編集ムタガミ

男性ファッション誌編集として7年間勤務。腕時計と革靴の収集に情熱を注ぐ散財系エディター。革の匂いに囲まれるのが好きで、週末にコレクションを磨き上げるのが息抜き。

ヴィンテージバンズファン歓喜。UK発世界基準の名店が神南坂JS内に期間限定オープン

ヴィンテージバンズファン歓喜。UK発世界基準の名店が神南坂JS内に期間限定オープン

掘れば掘るほど奥が深いのが、ヴィンテージの世界。ことスニーカーにおいては、時代によって異なる細かな仕様違い、その時々の限定モデル、珍品・名品、時に迷品などその…

編集ムタガミ

銀座の地で見つけた、ラグジュアリースポーツウォッチの新世代

銀座の地で見つけた、ラグジュアリースポーツウォッチの新世代

銀座4丁目の交差点を、京橋方面へ30秒。8月2日(金)にオープンと相成った「セイコー プロスペックスブティック」は、セイコーウオッチが2018年12月20日に作り上げた銀座…

編集ムタガミ

度入り派に朗報。レイバン純正レンズが、ついに日本全国で入手可能に

度入り派に朗報。レイバン純正レンズが、ついに日本全国で入手可能に

『レイバン』といえばサングラス、サングラスといえば『レイバン』。そう言い切って過言ではないほどに、同ブランドがアイウェアの歴史上で残した功績は大きい。特に前身…

編集ムタガミ

スペックに惹かれる男心。ダイバーズウォッチの選び方と人気モデル

スペックに惹かれる男心。ダイバーズウォッチの選び方と人気モデル

機能美にあふれ力強く、背景のあるダイバーズウォッチ。いつの世も、スペックにこだわる男を虜にしてきた。数ある名作の中から、我々が選ぶべきモデルを解説しよう。

編集ムタガミ

時にポップに、時に艶やかに。この夏は色モノ・コモノで冒険する

時にポップに、時に艶やかに。この夏は色モノ・コモノで冒険する

ワードローブを無難なカラーでまとめている人でも、夏が近づくと色モノへの欲がふつふつと湧いてエくる。それはマルチカラーのアロハシャツという形で大胆に発露すること…

編集ムタガミ

必要な機能を凝縮。トロッターウオッチが男の新たな“定番”になる

必要な機能を凝縮。トロッターウオッチが男の新たな“定番”になる

時計業界に数ある、“定番”と呼ばれる名作たち。2019年、時代に即した新しい“定番”のあり方が『マッキントッシュ フィロソフィー』のウォッチラインより提案された。

編集ムタガミ

提供:セイコーウオッチ株式会社

本格派の佇まいを賢く手に入れる。こだわる男のためのアイウェア

本格派の佇まいを賢く手に入れる。こだわる男のためのアイウェア

大人なら、身の回りのモノにもこだわりを持ちたい。今回『ジンズ』が提案したアイウェアは、背伸びをせずにそんな希望を叶えてくれる理想の逸品だ。

編集ムタガミ

提供:JINS

ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

編集ムタガミ

馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

ブランド名を初めて聞いたという人でも、光を受けて華やかに輝くすり鉢状の文字盤には見覚えがあるかもしれない。ブランドの名前は『KLASSE14(クラスフォーティーン)』…

編集ムタガミ

伊達男、御用達。オロビアンコのおしゃれな腕時計15選

伊達男、御用達。オロビアンコのおしゃれな腕時計15選

『オロビアンコ』といえば、厳選された素材と洗練されたデザインのバッグ。ですが、ブランドのエッセンスを存分に落とし込んだ腕時計も色出のできばえなんです。

編集ムタガミ

トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

一部気の早い好事家の間で、長らく続いていた薄軽ウォッチブームの反動が来ている。昨今腕時計ブランドからリリースされる新作を眺めていても、あえてケースに厚みを出し…

編集ムタガミ

開襟シャツが人気で便利。真似したい着こなし&注目ブランド

開襟シャツが人気で便利。真似したい着こなし&注目ブランド

ここ数年、夏トレンドの最右翼に挙げられている開襟シャツ。抜け感の強いアイテムだけに、どう着こなせば良いのか、その答えをおすすめアイテムと共に探っていこう。

編集ムタガミ

履く喜びを教えてくれる、日本人のための国産革靴ブランドがある

履く喜びを教えてくれる、日本人のための国産革靴ブランドがある

良質なブランドは数あれど、真に日本人の足を満足させる革靴は実はとても貴重だ。大人の審美眼を満たしつつ足を通すことが楽しくなる。そんなブランドが、浅草にあった。

編集ムタガミ

提供:株式会社コンパス

オープンカラーシャツは長袖を選べば春からだって楽しめる

オープンカラーシャツは長袖を選べば春からだって楽しめる

リラックス感を押し出しつつ、きっちりも着られるオープンカラーシャツ。夏は軽快に半袖が鉄板だが、長袖のそれを選べば、異なる雰囲気で楽しむことができる。

編集ムタガミ

“バッグのプロ”が表現した、機能美。ビジネスリュックの1つの答え

“バッグのプロ”が表現した、機能美。ビジネスリュックの1つの答え

より合理的に、機能的にと変化を続けるビズシーン。スーツにリュックを合わせるのも、もはや珍しくない。だが、本当に選ぶべきビジネスリュックとはどんなモノだろう?

編集ムタガミ

提供:アンバイ株式会社

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

腕時計の購入を検討するときに、意外と悩むのが休日に腕に巻く“2本目”。仕事用にすでに確保してあるであろうフォーマル顔の“1本目”と異なり、自分なりのちょっとした…

編集ムタガミ

スイスの老舗から、“限定”に弱い我々へ。新生活にうれしい腕時計が到着

スイスの老舗から、“限定”に弱い我々へ。新生活にうれしい腕時計が到着

多少なりとも腕時計に興味を持つ人であれば、スイスメイドの、しかも機械式ムーブメントを搭載した本格派ウォッチに憧れるのは当然だ。だがファッションウォッチとは異な…

編集ムタガミ

新生活に自分への投資。高コスパな革靴・腕時計・文房具が気分をアゲる

新生活に自分への投資。高コスパな革靴・腕時計・文房具が気分をアゲる

いくら楽しい仕事でも、ときにマンネリを感じるもの。新年度はそういった気分を切り替えるのにちょうど良いタイミングだ。手始めに、小物を新調してみるのはいかがだろう。

編集ムタガミ

インディゴブルーが足元に呼び込む、ひと足早い春の陽気

インディゴブルーが足元に呼び込む、ひと足早い春の陽気

季節をイメージさせる素材で仕立てられたモノは、身に着けることでその時候の気分を盛り上げてくれる。肉厚なスエードジャケットを羽織れば自然と秋冬に似合うこっくりと…

編集ムタガミ

モノグラムバッグの新作も! MCMのポップアップストアで垣間見る、老舗ブランドの新機軸

モノグラムバッグの新作も! MCMのポップアップストアで垣間見る、老舗ブランドの新機軸

“Modern Creation Munchen”。こう書かれると何のことかと思ってしまうだろうが、これらの頭文字を取って『MCM』と書けば、あのバッグブランドね、と気付いてもらえるこ…

編集ムタガミ

独創性に満ちたジースターロゥのジーンズ。その魅力を徹底紹介!

独創性に満ちたジースターロゥのジーンズ。その魅力を徹底紹介!

ヨーロピアンジーンズブランドのなかでも、その技術力で一目置かれている『ジースターロゥ』。それまでの概念を覆した、クリエイティビティに満ちたアイテムをご紹介。

編集ムタガミ

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着

20代の頃のようには、無茶な踏ん張りが効かなくなってくる30代。仕事に家庭にと追われ、ちょっと疲れたな……、という日の朝につい手が伸びてしまうスウェットシャツがあ…

編集ムタガミ

完成された機能美に、東京ストリートの“今”を

完成された機能美に、東京ストリートの“今”を

「イザール」と聞いてピンとこない人でも、『コートエシエル』の“あのリュック”と言われれば、Freeamericanidol読者諸兄なら10人が10人その姿を思い浮かべられるはず。アシンメ…

編集ムタガミ

本質を知る大人の街で、久留米の技が生んだ特別なスニーカーに出会う

本質を知る大人の街で、久留米の技が生んだ特別なスニーカーに出会う

子供のころに初めて履いた上履きが『ムーンスター』だったという人は、実は少なくない……、という書き出しにもすっかり手垢がついてしまった。MADE IN KURUMEだからこそ…

編集ムタガミ

汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

『パラブーツ』の定番として知られる「シャンボード」。質実剛健なデザインや、革靴ながらスニーカー以上に疲れないとも形容される履き心地の1足を徹底的に分析しよう。

編集ムタガミ

定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

老舗ブーツメーカーとして世界的に名を馳せる『レッド・ウィング』。誰もが通るブランドだからこそ、その着こなし方で差を付けるべきだ。人気の5モデルにフォーカス。

編集ムタガミ

格式とモダンな感性が同居する、純白のミリタリーアウター

格式とモダンな感性が同居する、純白のミリタリーアウター

『バズリクソンズ』と聞くと、思い浮かべるのが武骨で硬派な本格派フライトジャケットの数々。1993年に誕生して以来、当時のミルスペックに基づき、糸の紡績から各種パー…

編集ムタガミ

一年の始まりは、日本製スニーカーで気持ちを引き締める

一年の始まりは、日本製スニーカーで気持ちを引き締める

2019年1月1日。平成最後の年のスタートに、なんともぜいたくなスニーカーが発売されるとの情報が舞い込んできた。ブランドは海外でも高い人気を誇る『アシックスタイガー…

編集ムタガミ

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

『レッド・ウィング』と聞くと名作「アイリッシュセッター」や「ベックマン」が思い浮かぶ。だが、「ポストマン」シリーズもまたコアなファンを抱え続ける人気銘柄だ。

編集ムタガミ

ほっこり温かな見た目のスニーカー。そのデザインソースは……羊!?

ほっこり温かな見た目のスニーカー。そのデザインソースは……羊!?

寒風吹きすさぶ年の暮れ。11月までの穏やかな気候から一転、気温が急落した12月頭から慌ててダウンジャケットや巻き物を調達したという人も決して少なくないはずだ。そん…

編集ムタガミ

BACK