【特集】今年の腕時計は、カラー文字盤で差を付ける!

高機能なだけじゃない。日本のスキーウェアブランドが今季のアウター候補に急浮上

2018.09.27 21:00

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

1952年に日本で誕生したスキーウェアブランド『フェニックス』。国内で初めてヒマラヤの超高所にも耐えうるダウンウェアを開発したり、世界最高峰のノルウェーアルペンチームのオフィシャルサプライヤーを務めていたりと、プロフェッショナルブランドとしてその地位を確かなものにしている。そのため、スノーアウトドアをたしなむ人にとっては馴染みがあるのではないだろうか。

すでに『フェニックス』を知っていたとしても、もし“本格アウトドア仕様の高機能ウェア”というイメージだけを抱えているのであれば、そのイメージは今年限りで払しょくされることになる。派生ブランドである『アルクフェニックス』が掲げたデイリーで都会的な機能服が注目されているように、ここ数年で機能性の進化に加えて圧倒的なファッション性の向上を果たしているのだ。なにより今季のルックブックを見れば、ファッションアイテムとしての価値や有用性にも納得いただけるはずだ。シンプルかつ機能美を追求したアウトドアウェアをあくまでプレーンに着こなしているにも関わらず、漂わせるオーラはじつに今っぽい。そのさじ加減を実現するセンスが『フェニックス』に注目すべき最大のポイントなのだ。

そしてこのウインターシーズンに発売されるラインアップにも話題作が目白押し。例えばカラフルなアートワークが目を引く「スノーガム ダウンジャケット」。モデル名にもなっているオーストラリア大陸の最高峰コジオスコに生えるスノーガムの、剥がれ落ちて色とりどりに変化した樹皮をイメージしてペインティングした唯一無二の柄は冬の重たいカラーパレットに映える一品だ。そして、別売のダウンやフリースをライナーとして使用できる「スノートリップ 2×ZIP ジャケット」は、モダンかつシンプルなハードシェルタイプ。ネイビー・チャコールグレー・レッドと扱いやすいカラーパレットによりソリッドな装いへと促してくれる。もちろん機能もハイスペックで、耐水圧20,000mm以上を誇る防水素材を使用しているからちょっとやそっとの雨は敵ではない。

シリアスなスノーシーンにおいて盤石の機能性をベースにしながら、モダンな美しさやデザイン性を極めているウェアの数々。今シーズンのアウター有力候補として名を連ねるのはもちろんのこと、今後の展開も期待せずにはいられないはずだ。

Text_Daisuke Kobayashi

DATA

フェニックス ストア アキシマ アウトドアヴィレッジ

042-500-4522

東京都昭島市田中町610-4

http://www.phenix.jp/

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
フェニックス(PHENIX)
アウトドアファッション
ダウンジャケット
ジャケット
ボトムス
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

Freeamericanidol編集部

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

山崎 サトシ

ローテクだけど、雨ニモマケズ。大人に刺さる英国×日本の会心コラボ

汎用的なローテク系デザインだとスペック面が弱く、かといって機能性第一だとスポーツ感やアウトドア感がどうしても強くなる……。スニーカーは常に二律背反に悩まされるア…

山崎 サトシ

安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

山崎 サトシ

無印良品のTシャツは、とことん素材にこだわった逸品揃い

シンプルで高品質、そしてコスパの高さで支持されている『無印良品』のTシャツは、リピ買いする人も多数。素材やデザインなどのこだわりを掘り下げて紹介します。

近間 恭子

スポーツ観戦に行こう。気分のアガる、特別なキャップとリュックで

2月から10月の長期にわたり熱戦を繰り広げるJリーグやNPB(日本プロ野球)も、ようやく折り返しの時期を迎えた。9月からは日本でラグビーワールドカップも開催される。…

Freeamericanidol編集部