小林 大甫

アパレル業界から出版社編集を経て、エディター&ライターとして独立。紙・WEBを問わず男性ファッションを中心に執筆中。読者に寄り添えるファッション提案がモットー。

大定番の米国バッグブランドを心ゆくまで堪能できる新店舗

大定番の米国バッグブランドを心ゆくまで堪能できる新店舗

広島東洋カープ、スヌーピー、麻布テーラー。何のつながりもないように思われるこれらの共通点は、実はアメリカ発祥のバッグブランド『アウトドアプロダクツ』のコラボパ…

小林 大甫

身近なスペースに置くだけで、センスを見せられるクロックがある

身近なスペースに置くだけで、センスを見せられるクロックがある

北欧デザインの巨匠、アルネ・ヤコブセン氏が手がけた建築やプロダクトのデザインを現代に蘇らせた同名の『アルネ・ヤコブセン』。読者諸兄にあたってはファッションウォ…

小林 大甫

襟はなくても品がある。レイヤードに大活躍のノーカラージャケット

襟はなくても品がある。レイヤードに大活躍のノーカラージャケット

秋冬シーズンの楽しみと言えば、レイヤード。アウターにインナーにと、上手く重ね着を楽しむことができる“ノーカラージャケット”は押さえておきたい一品だ。

小林 大甫

日常に少しの茶目っ気とワイルドさを。話題のコラボ、第3弾

日常に少しの茶目っ気とワイルドさを。話題のコラボ、第3弾

いやらしくない、小さじ少々の茶目っ気がある男は面白いし、モテる。二枚目俳優にも関わらず、サラッとそれらを表現してしまう彼らに我々は憧れてしまうが、現実的にはな…

小林 大甫

日本のハイレベルな技術力を腕元で堪能できる最新腕時計

日本のハイレベルな技術力を腕元で堪能できる最新腕時計

腕時計において、歴史あるスイスやドイツと肩を並べるほど国際的な評価が高い日本。なかでも、光発電システム「エコ・ドライブ」を筆頭に他には真似のできない圧倒的な技…

小林 大甫

高機能なだけじゃない。日本のスキーウェアブランドが今季のアウター候補に急浮上

高機能なだけじゃない。日本のスキーウェアブランドが今季のアウター候補に急浮上

1952年に日本で誕生したスキーウェアブランド『フェニックス』。国内で初めてヒマラヤの超高所にも耐えうるダウンウェアを開発したり、世界最高峰のノルウェーアルペンチ…

小林 大甫

経年変化を粋に楽しむ。30代が持ちたいファイブ ウッズの革バッグ

経年変化を粋に楽しむ。30代が持ちたいファイブ ウッズの革バッグ

男として成熟していくにつれ、“革を嗜む”ことにどんどん魅了されていく。ならば、ジャパンメイドにこだわりを持つ絶品革鞄ブランドは知っておいて損はないはずだ。

小林 大甫

提供:HAYASHIGO

定番×新鋭ブランドによるアウトプットが、ストリートの“今”を表現

定番×新鋭ブランドによるアウトプットが、ストリートの“今”を表現

外気温が一気に下がると同時に本格的に秋冬物が展開されはじめ、今シーズンも各ブランド&ショップから多くのコラボアイテムが発表されている。そのなかでもこと花形とさ…

小林 大甫

未知の領域への挑戦と本格仕様のダイバーズは男のロマン

未知の領域への挑戦と本格仕様のダイバーズは男のロマン

いくつになっても男性が追い求めてしまうものの1つに、“海”の存在がある。海と聞くと青春や恋愛、あるいは大自然の脅威といったものまでさまざまなイメージを思い浮か…

小林 大甫

80年代のランシューを復刻。その着想元はカメラのフラッシュ!?

80年代のランシューを復刻。その着想元はカメラのフラッシュ!?

『プーマ』といえば、Freeamericanidol世代にとっては青春をともにしたといっても過言ではないスニーカーブランドの1つだろう。代表作でありビースティ・ボーイズも履いていた「ス…

小林 大甫

人気ブランド同士による初コラボ。そのキーワードは、“青”

人気ブランド同士による初コラボ。そのキーワードは、“青”

2016年代官山に路面店をオープンした『メゾン キツネ』と、約40年間同地に店を構えている『ハリウッド ランチ マーケット』から誕生したブランド『ブルーブルー』。もは…

小林 大甫

巨匠の名を冠した“プロダクト”という言葉が似合う腕時計

巨匠の名を冠した“プロダクト”という言葉が似合う腕時計

衣食住、そして趣味に至るまで我々の生活を彩ってくれる北欧デザインの数々。人々を魅了するデザインの特徴として、シンプルでナチュラル、生活を邪魔することなくセンス…

小林 大甫

そのルック、自由すぎ。老舗ブランドが提案するリアルクローズの形

そのルック、自由すぎ。老舗ブランドが提案するリアルクローズの形

長く愛され続けるブランド、定番という名を冠するアイテム、それらは得てしてシンプルであることが多い。なぜならシンプルであると言うことは、時代や流行によって左右さ…

小林 大甫

F1レーシングの息吹と先進技術の融合が男心を惹きつける

F1レーシングの息吹と先進技術の融合が男心を惹きつける

数ある腕時計のジャンルのなかでも、ことレーシングシーンに根差したスポーツウォッチはいつの時代も“男の物欲”を刺激してやまない。男性が腕時計を買うにあたっては、…

小林 大甫

“あの頃”のカルバン・クライン ジーンズが、進化を遂げ現代に蘇る

“あの頃”のカルバン・クライン ジーンズが、進化を遂げ現代に蘇る

世界的なブランドであればあるほど、先を見通す感性を研ぎ澄ませて他にはない斬新さをアプローチし続けなければならない。とはいえ、ファッションにおける斬新さとは、ガ…

小林 大甫

“欲しかった”アイテムが“買える”時代に。ポロの復刻が今、アツい

“欲しかった”アイテムが“買える”時代に。ポロの復刻が今、アツい

いくら懐が寂しくともファッションを楽しみたい欲求を抱えた学生時代を過ごした人であれば、確実に1着は持っていたブランド、『ポロ ラルフローレン』。アイコニックなポ…

小林 大甫

懐かしさ、憧れ、新しさ。世代で異なる感覚を味わえる限定ショップ

懐かしさ、憧れ、新しさ。世代で異なる感覚を味わえる限定ショップ

昨今のメンズファッションのキーワードである、80年代や90年代のリバイバル。スポーツやアウトドアアイテムをファッションとして落とし込み、そのビビッドな配色や機能的…

小林 大甫

その空白を埋めるのは自分。冒険し続けるブランドのユニークなアウトプット

その空白を埋めるのは自分。冒険し続けるブランドのユニークなアウトプット

「和を以て貴しとなす」。協調性を重んじる日本人の“らしさ”は言語にも表れていて、会話のなかで遠回しあるいは曖昧に気持ちを伝えることもしばしばある。グローバルな…

小林 大甫

スニーカーだけじゃない! “ダッド感”を味わえる魅惑の別注フリースとは?

スニーカーだけじゃない! “ダッド感”を味わえる魅惑の別注フリースとは?

“おじさんっぽさ”がむしろ新鮮で魅力的。そんな意味を込めてレトロなスポーツシューズが“ダッドスニーカー”として今年話題となっているのは読者諸兄であれば周知の事…

小林 大甫

本革仕様の大人顔。それでいてコスパ良好なゾナールの財布

本革仕様の大人顔。それでいてコスパ良好なゾナールの財布

良質な革小物を持つことは大人の嗜みのひとつ。“良い革=高い”が常道であるなか、高品質なレザーアイテムを良コスパで展開する『ゾナール』は注目必至のブランドだ。

小林 大甫

提供:HAYASHIGO

アンダー5万円で探す高防水性腕時計10選

アンダー5万円で探す高防水性腕時計10選

屋外でのアクティビティが増える、夏。水辺のレジャーやアウトドアのお供として最適な、防水性能を備えた腕時計を5万円以内で厳選した。

小林 大甫

“でしか”に翻弄される大人も悪くない。店舗限定のフットウェア

“でしか”に翻弄される大人も悪くない。店舗限定のフットウェア

先日、友人と話していて「“でしか”は魅力的なワード」という話になった。“でしか”という聞き慣れない言葉に頭をひねっていると、“ここでしか”とか“この期間でしか…

小林 大甫

気持ちの“曇り”を晴らしてくれる新鋭ブランドとビームスのコラボコレクション

気持ちの“曇り”を晴らしてくれる新鋭ブランドとビームスのコラボコレクション

記録的な猛暑やゲリラ豪雨、今まで辿ったことのないコースを行く台風……、平成最後の夏は“おいおい、どうしちゃったの日本”と言いたくもなる天候が続く。せっかくの休…

小林 大甫

ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

『ナイキ』が誇るエアマックスを、より進化させたエア ヴェイパーマックス。同ブランドらしい最新テクノロジーを掘り下げつつ、今購入できるラインアップに迫る。

小林 大甫

最適解で軽快に。出張で用いたいトラベルバッグ

最適解で軽快に。出張で用いたいトラベルバッグ

スーツやPC、資料など荷物が多くなる出張には、収納力がありつつもフットワークの軽さを損なわないモノが良い。条件を網羅するトラベルバッグをレコメンドしたい。

小林 大甫

提供:HAYASHIGO

ホカ オネオネのシューズにランナーも洒落者もこぞって注目!

ホカ オネオネのシューズにランナーも洒落者もこぞって注目!

定番がひしめき合うスニーカー業界に風穴を開けるが如く参入してきた『ホカ オネオネ』。世の洒落者たちがこぞって手を出すランシューの新鋭、知っておいて損はない。

小林 大甫

フランスの国民服。ケーウェイが雨の日をおしゃれに彩る

フランスの国民服。ケーウェイが雨の日をおしゃれに彩る

本国フランスでは「折り畳み傘、持った?」という感覚で持ち歩くレインウェアブランド『ケーウェイ』。彩り豊かなバリエーションもあり、日本でも注目度が上昇している。

小林 大甫

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

その歴史は160年以上。古き良き米国精神が詰まった『タイメックス』はなぜこんなにも男たちを魅了するのか。ルックスやコスパの高さだけではない味わい深さを堪能しよう。

小林 大甫

タウンユースにもレジャーにも。夏に似合う“小さめバッグ”が今欲しい

タウンユースにもレジャーにも。夏に似合う“小さめバッグ”が今欲しい

軽快な夏の装いには、バッグも同様にミニマムへと移行したくなるもの。今年はそんな“小さめバッグ”が豊作。街使いからレジャーまで頼れる逸品をレコメンドしよう。

小林 大甫

提供:HAYASHIGO

有名ブランドも別注で探す。個性を打ち出す14枚のコラボTEE

有名ブランドも別注で探す。個性を打ち出す14枚のコラボTEE

蒸し暑い日本の夏。休日などは肩ひじ張らず、Tシャツ1枚で出歩きたいもの。シンプルな無地Tが気分だが、少し周囲と差をつけるなら王道ブランドの別注という選択を。

小林 大甫

BACK