

まつお ありさ

岡山県産デニムがすごい!世界に認められる品質の理由

岡山県産デニムがすごい!世界に認められる品質の理由

世界から注目される一大産地として知られる岡山県。しかし、何が理由で高い支持を得ているのか知らない人も多いはず。そんな岡山県産デニムの魅力を解説する。

宮嶋 将良

毎日デニム派必見!今ほしいこだわりのジーンズ10選

毎日デニム派必見!今ほしいこだわりのジーンズ10選

誰もが日常的に愛用しているジーンズだからこそ、徹底的にこだわった一本をはきこなすべき。どんな点にこだわるべきか、どんなアイテムを選ぶべきか、一気に解説します。

平 格彦

スポーツブランドのデニムなら、シーンを問わずはける

スポーツブランドのデニムなら、シーンを問わずはける

アウトドア系を含むスポーツブランドは、優れた機能性が特徴。デニムパンツは、タフな耐久性や独自の風合いが特徴。その魅力を併せ持つアイテムなら、幅広く着回せます!

平 格彦

スウェット&デニムを大人コーデに昇華するテク

スウェット&デニムを大人コーデに昇華するテク

スウェット&デニムは、相性抜群の鉄板コンビ。しかし、あわせ方を間違えると野暮ったくなってしまったり、子供っぽくなることも。大人らしく着こなせる秘訣を検証・解明!

まつお ありさ

アメリカが凝縮された注目デニムブランド、テラソン

アメリカが凝縮された注目デニムブランド、テラソン

デニム人気が最高潮だった春夏でしたが、その勢いはまだまだ続きそう。そんな中でもインディゴデニムがカッコいいブランド、『テラソン』をフォーカスします。

AI

モデル別! A.P.C.のデニム、人気シルエットまとめ

モデル別! A.P.C.のデニム、人気シルエットまとめ

旬や季節に関わらず活躍するデニム。多くのブランドが展開していますが、特に支持を集めるのが、A.P.C.のデニム。ここでは、タイプ別に特徴と種類を紹介します。

編集イトウ

チェスターコートはデニムと合わせてカジュアルに装う

チェスターコートはデニムと合わせてカジュアルに装う

ドレッシーな印象のチェスターコートはデニムアイテムと合わせてカジュアルに装うのが旬。ここでは、アイテム別にデニムを取り入れた着こなしを紹介していく。

大中 志摩

旬度もUP!失敗しない大人の指名買いブランド服7選

旬度もUP!失敗しない大人の指名買いブランド服7選

餅は餅屋といいますが、それは洋服でも同じこと。今回はファンが多く、人気・実力を備えていて、このブランドならそのアイテムが買いと指名できるモノだけを厳選しました。

Freeamericanidol編集部

シュッとしながらラフにもはけるグレージーンズがいい

シュッとしながらラフにもはけるグレージーンズがいい

デニムといえばインディゴブルーが常道。ただ、気軽にはけて、適度にスマートさも見せられる1本があれば、大いに助かるはず。そこで最適な解がこのグレーデニムだ。

菊地 亮

1本でコーデがあか抜ける、薄色デニムが今季は狙い目

1本でコーデがあか抜ける、薄色デニムが今季は狙い目

肌寒い季節になると、どうしてもコーデが暗い印象になりがち。今年ぜひ持っておきたい淡色系デニムは、それ1本で冬のメンズコーデをブラッシュアップしてくれます。

藤井 怜子

脱・普通! 街に映える”リメイク服”でエコに差別化

脱・普通! 街に映える”リメイク服”でエコに差別化

いつもコーデが似た感じになってしまう…。そんな悩みを持つ人に推奨したいのが主張度大なリメイクアイテム。スタイルに取り入れれば即、洒脱な装いが完成します!

山崎 サトシ

注目のパッチワークデニムで、コーデの鮮度UPを狙おう

注目のパッチワークデニムで、コーデの鮮度UPを狙おう

秋冬も流行のデニム。特にユーズド加工タイプのデニムが人気ですが、ファッショニスタはシンプルなメンズコーデの鮮度UPを狙える、パッチワークデニムに注目しています。

編集イトウ

“セレオリ”のスリムジーンズを集めて分析してみた!

“セレオリ”のスリムジーンズを集めて分析してみた!

Freeamericanidol内でも特集され、秋冬も継続して注目を集めるデニム。今回はセレクトショップがオリジナルで展開するブランドのスリムジーンズを集めて、特長を分析してみた。

大中 志摩

10年はける保証付き! 桃太郎ジーンズを徹底解説

10年はける保証付き! 桃太郎ジーンズを徹底解説

家電ではお馴染みの“10年保証”ですが、それをジーンズに付けるのは稀。国産デニムを用いて、職人の手により丁寧に作られた『桃太郎ジーンズ』を今回はご紹介します。

菊地 亮

イマ狙うべきジーンズがわかる! 買いたいのはこの4種

イマ狙うべきジーンズがわかる! 買いたいのはこの4種

暑い夏の時期はもちろん、これからの時期も活躍してくれるジーンズ。狙うべきブルー、ブラック、ホワイトデニムと、秋口まで活躍する旬のショーツの選び方をお届けします。

Freeamericanidol編集部

人気再燃のブラックデニム、狙い目は“変化球系”!

人気再燃のブラックデニム、狙い目は“変化球系”!

今季はブラックデニムの人気が復権。疑う余地なしの一大トレンドとして君臨している中、選択すべきモデルとは? 答えはズバリ、ひねりを効かせた変化球モデルです。

山崎 サトシ

五感に響く!デニムが得意な日本ブランド、カトー

五感に響く!デニムが得意な日本ブランド、カトー

形、生地、 縫製、洗い、すべての要素が重り、着込むほどに持ち主と同化し変化する。そんなジーンズの本質を追究する『カトー』のモノ作りの秘密に迫る。

菊地 亮

シュガーケーンなら良質な日本ジーンズ・デニムが揃う

シュガーケーンなら良質な日本ジーンズ・デニムが揃う

ジーンズは米国抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちはこれまで示してきた。そんな世界から称賛される日本のジーンズブランドを紹介。

菊地 亮

日本デニムを世界に広めた立役者、エヴィス ジーンズ

日本デニムを世界に広めた立役者、エヴィス ジーンズ

今シーズン高い人気を見せるデニム。この機会に、世界規模で最高品質と称される『エヴィス』ジーンズのデニムに注目してみてはいかだろう。魅力と共に定番モデルを紹介。

大中 志摩

職人気質なステュディオ・ダ・ルチザンのジーンズ

職人気質なステュディオ・ダ・ルチザンのジーンズ

“職人工房”の真髄が詰まった歴史的名品の数々を生み出している『ステュディオ・ダ・ルチザン』。30年以上変わらぬ意志とこだわりを見せる日本のジーンズブランドを紹介。

菊地 亮

国産デニムの聖地を冠した、児島ジーンズとは!?

国産デニムの聖地を冠した、児島ジーンズとは!?

岡山県児島の遺伝子を受け継ぎ、今に伝える『児島ジーンズ』。国内生産にこだわり、古き良き時代のヴィンテージを高品質で提供するこのブランドに今回は迫る。

菊地 亮

BACK