素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

北欧特有のミニマリズムを体現する『トリワ』の腕時計。実用性とファッション性を兼ね備える同ブランドのラインアップの中でも、人気のモデルを厳選した。

大中 志摩

個性派実用腕時計の殿堂、アメリカ発の名門ブランド

個性派実用腕時計の殿堂、アメリカ発の名門ブランド

ロレックスを筆頭に、世界の時計市場を席巻しているスイスブランド。その一方で、カジュアルウォッチを中心に、根強いファンが存在しているのがアメリカブランドです。

MASAFUMI YASUOKA

心機一転。10万円以下の3針腕時計で新生活に備えよう

心機一転。10万円以下の3針腕時計で新生活に備えよう

4月からの新年度に向け心機一転、腕時計を新調してはいかがでしょうか? 10万円の予算でどんなシーンにも対応できる、コスパ抜群のオン・オフ兼用腕時計を紹介します。

夏目 文寛

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

高級腕時計と言えばスイス。その時計産業の成り立ちと強さの秘密に迫りながら、押さえておきたい10ブランドを解説していきます。

夏目 文寛

シンプルでイイね。北欧の注目腕時計ブランドと人気モデル

シンプルでイイね。北欧の注目腕時計ブランドと人気モデル

シンプルな見た目にスタイリッシュさを感じさせる北欧の腕時計。なぜ、人気が継続しているのか、そして注目すべき北欧腕時計ブランドは何か、とことん掘り下げてみよう。

小林 大甫

2万円台から買えてしまう、機械式腕時計入門機10選

2万円台から買えてしまう、機械式腕時計入門機10選

高価な嗜好品のイメージがある機械式腕時計。ところが昨今では、その印象の数分の1程度の価格で手に入る秀逸モデルが増えてきている。鉄板の10本をピックアップ。

編集ムタガミ

皆が待っていた。Gショック初期型の5700シリーズが復活

皆が待っていた。Gショック初期型の5700シリーズが復活

1983年に誕生し、常に男性の心を捉え続けてきた『Gショック』。35年を迎える2018年に届いたのは、大人の誰もが待ち望んだ“丸型の復活”といううれしいニュースでした。

編集フカザワ

日本が生んだ、実用腕時計の極地。アテッサを知る

日本が生んだ、実用腕時計の極地。アテッサを知る

腕時計の素材として広く認知されているチタン。それを初めて腕時計に搭載したのはシチズンだった。同メーカーが放つチタン鍛造技術の粋、『アテッサ』を読み解く。

編集ムタガミ

今ほしいのはコスパの高いヴィンテージ。復刻腕時計でシックを気取る

今ほしいのはコスパの高いヴィンテージ。復刻腕時計でシックを気取る

ウェアにクラシック回帰が訪れている今、身に着ける小物だって定番や名品を選びたい。佇まいだけで大人を主張できる、名作のアーカイブウォッチを知っておこう。

編集ムタガミ

日々進化する北欧生まれの上質ウォッチ、クロナビー

日々進化する北欧生まれの上質ウォッチ、クロナビー

スマートウォッチは気になるけど、スマホやパソコンに囲まれる生活の中で腕時計だけでもアナログに……、と思う人にこそおすすめしたい“コネクトウォッチ”があります。

Freeamericanidol編集部

速さに魅せられた男の世界。今欲しいスポーツウォッチ3ブランド

速さに魅せられた男の世界。今欲しいスポーツウォッチ3ブランド

モータースポーツと腕時計の歴史は古く、そこから生まれたプロユースの逸品は本物を知る大人を魅了してきた。ここに、今手に入れるべき3ブランドをピックアップしよう。

編集ムタガミ

ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

「ボーナスで腕時計を」。そう考える大人にプッシュしたい逸品を、大ボリュームでピックアップ。3つのカテゴリから自分のスタイルに見合う1本を探してみよう。

編集ムタガミ

給料1ヵ月分が現実的。20万円から手が届く婚約指輪ブランド10選

給料1ヵ月分が現実的。20万円から手が届く婚約指輪ブランド10選

男性にとって人生最大の見せ場、プロポーズ。ですが、ウン十万もするような指輪を買うのも今や非現実的。無理をせず、喜ばれる。そんなブランドを集めました。

Freeamericanidol編集部

ミリタリーウォッチを語れる男になろう。その魅力を徹底解説

ミリタリーウォッチを語れる男になろう。その魅力を徹底解説

戦場における実用品として誕生したミリタリーウォッチ。そのルーツを知れば、愛用の1本にもっと愛着がわいてくるはずだ。その歴史に迫りつつ、人気ブランドを掘り下げる。

編集ムタガミ

復刻腕時計好きにはたまらない。ロンジンのヘリテージ・コレクション

復刻腕時計好きにはたまらない。ロンジンのヘリテージ・コレクション

今年創業185年を迎えたスイス腕時計界の重鎮『ロンジン』。数多の賞を獲得し、著名な冒険者たちと積み上げてきた歴史が、ヘリテージ・コレクションには詰まっていた。

編集ムタガミ

30代ビジネスマンの腕時計に、カシオのオシアナスという選択を

30代ビジネスマンの腕時計に、カシオのオシアナスという選択を

2004年の誕生以来、ビジネスマンに愛され続けているオシアナス。日本が誇る技術が詰まった腕時計と言っても過言ではない、名機の人気の秘密を解き明かそう。

編集ムタガミ

大切な人へのプレゼントに。大人の女性が喜ぶペアリング

大切な人へのプレゼントに。大人の女性が喜ぶペアリング

女性への贈り物として、王道ながら選ぶのに苦戦しがちなのがペアリング。セレクトの参考に、ペアリングに関する女性ライターの本音とおすすめアイテムをご紹介します!

ai sato

ヴィンテージ感がたまらない。サーカの腕時計で腕元からクラシカルに

ヴィンテージ感がたまらない。サーカの腕時計で腕元からクラシカルに

腕時計トレンドの一角を担うスポーツウォッチ。それと双璧をなすのがクラシック時計だ。中でも、数年前から徐々に知名度を上げているのがアメリカブランドの『サーカ』。

菊地 亮

スイス生まれの実力派ウォッチ。スイスミリタリー ハノワのおすすめラインアップ

スイス生まれの実力派ウォッチ。スイスミリタリー ハノワのおすすめラインアップ

スイスといえば高級腕時計ブランドのメッカ。そのなかで、比較的リーズナブルながらもおしゃれで機能的なモデルをリリースしているのが『スイスミリタリー ハノワ』です。

横山 博之

ビジネスマンにおすすめのソーラー電波時計9選。日本が誇る3ブランドからレコメンド!

ビジネスマンにおすすめのソーラー電波時計9選。日本が誇る3ブランドからレコメンド!

忙しいビジネスマンにとって、常に正確な時間を教えてくれるソーラー電波時計は心強い味方です。日本の3大腕時計ブランドから、名品を厳選しました。

ライターI

どちらのGショックがお好み? 定番モデルvs注目モデル

どちらのGショックがお好み? 定番モデルvs注目モデル

見た目も機能も男心を掴んで離さない『Gショック』。価格的にも手を出しやすいため複数持っているであろうこの腕時計の、定番モデルと注目モデルを整理した。

菊地 亮

時計修理技能士に教わる、愛用ウォッチのメンテナンス方法とその必要性

時計修理技能士に教わる、愛用ウォッチのメンテナンス方法とその必要性

お気に入りの腕時計、いつまでも美しく保つ努力を怠っていませんか? 服を洗濯したりアイロンがけするように、大切な腕時計も、日々のケアが大切です。

横山 博之

デンマーク製にこだわった新鋭!ラースラーセンの腕時計

デンマーク製にこだわった新鋭!ラースラーセンの腕時計

シンプルなデザインと手頃な価格帯で日本に定着した北欧ウォッチ。本記事で着目するのは、2016年に日本に初上陸した新鋭ブランド『ラースラーセン』です。

編集ウエダ

いま欲しいモノ一挙見せ。アンダー5万円で手に入るコラボウォッチ5選

いま欲しいモノ一挙見せ。アンダー5万円で手に入るコラボウォッチ5選

定番には、定番の良さがある。とはいえ、他の人とちょっと差がつくようなアレンジが欲しいという方も多いでしょう。そんな大人のニーズをまるっと押さえた腕時計をご紹介。

編集フカザワ

差がつく腕元を演出。インパクト大の腕時計をピックアップ

差がつく腕元を演出。インパクト大の腕時計をピックアップ

シンプルなデザインが流行する中、あえてのインパクト重視もまた一興。思わず周りの人が名前を聞いてくるようなインパクト大の腕時計をセレクトしました。

TRYOUT

職種別にレコメンド。女性ウケ抜群の腕時計12選

職種別にレコメンド。女性ウケ抜群の腕時計12選

男性から見た“カッコいい”腕時計と女性から見た“すてき”と思うそれは別ものであることが多いです。逆を言えば、彼女達の視点を理解すれば、あらたな発見があるはず。

Freeamericanidol編集部

鉄板ブランドから厳選。大人に愛される腕時計20選

鉄板ブランドから厳選。大人に愛される腕時計20選

腕時計の人気ブランドは、なぜ魅力的なのか。そして、人気ブランドのなかでも大人が手にすべき1本は何かをご紹介。腕時計の新調を狙っている方は、ぜひ参考に。

黒野 一刻

上限10万円未満で予算別に厳選!シンプルで使いやすい腕時計カタログ

上限10万円未満で予算別に厳選!シンプルで使いやすい腕時計カタログ

華美な装飾を施した腕時計は実にエレガントだが、オン・オフ使えるオールマイティーさと洗練さを備えたシンプルな一本は何かと心強い。そんな使える“美形”時計をご紹介。

菊地 亮

今さら聞けない。スマートウォッチの機能と買いの逸品

今さら聞けない。スマートウォッチの機能と買いの逸品

ラインアップも充実し、腕時計のジャンルとして一般的となったスマートウォッチ。今回は改めてスマートウォッチとは何かを徹底的に解説していこう。

大中 志摩

手が届く憧れ。ヴァーグウォッチで味わう品格と歴史

手が届く憧れ。ヴァーグウォッチで味わう品格と歴史

誰もが憧れるアンティークの雰囲気が気軽に楽しめる『ヴァーグウォッチ』。そのコンセプトに込められた理念ともの作りへのこだわりを検証し、おすすめモデルを紹介します。

Hiroshi Watanabe

BACK