半歩先を行くトレンドのキーは“サファリ”

半歩先を行くトレンドのキーは“サファリ”

カモ柄のモノやモダナイズされた軍アイテムが注目を浴びる昨今。ついついそちらへ傾倒しがちだが、まわりと差をつけるならミリタリーの派生系であるサファリにご注目を。

菊地 亮

涼のある暮らしを!夏を快適に過ごす生地・素材まとめ

涼のある暮らしを!夏を快適に過ごす生地・素材まとめ

夏のファッションに欠かせない素材とそのアイテムをピックアップ。「涼しげ」で「ナチュラルに」、そして「心地よい」を届けてくれる素材で、快適に夏を過ごしましょう。

Freeamericanidol編集部

足元のひと手間が周囲の好印象を生むきっかけになる

足元のひと手間が周囲の好印象を生むきっかけになる

肌が露わになる時季だけに、アクセのプラスαは印象を大きく左右する。そこで大人たるもの、わきまえたいのがさり気ない合わせ方で、アンクレットはまさに格好のアイテム。

菊地 亮

モヘアを味方につけた大人はゆとりも手にする

モヘアを味方につけた大人はゆとりも手にする

モヘア素材はその見た目から秋冬ものと思いがち。が、実は夏にもうってつけで”夏スーツ=モヘア混”が定石とされるほど。ここに暑さを迎え撃つヒントが隠されているのだ。

菊地 亮

設計、機能、素材……大人の下着の選び方

設計、機能、素材……大人の下着の選び方

どんな衣類よりも長く身につける下着。大人たるもの、見えないからこそ洋服以上にこだわりたいもの。この夏、とことん気持ちのいい下着を探してみよう。

CANADA

ガーゼのやさしい感触に包まれて快適でおしゃれな夏に

ガーゼのやさしい感触に包まれて快適でおしゃれな夏に

汗をかくシーズンは、通気性に優れ、汗を吸い取ってくれる素材を選びたい。そんな要求を満たしてくれる素材がガーゼです。シャツから小物まで、おすすめ品を紹介します。

平 格彦

2015年の夏セールで買うべきアイテムと見分け

2015年の夏セールで買うべきアイテムと見分け

水曜日に伊勢丹、金曜日からはルミネと、セールが本格的に始まる今週。多くの商品がディスカウントされますが、今回はどのアイテムが買って正解なのかコツを伝授します。

編集イトウ

大人は“リネン服”で品と爽快感を手に入れる

大人は“リネン服”で品と爽快感を手に入れる

夏を気持ちよく過ごしたい大人は、自然とリネンのアイテムに手を伸ばす。涼をとれ、上品さも打ち出せることを承知しているからだ。そこで手に入れるべきアイテムとは。

菊地 亮

着心地バツグン。パイル地アイテム集めました

着心地バツグン。パイル地アイテム集めました

夏になると恋しくなる「パイル地」アイテム。綿密なタオル地のようなこの素材、肌に触れると気持ちよく、汗ばんだ肌をサラッとさせてくれる。ああ、パイル地に包まれたい!

AI

好印象を残しながら涼もとる大人のクールビズ

好印象を残しながら涼もとる大人のクールビズ

クールビズが浸透し、夏スーツの着こなしに一定の自由度が加わった。されど、大人たるもの“しっかり”も重要。ではどこで力を抜くか、その要点を押さえた選び方を指南。

菊地 亮

ファッションライターが提案! 夏のOFFスタイルまとめ

ファッションライターが提案! 夏のOFFスタイルまとめ

雑誌・ウェブなど媒体を問わず活躍する+CLAP Menのファッションライター陣がこの夏のオフスタイルについて考えてみました。休日のおしゃれは本特集でチェック!

Freeamericanidol編集部

夏の大本命! ”紺サバ”カジュアル

夏の大本命! ”紺サバ”カジュアル

コンサバコーデに今季の注目カラー、紺色をかけ合わせた”紺サバ”カジュアルが大人のOFFスタイルにおすすめ。誰でも似合いやすく、夏らしい爽やかさが簡単に出せます。

CANADA

“リラックス”と“品よく”の狭間がちょうどいい

“リラックス”と“品よく”の狭間がちょうどいい

誰が言ったか「おしゃれはガマン」。一理あるが、おしゃれなうえに気持ち良ければそれこそ最良ではないか。となれば、今選ぶべきアイテムや着こなしも自ずと見えてくる。

菊地 亮

夏スーツに必要なのは“けじめ”と“遊び”だ

夏スーツに必要なのは“けじめ”と“遊び”だ

ビジネスマンにとって気力や体力を奪う暑さは大敵。だからこそ暑さ対策は必須だが、ヌキ所を誤れば勝負どころで下手をうつ。その救いの手はジャケパンにある。

菊地 亮

なぜ無地の白T×ジーンズの着こなしはカッコいいのか

なぜ無地の白T×ジーンズの着こなしはカッコいいのか

究極のシンプルなスタイリングである、白の無地Tとブルージーンズ。ある種身体ひとつで勝負するこのコーディネートは、なぜ時代を問わずカッコいいのかを考えてみました。

編集イトウ

夏を涼しく乗り切るスーツスタイル3つのTIPS

夏を涼しく乗り切るスーツスタイル3つのTIPS

日に日に暑さが増し、都心では半袖シャツの方もちらほらと。これもありですが、ビジネス時は基本ジャケットが必須。そんな時でも涼しく乗り切る方法を考えてみました。

編集イトウ

今夏のオフコーデは白いトップス×ショーツで決まり!?

今夏のオフコーデは白いトップス×ショーツで決まり!?

白いトップスは夏の定番で今季の旬。また、ショートパンツは暑い季節の必需品で、今季はとくに注目されています。ということで、両者のセットを軸に着こなすのがイチ押し!

平 格彦

カッタウェイシャツが、大人のクールビズスタイルを後押しする

カッタウェイシャツが、大人のクールビズスタイルを後押しする

カッタウェイカラーって聞いたことはありますか? シャツの襟型の中でもっとも襟羽根の開き角度が大きいモノをいいます。実はこのシャツ、クールビズにぴったりなんです!

池田 やすゆき

夏の定番ショートパンツスタイル

夏の定番ショートパンツスタイル

夏のワードローブに欠かせないアイテムのひとつがショートパンツ。今回はそんなショートパンツを使った、参考にしてほしい大人コーディネートを紹介していきます。

大中 志摩

男を格上げしてくれるジャケパンスタイル

男を格上げしてくれるジャケパンスタイル

ビジネスシーンでも定番になりつつあるジャケパンスタイル。今回は、定番色であるネイビーとグレーのジャケットを使ったコーディネートを紹介していきます。

大中 志摩

話題の涼感素材、クールマックスで乗り切ろう!

話題の涼感素材、クールマックスで乗り切ろう!

クールマックス。最近よく聞くこの素材、どんなものだか知っていますか? もともとはトップアスリート向けに開発された特殊素材。これがあれば、夏の快適さが違うんです。

AI

夏の休日気分に思いっきり浸るためのショーツルック

夏の休日気分に思いっきり浸るためのショーツルック

心おきなく夏の休日を楽しむためには、オンとオフのスタイルに確実なメリハリをつけて、オフのモードに浸りきることが必要。ショーツを使ったスタイルが効果的なのです!

ライターK

夏素材のジャケパンスタイルでおしゃれに涼しくお仕事

夏素材のジャケパンスタイルでおしゃれに涼しくお仕事

夏の激務をクールにこなせるかどうかは、涼しく過ごせる素材を取り入れるかどうかにかかっているといっても過言ではないでしょう。ジャケパンスタイルで叶えてみませんか?

ライターK

大人の夏休みコーデは、シャツで作ろう!

大人の夏休みコーデは、シャツで作ろう!

1枚で着たり、レイヤードしたり、腰に巻いてポイントにしたり。シャツは、何枚あっても便利なアイテム。この夏のオフコーデも、大好きなシャツを使って楽しみましょう。

AI

ネイビーを差し色に夏のオンコーデをスタイリング

ネイビーを差し色に夏のオンコーデをスタイリング

紳士にとってネイビーは、もっとも重要な色かもしれない。黒より重くなくて、白より着る人を選ばない。そんなネイビーを差し色に、爽やかな夏のオンコーデを紹介します!

AI

デニムオンデニムでオフコーデを演出しよう!

デニムオンデニムでオフコーデを演出しよう!

オシャレに敏感な人たちの間で注目されている、今季トレンドのデニムオンデニム。ここでは定番のデニムブランドを使った着こなしをご紹介。ぜひ熟読してほしい。

NAKAYAMA

デニムでオンコーデを作るならハイブランドをチョイス

デニムでオンコーデを作るならハイブランドをチョイス

シーズン問わず活躍するデニムパンツ。色褪せることのないスタンダードの雄を、オンコーデで取り入れたいなら、ハイブランドのものを選ぶことで男の色気を醸し出せる。

NAKAYAMA

この夏は、服はシンプル、アクセ盛り盛りが気分

この夏は、服はシンプル、アクセ盛り盛りが気分

今夏は例年に増して、多彩なアクセ使いがコーディネートの鍵になりそう。すると必然的に洋服はシンプルになるので、トレンドのサイズ感や色にも気を配りたいものです。

桐田 政隆

マイルドかつインパクトのあるベージュスーツが使える

マイルドかつインパクトのあるベージュスーツが使える

スーツではほとんどの人が手にしないベージュ。ただ実際には意外とマイルドかつシックな印象で取り入れやすく、周りと差をつけるならこの上ないチョイスになりますよ。

桐田 政隆

好感度がアップする! ポロシャツ通勤の選び方

好感度がアップする! ポロシャツ通勤の選び方

長そでのワイシャツが定番だったクールビズも、最近では、ポロシャツOKの会社も増えてきた様子。あなたは正しい"ポロシャツ通勤"できていますか?

CANADA

BACK