編集フカザワ

美容専門系出版社にて、編集者としてのキャリアをスタートした「髪」オタク。自他ともに認める大酒飲みでありながら、バスケットボールを愛する健康男児。

グラミチのおすすめパンツ17選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

グラミチのおすすめパンツ17選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

「NNパンツ」を筆頭に、街でもおしゃれにはけるクライミングパンツとして根強く人気の『グラミチ』。その定番から新作、別注までおすすめのラインアップを紹介します。

編集フカザワ

安定感だけじゃ物足りない。今季は“無地じゃない”が気分

安定感だけじゃ物足りない。今季は“無地じゃない”が気分

暖かな時期の主役着として、汎用性が高く安定感のある無地Tシャツやプレーンなシャツを選びがちな我々だが、「今年はプリントモノや柄モノが着たい」という方も少なくな…

編集フカザワ

長く着るからこそ洗いたい。洗濯機OKのウォッシャブルニットを入手せよ

長く着るからこそ洗いたい。洗濯機OKのウォッシャブルニットを入手せよ

秋から春先まで着回せるニットは、その清潔感を保つのが肝心。であれば最初から洗えるモノを選んでみましょう。というわけで、いくつかピックアップしてみました。

編集フカザワ

ポロシャツの元祖×ストリートアートの天才。2大巨頭のコラボをご存じ?

ポロシャツの元祖×ストリートアートの天才。2大巨頭のコラボをご存じ?

そろそろポロシャツが気になるシーズン。老舗の定番ブランドに頼るのがセオリーではあるが、今シーズンはそんななかでも、ありそうでなかったコラボレーションアイテムに…

編集フカザワ

ポロシャツとキャップ。サイベーシックスのカスタムオーダーは、やっぱりセンスがいい

ポロシャツとキャップ。サイベーシックスのカスタムオーダーは、やっぱりセンスがいい

スニーカーやバッグなど、既存アイテムの色柄を自分好みにデザインできるのがカスタムオーダーの魅力。とはいえ、オーダー初心者にとってはカスタマイズというのはハード…

編集フカザワ

グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

カジュアル着の定番であるジーンズと、誰もが認める『グラミチ』。弱点が見当たらない、“大人の好物”を合わせた1本をご紹介します。

編集フカザワ

M1500の限定モデルが3ヵ月連続でリリース。第1弾は、これ

M1500の限定モデルが3ヵ月連続でリリース。第1弾は、これ

ついに新たな元号がお披露目された。“令和”というネーミングに何を思うかはさておき、このタイミングで現元号である平成と同じ30年という節目を迎えるアイテムを紹介しよ…

編集フカザワ

時代はワイド。ベンデイビスの“ゴリラカット”が今、新鮮

時代はワイド。ベンデイビスの“ゴリラカット”が今、新鮮

ワイドパンツが旬。数多くのブランドが“新作”としてリリースしているのが現状ですが、注目すべきはやはり老舗。というワケで『ベンデイビス』が誇る名作に注目!

編集フカザワ

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

編集フカザワ

即戦力の1足。人気ブランド×人気ショップの別注スニーカー

即戦力の1足。人気ブランド×人気ショップの別注スニーカー

『ニューバランス』の新作として注目されている「CM997H」。これは、同ブランドが2019年のコンセプトとして掲げている“Years of 9's”の初陣として発売されたモデルだ。同…

編集フカザワ

キラーワード全部盛り。名作の初回生産版が数量限定で復刻

キラーワード全部盛り。名作の初回生産版が数量限定で復刻

「インスタポンプフューリー」が誕生したのは、1994年のこと。今年で25周年を迎えるというタイミングで『リーボック』から朗報が届いた。それは、同モデルの初回生産版で…

編集フカザワ

これは欲しい。みんなが待っていたワントーンのランニングシューズ

これは欲しい。みんなが待っていたワントーンのランニングシューズ

ランニングシューズのカラバリにおいて、ワントーンというのは稀少だ。オールホワイトならばまだしも、オールブラックは夜道に溶け込んでしまい、足元の視認性を低下させ…

編集フカザワ

新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。Freeamericanidol読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックす…

編集フカザワ

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

キャップはカジュアルコーデに好相性な小物として、きれいめな着こなしのハズし役として重宝するマストハブ。より大人に馴染むブランドと各アイテムを厳選しました。

編集フカザワ

2019年は、あの人気ブランドが仕掛けまくる。まずは、こんな2大トピックスを

2019年は、あの人気ブランドが仕掛けまくる。まずは、こんな2大トピックスを

「あの人気ブランド」とは書いたものの、出落ち感というか“タイトル落ち”感が半端じゃない。なぜなら、一見して『ニューバランス』の話題だと誰もが理解できるビジュアル…

編集フカザワ

これは力作。高機能なランニングシューズで快適に、もっと前へ

これは力作。高機能なランニングシューズで快適に、もっと前へ

少しずつ暖かくなり始め、昼夜問わずランナーの姿を目にする機会が増える時期である。健康管理の手段としてランニングを検討している、あるいはすでに趣味として定期的に…

編集フカザワ

アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

編集フカザワ

メンズ刈り上げ12選。社会人におすすめのヘアスタイルガイド

メンズ刈り上げ12選。社会人におすすめのヘアスタイルガイド

社会人の髪型には清潔感がマスト。そこで取り入れるべきは“刈り上げ”です。すっきりとしつつも“やり過ぎ感”がない、おしゃれな刈り上げのヘアスタイルの実例をご紹介。

編集フカザワ

そのアプローチが現代的。足元映えも、SNS映えも、この1足で

そのアプローチが現代的。足元映えも、SNS映えも、この1足で

昨今のスニーカーシーンを賑わせているのは、ぽってりとしたダッドスニーカー、もしくはレトロな名作の復刻モデルと言って異論はないだろう。デザインの方向性は異なるが…

編集フカザワ

見た目は懐古的、機能は現代的。そのバランスが今の気分

見た目は懐古的、機能は現代的。そのバランスが今の気分

スニーカーシーンをリードし続ける『ミタスニーカーズ』。昨年もさまざまなコラボモデルで我々スニーカーラヴァーを大いに盛り上げてくれたが、その勢いは今年も止まらな…

編集フカザワ

“スキンケア発想のヘアケア”は、何が特徴なのか?

“スキンケア発想のヘアケア”は、何が特徴なのか?

ご存じの方もいるかもしれないが、昨年12月にスキンケアブランドとしてお馴染みの『バルクオム』がヘアケア市場への参入を発表した。気になるラインアップは、ノンシリコ…

編集フカザワ

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

編集フカザワ

その渋さに頼らせて。グレンチェックのチェスターコートを着こなす方法

その渋さに頼らせて。グレンチェックのチェスターコートを着こなす方法

今冬注目のグレンチェック柄。防寒も兼ねてゲットするならば、チェスターコートがイチ推しです。おしゃれに着こなすにはどうすればいいのか、超簡単な攻略術をご紹介!

編集フカザワ

“シンダウン”のコートですっきり暖か。常識を塗り替える新素材に注目!

“シンダウン”のコートですっきり暖か。常識を塗り替える新素材に注目!

冬アウターとして人気のダウンですが、暖かさは確保しつつもスマートに着られる“シンダウン”が注目されています。その特徴とおすすめアイテムを解説しましょう。

編集フカザワ

シャツ選びでお困りのビジネスマンへ。完全“自分仕様”の1枚をどうぞ

シャツ選びでお困りのビジネスマンへ。完全“自分仕様”の1枚をどうぞ

スーツの着こなしにおける“魅せ”どころといえば、やはりVゾーン。顔に近い位置にあることからおのずと他人の目に触れやすく、与える印象を決定付けるエリアとなる。だか…

編集フカザワ

高品質ながら良心価格。河田フェザーの注目ダウンジャケット

高品質ながら良心価格。河田フェザーの注目ダウンジャケット

ダウンジャケット人気が継続していますが、まだ手にしていない方も多いはず。そんな大人に向けて、即戦力となる『河田フェザー』の魅力やラインアップを紹介します。

編集フカザワ

現在進行形のリアルクローズ。仕掛けたのは、あの2大巨頭

現在進行形のリアルクローズ。仕掛けたのは、あの2大巨頭

アウトドアテイストをブレンドしたり、90年代のファッショントレンドを取り入れてみたりと、2018年のファッションシーンは変化に富んでいた。「懐かしくも新しい」という…

編集フカザワ

即決待ったなし。2018年最後の“絶妙”スニーカー

即決待ったなし。2018年最後の“絶妙”スニーカー

年末年始は財布の中身が寂しくなりがちだ。忘年会に帰省や旅行、年明けの新年会などの交際費に加えてファッションシーンではセールのオンパレード…。読者諸兄の多くもき…

編集フカザワ

“そもそも論”を解決してくれる、大人好みのリップクリーム

“そもそも論”を解決してくれる、大人好みのリップクリーム

乾燥しがちなシーズンは、リップクリームの使用頻度が増える。幅広いラインアップから、皆さんは何を重視して選ぶだろうか? 効果・効能が気になるのは当然だが、30代…

編集フカザワ

冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

デザイナーの日高久代氏とパタンナーの宮原秀晃氏という2人の手によって、2000年に始動した『サイ』。イギリスの伝統的なテーラリングを軸としつつ、現代的な要素を取り…

編集フカザワ

BACK