小林 大甫

アパレル業界から出版社編集を経て、エディター&ライターとして独立。紙・WEBを問わず男性ファッションを中心に執筆中。読者に寄り添えるファッション提案がモットー。

4つのシーンから選ぶ、スントの人気モデル15

4つのシーンから選ぶ、スントの人気モデル15

質実剛健なアウトドアウォッチとして名高い『スント』。その道のプロフェッショナルも愛用するスペックに、世の男性は魅了される。そのおすすめラインアップを公開。

小林 大甫

高防水性腕時計を厳選! アクティビティで用いたい人気モデル10

高防水性腕時計を厳選! アクティビティで用いたい人気モデル10

休暇を屋外で過ごすことが増える、夏。水辺のレジャーやアウトドアの相棒として最適な、高い防水性能を備えた腕時計を5万円以内で厳選した。

小林 大甫

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

その歴史は160年以上。古き良き米国精神が詰まった『タイメックス』は、なぜこんなにも男たちを魅了するのか。顔立ちやコスパの高さだけではない味わい深さを堪能しよう。

小林 大甫

ブレスレットで気品とアクセントを。注目ブランド完全ガイド

ブレスレットで気品とアクセントを。注目ブランド完全ガイド

春夏スタイルは薄着のため、どうしても腕元が寂しくなりがち。男にも似合うブレスレットを選んで、味気ない着こなしは避けるのが賢明だ。

小林 大甫

アメリカ腕時計業界が生んだ実力派。ブローバの魅力を読み解く

アメリカ腕時計業界が生んだ実力派。ブローバの魅力を読み解く

革新的技術により時計史に残る“初”を生み出し、140年以上もの歴史を誇るアメリカ発の『ブローバ』。世界的となった3つの代表モデルを軸に、その実力をご覧いただこう。

小林 大甫

ベースボールキャップは大人に似合う! おしゃれなかぶり方とおすすめ10選

ベースボールキャップは大人に似合う! おしゃれなかぶり方とおすすめ10選

人気再燃中のベースボールキャップ。とはいえ、“やんちゃ”な雰囲気から避けてきたという方もいるでしょう。そんな方のための選び方&コーデ術をご紹介します。

小林 大甫

ダニエルウェリントンが人気の理由と主力ラインアップ

ダニエルウェリントンが人気の理由と主力ラインアップ

『ダニエルウェリントン』はスウェーデンで誕生したヴィンテージ風シンプルウォッチを展開する腕時計ブランド。トラッドな雰囲気を醸す人気ブランドを深く解説します。

小林 大甫

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

米国製のこだわりが生む肉厚な1枚。グッドウェアのTシャツ

米国製のこだわりが生む肉厚な1枚。グッドウェアのTシャツ

これからの時期、Tシャツを1枚で着るならば薄い生地感では頼りなく感じることも。そんなFreeamericanidol読者諸兄には、タフなボディを誇る『グッドウェア』を推奨しよう。

小林 大甫

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

軽快な足元を演出し、着こなしを格上げしてくれると注目度の高いタッセルローファー。カジュアルだけでなくビジネスシーンにも取り入れられるそれは1足あると重宝する。

小林 大甫

サイズ、カラー、柄。ワイシャツの基本を総ざらい

サイズ、カラー、柄。ワイシャツの基本を総ざらい

大人として覚えておきたいワイシャツの選び方と、厳選したおすすめのアイテムをお届け。さらに、この季節気になる襟の黄ばみを落とす洗濯方法も、合わせて紹介していく。

小林 大甫

価格は控えめでも妥協なし。グリーンレーベル リラクシングのスーツは大人の味方

価格は控えめでも妥協なし。グリーンレーベル リラクシングのスーツは大人の味方

勝負着であるスーツは、きちんとしたモノを選びたい。とはいえ、毎度一張羅では懐事情には厳しいもの。そんな悩みを解決してくれるショップオリジナルのスーツがある。

小林 大甫

リーバイスのジーンズ総特集! 定番も新顔も人気モデルの魅力を解説

リーバイスのジーンズ総特集! 定番も新顔も人気モデルの魅力を解説

ジーンズの起源である『リーバイス』。鉄板ブランドの歴史や、長く愛される理由、そして定番と新定番モデルなど、多角的に同ブランドについて解説する。

小林 大甫

その匿名性がおしゃれ。リプロダクションオブファウンドのスニーカーに注目

その匿名性がおしゃれ。リプロダクションオブファウンドのスニーカーに注目

軍用シューズを忠実に再現する『リプロダクション オブ ファウンド』。ブランドの立ち上げから間もなく、多くのセレクトショップが取り扱うほど注目度が高まっています。

小林 大甫

世紀を超えて愛される名品に、ほんの少しの“遊び心”を

世紀を超えて愛される名品に、ほんの少しの“遊び心”を

歴史において1つの時代の区切りでもある、100年。現代から遡ること100年前の日本といえば、限られた情報源のなか手探りで西洋化に邁進し、第一次世界大戦や米騒動が起こ…

小林 大甫

男の手元には、良質な腕時計と美味い酒があれば良い

男の手元には、良質な腕時計と美味い酒があれば良い

美味い酒と、うんちくのある腕時計――そのどちらもダンディズムの象徴であり、静かに嗜むことのできる大人の趣味だ。男の格好良さとは“体の先端”への気遣いとも言われ…

小林 大甫

2人の絆を象徴するペアウォッチを、今年は夜空の下で

2人の絆を象徴するペアウォッチを、今年は夜空の下で

肌寒くなってきた今日この頃。季節の移ろいは早いもので冬が足早に近づいてきている。澄み渡った空気を五感で感じながら眺める冬の美しい夜空は、男のロマンチシズムを刺…

小林 大甫

当時を知る世代だからこそ特別な、イエローブーツの限定品

当時を知る世代だからこそ特別な、イエローブーツの限定品

1990年代初頭。部屋に鎮座していた大型ラジカセのラジオから流れてきたのは、重低音の効いたビートに流れるような話し言葉の乗った耳慣れない音楽――。日本におけるヒッ…

小林 大甫

軽量・耐久・耐水。アクティブな日常に寄り添う新シリーズ

軽量・耐久・耐水。アクティブな日常に寄り添う新シリーズ

趣味とファッションとのリンク、すなわちライフスタイルに格好やアイテムの選定は昨今のアラサー、アラフォー世代にとって欠かせない条件となってきている。とくに余暇を…

小林 大甫

良い年齢の重ね方は、特別なキャラウォッチとともに

良い年齢の重ね方は、特別なキャラウォッチとともに

大人になってからというもの、より一層“キャラもの”に惹きつけられるようになった。とくに「ミッキーマウス」は、初めて彼に出会ったときの自分との年齢差を感じつつ、今…

小林 大甫

大定番の米国バッグブランドを心ゆくまで堪能できる新店舗

大定番の米国バッグブランドを心ゆくまで堪能できる新店舗

広島東洋カープ、スヌーピー、麻布テーラー。何のつながりもないように思われるこれらの共通点は、実はアメリカ発祥のバッグブランド『アウトドアプロダクツ』のコラボパ…

小林 大甫

身近なスペースに置くだけで、センスを見せられるクロックがある

身近なスペースに置くだけで、センスを見せられるクロックがある

北欧デザインの巨匠、アルネ・ヤコブセン氏が手がけた建築やプロダクトのデザインを現代に蘇らせた同名の『アルネ・ヤコブセン』。読者諸兄にあたってはファッションウォ…

小林 大甫

襟はなくても品がある。ノーカラージャケットがレイヤードに大活躍

襟はなくても品がある。ノーカラージャケットがレイヤードに大活躍

秋冬シーズンの楽しみと言えば、レイヤード。アウターにインナーにと、上手く重ね着を楽しむことができる“ノーカラージャケット”は押さえておきたい一品だ。

小林 大甫

日常に少しの茶目っ気とワイルドさを。話題のコラボ、第3弾

日常に少しの茶目っ気とワイルドさを。話題のコラボ、第3弾

いやらしくない、小さじ少々の茶目っ気がある男は面白いし、モテる。二枚目俳優にも関わらず、サラッとそれらを表現してしまう彼らに我々は憧れてしまうが、現実的にはな…

小林 大甫

日本のハイレベルな技術力を腕元で堪能できる最新腕時計

日本のハイレベルな技術力を腕元で堪能できる最新腕時計

腕時計において、歴史あるスイスやドイツと肩を並べるほど国際的な評価が高い日本。なかでも、光発電システム「エコ・ドライブ」を筆頭に他には真似のできない圧倒的な技…

小林 大甫

高機能なだけじゃない。日本のスキーウェアブランドが今季のアウター候補に急浮上

高機能なだけじゃない。日本のスキーウェアブランドが今季のアウター候補に急浮上

1952年に日本で誕生したスキーウェアブランド『フェニックス』。国内で初めてヒマラヤの超高所にも耐えうるダウンウェアを開発したり、世界最高峰のノルウェーアルペンチ…

小林 大甫

経年変化を粋に楽しむ。30代が持ちたいファイブ ウッズの革バッグ

経年変化を粋に楽しむ。30代が持ちたいファイブ ウッズの革バッグ

男として成熟していくにつれ、“革を嗜む”ことにどんどん魅了されていく。ならば、ジャパンメイドにこだわりを持つ絶品革鞄ブランドは知っておいて損はないはずだ。

小林 大甫

提供:HAYASHIGO

定番×新鋭ブランドによるアウトプットが、ストリートの“今”を表現

定番×新鋭ブランドによるアウトプットが、ストリートの“今”を表現

外気温が一気に下がると同時に本格的に秋冬物が展開されはじめ、今シーズンも各ブランド&ショップから多くのコラボアイテムが発表されている。そのなかでもこと花形とさ…

小林 大甫

未知の領域への挑戦と本格仕様のダイバーズは男のロマン

未知の領域への挑戦と本格仕様のダイバーズは男のロマン

いくつになっても男性が追い求めてしまうものの1つに、“海”の存在がある。海と聞くと青春や恋愛、あるいは大自然の脅威といったものまでさまざまなイメージを思い浮か…

小林 大甫

80年代のランシューを復刻。その着想元はカメラのフラッシュ!?

80年代のランシューを復刻。その着想元はカメラのフラッシュ!?

『プーマ』といえば、Freeamericanidol世代にとっては青春をともにしたといっても過言ではないスニーカーブランドの1つだろう。代表作でありビースティ・ボーイズも履いていた「ス…

小林 大甫

BACK