世界が注目!新進気鋭の実力派デニムブランド、クロ

世界が注目!新進気鋭の実力派デニムブランド、クロ

日本の高い技術力を武器に高品質なアイテムを展開している『クロ』。ここでは、そんな実力派ブランド『クロ』の魅力と特徴を定番モデルと合わせて紹介していきます。

大中 志摩

旬のダメージデニムは、ヒステリックグラマーを選べ

旬のダメージデニムは、ヒステリックグラマーを選べ

ていねいな作りとロックテイストを加えた独自のデザインで人気の高い『ヒステリックグラマー』。特に、ダメージ加工デニムのクオリティの高さには定評がある。

大中 志摩

日本が世界に誇るジーンズブランド、ウエアハウス

日本が世界に誇るジーンズブランド、ウエアハウス

ジーンズは米国抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちは示してきた。そんな世界から称賛される日本ブランド『ウエアハウス』を紹介。

菊地 亮

都会的カジュアルが叶う、ラグ&ボーンのデニム!

都会的カジュアルが叶う、ラグ&ボーンのデニム!

クラシックワークウェアを得意とすることで知られる『ラグ&ボーン』。なかでもデニムへのこだわりが強く、多くのハリウッドスターにも愛されているって知っていましたか?

AI

ガスで見つける、大人のダメージデニム

ガスで見つける、大人のダメージデニム

ベーシック流行りとともに街のデニムスタイルも無難なワンウォッシュばかり……。ダメージデニムが映える夏だからこそ、『ガス』でお気に入りの1本を見つけてみよう!

CANADA

ジースターロゥで見つける、大人のハーフデニム!

ジースターロゥで見つける、大人のハーフデニム!

季節柄、ジーンズは暑いから敬遠、なんて人も多いんじゃないでしょうか。『ジースターロゥ』のハーフデニムなら、見た目にも涼しく快適な一本が見つかります!

CANADA

無地Tに飽きたら、少し遊び心のあるイラストの白Tを

無地Tに飽きたら、少し遊び心のあるイラストの白Tを

夏の季語であり、トレンドでもある“白服”。その中でも、今年は無地の白Tが人気ですが、食傷気味の方もいるのでは? そんな人は遊びのあるアートな1枚はいかがでしょう?

編集イトウ

NYらしいスタイリッシュさが魅力のスリーバイワン

NYらしいスタイリッシュさが魅力のスリーバイワン

プレミアムデニムブランドとして、世界中のデニムファンを魅了する『スリーバイワン』。定番のデニムパンツもいいが、今季はちょっと気取ってはいてみるのもいいだろう。

NAKAYAMA

著名人らがこよなく愛す、ディースクエアードとは

著名人らがこよなく愛す、ディースクエアードとは

ミュージシャンのリッキー・マーティンやレニー・クラヴィッツ、ハリウッドスターのニコラス・ケイジなどを顧客に持つ『ディースクエアード』。デニムの品質は一級品だ。

NAKAYAMA

総額3万円で作る! 夏のトレンドコーディネートまとめ

総額3万円で作る! 夏のトレンドコーディネートまとめ

イベント満載で懐が厳しい夏は、ファッションにかけるお金を節約したい。そんな人に総額3万円で作れる最新トータルコーディネート術とアイテムをご紹介します!

Freeamericanidol編集部

流行&季節感、ともにカバーするデニムショーツが最強

流行&季節感、ともにカバーするデニムショーツが最強

この夏のトレンド素材=デニム。今の時期にぴったりの快適ボトムス=ショーツ。両要素を兼ね備えるデニムショーツは、まさに今最優先で押さえるべき超重要なアイテムです!

山崎 サトシ

ジーンズの礎を築いた、老舗デニムブランド記事まとめ

ジーンズの礎を築いた、老舗デニムブランド記事まとめ

ジーンズを世に広めた『リーバイス』をはじめとした3大ブランド。日本に浸透させた『ビッグジョン』、『エドウィン』。ジーンズの礎を築いた功労者の記事をまとめました。

Freeamericanidol編集部

プレミアム感をまとえる、ディーゼルのジーンズ

プレミアム感をまとえる、ディーゼルのジーンズ

デニムのカジュアルさは幅広いスタイルに取り入れやすいと認識しながらも、ラフな印象の中に上品さもほしいと思う人もいるだろう。『ディーゼル』はその要望に応える。

NAKAYAMA

チープマンデーのジーンズ、モデル別特徴まとめ

チープマンデーのジーンズ、モデル別特徴まとめ

デザイン性の高いシャープなスキニーシルエットと、1万円でお釣りがくるリーズナブルなプライスが人気の『チープマンデー』。その魅力と定番モデルを紹介していきます。

桐田 政隆

総額3万円で作る! スポーツMIXのモノトーンスタイル

総額3万円で作る! スポーツMIXのモノトーンスタイル

今シーズンの最旬スタイルと言えば、ホワイトとブラックを中心としたモノトーン基調のコーディネート。スポーツアイテムをMIXして、シックで都会的に仕上げるのが肝です。

平 格彦

総額3万円で作る! “最旬”“おしゃれ”が叶うコーデ

総額3万円で作る! “最旬”“おしゃれ”が叶うコーデ

投資をすればするほど結果は得られやすいが、おしゃれはそれがすべてとは言えない。押さえるべきポイントを見極めれば、誰もが“コスパ”と“洒脱”を両立できるのだ。

菊地 亮

アヴァンギャルドな雰囲気で人気の、スビのデニム

アヴァンギャルドな雰囲気で人気の、スビのデニム

デニムアイテムを中心に、反抗的で刺激の強いデニムアイテムを発信し続けている『スビ』。男っぽいスタイルが好きなあなたのツボを刺激してくれること間違いなしです。

AI

ジーンズの老舗、ビッグジョンに関する必須知識

ジーンズの老舗、ビッグジョンに関する必須知識

今シーズン人気再燃のジーンズ。ナショナルブランドのなかでも屈指の存在が『ビッグジョン』です。知っておきたい知識と、押さえておきたい定番アイテムを一挙に紹介!

平 格彦

ジーンズの老舗、リーに関する必須知識

ジーンズの老舗、リーに関する必須知識

今シーズン人気再燃のジーンズ。その王道ブランドの一角を担うのが『リー』です。知っておきたい知識と、押さえておきたい定番モデルのおすすめアイテムをまとめました!

平 格彦

移動もノンストレス!おしゃれで快適なパンツが欲しい

移動もノンストレス!おしゃれで快適なパンツが欲しい

夏は旅行へ出かける方も多いと思いますが、その時のパンツ選びって難しいですよね? 体温調整ができて、はき心地が良くて、おしゃれで…。そんな願望を叶える1本をご紹介!

編集イトウ

LVCの復刻品で学ぶ、老舗リーバイスの歴史

LVCの復刻品で学ぶ、老舗リーバイスの歴史

今シーズン人気再燃のジーンズ。その王道ブランドの筆頭は、何と言っても『リーバイス』です。そこで今回は、ヴィンテージラインの復刻品で、名作501の歴史を紐解きます。

平 格彦

ジーンズの老舗、リーバイスに関する必須知識

ジーンズの老舗、リーバイスに関する必須知識

今シーズン人気再燃のジーンズ。その王道ブランドの筆頭は、何と言っても『リーバイス』です。知っておきたい知識と、名作501のおすすめアイテムをまとめました。

平 格彦

こんなに面白い服ってない! ジーンズが良く分かるQ&A

こんなに面白い服ってない! ジーンズが良く分かるQ&A

普段何気なくはいているジーンズですが、結構謎が多いアイテムだったりします。学生時代に某デニムブランドでバイトしていた記憶を辿り、ジーンズの「?」にお答えします。

編集イトウ

一目で分かる! ジーンズの歴史・起源を紐解いてみた

一目で分かる! ジーンズの歴史・起源を紐解いてみた

誰もが一度は足を通したことがあるジーンズ。いつ誕生し、どのようにしてマス化されたのか。今回はジーンズの歴史を、ターニングポイントごとに紐解いていきます。

編集イトウ

水陸両用ショートパンツを活用して、脱・量産型コーデ

水陸両用ショートパンツを活用して、脱・量産型コーデ

暑い夏はショーツに限ります。 女子ウケが悪いと言われますが、楽なんだから活用すべき! とくにオススメは水陸両用タイプ。便利なのは無地ですが、個性派も狙い目です。

平 格彦

総額3万円で作る! 夏のアメカジトータルコーデ!!

総額3万円で作る! 夏のアメカジトータルコーデ!!

夏はイベントが盛りだくさんで予算がない!! そんな人におすすめの、トップス、ボトム、シューズ、アクセまで3万円以内で揃うアメカジスタイルを考えてみました。

樋口 継恵

総額3万円で作る! ワザありのワントーンスタイル

総額3万円で作る! ワザありのワントーンスタイル

爽やかだけど平たんに見えがちな白のワントーンは、黒アイテムを足せば引き締まり、スタイリッシュな表情に。清潔感の中にエッジを効かせたスタイルが簡単につくれます。

ai sato

自腹買いしたから書ける! 税込1万円以下の名品 -夏-

自腹買いしたから書ける! 税込1万円以下の名品 -夏-

学生時代はバイト代をつぎ込み、前職では展示会や付き合いで買いまくり、今はなけなしの小遣いを洋服に費やす私が、税込1万円以下で夏に使えるモノを独断でご紹介します。

編集イトウ

総額3万円で作る、今旬なオールホワイトコーデ

総額3万円で作る、今旬なオールホワイトコーデ

おしゃれ上級者たちがこぞって取り入れている着こなしをご存じだろうか? その答えはずばりオールホワイトコーデ。少し難解なコーデだが、コツを掴めば難なく着こなせる。

NAKAYAMA

涼しさ重視の夏パンツは褪せ色&ペールトーン!

涼しさ重視の夏パンツは褪せ色&ペールトーン!

暑さを少しでも和らげたい夏のパンツ。重たく見えてしまうダークカラーよりも、爽やかさを感じさせる褪せ色やペールトーンを選び、視覚からも涼しさを体感してみては!?

ai sato

BACK