“マグマの海”が、アニバーサリーイヤーのトリを飾る

2018.10.24 21:00

35歳を迎えて、ますます元気……、とは日本が誇るタフネスウォッチ『Gショック』の話だ。アニバーサリーイヤーの今年は特に多くのバリエーションが生まれたが、どれもがひと目でそれと分かるような独特のフォルムやアイデアを装備。圧倒的な頑丈さに加え、その高いデザイン性とネームバリューを改めて証明したと言えよう。

そしてこの度、35周年のラストを飾る新たな『Gショック』が発表された。見るからに同ブランドらしい武骨で男らしいルックスを備えたこの3モデルのテーマは、「マグマの海」。ベースカラーのブラックに、レッド、レッドゴールド、イエローゴールドという派手でおめでたい3色を組み合わせて、地球誕生時のマグマで覆われた地表を表現したという。ただでさえゴツゴツとしたルックスに、超濃厚カラーの味付け。この突き抜けたアプローチは『Gショック』以外では成立しない。逆に言えば、それこそが強みなのだ。

メタルと樹脂を融合させた耐衝撃ボディが特徴の「MTG-B1000TF-1AJR」、3つの小型センサーで方位、気温/温度、高度を計測する「レンジマン GPR-B1000」、そして往年のファンには特に耳馴染みのあるダイバーズウォッチ「フロッグマン GWF-1000」の3型がラインアップ。なかでも「フロッグマン」は今年で誕生25周年というダブルアニバーサリーモデル。アイコンのカエルがそこかしこのディテールに潜んでおり、それらを探す楽しみも提案されている。

地球の起源を想起させ、新たな胎動を予感させる「マグマの海」をもって、35周年の大いなる宴は終了。36歳の『Gショック』にも期待しよう。

Text_Naoki Masuyama

DATA

カシオ計算機株式会社

03-5334-4869

KEYWORD関連キーワード
腕時計
Gショック(G-SHOCK)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

夏目 文寛

本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

Freeamericanidol編集部

それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

黒野 一刻

“バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

髙須賀 哲

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

ブランド名を初めて聞いたという人でも、光を受けて華やかに輝くすり鉢状の文字盤には見覚えがあるかもしれない。ブランドの名前は『KLASSE14(クラスフォーティーン)』…

編集ムタガミ