高機能なだけじゃない。日本のスキーウェアブランドが今季のアウター候補に急浮上

2018.09.27 21:00

1952年に日本で誕生したスキーウェアブランド『フェニックス』。国内で初めてヒマラヤの超高所にも耐えうるダウンウェアを開発したり、世界最高峰のノルウェーアルペンチームのオフィシャルサプライヤーを務めていたりと、プロフェッショナルブランドとしてその地位を確かなものにしている。そのため、スノーアウトドアをたしなむ人にとっては馴染みがあるのではないだろうか。

すでに『フェニックス』を知っていたとしても、もし“本格アウトドア仕様の高機能ウェア”というイメージだけを抱えているのであれば、そのイメージは今年限りで払しょくされることになる。派生ブランドである『アルクフェニックス』が掲げたデイリーで都会的な機能服が注目されているように、ここ数年で機能性の進化に加えて圧倒的なファッション性の向上を果たしているのだ。なにより今季のルックブックを見れば、ファッションアイテムとしての価値や有用性にも納得いただけるはずだ。シンプルかつ機能美を追求したアウトドアウェアをあくまでプレーンに着こなしているにも関わらず、漂わせるオーラはじつに今っぽい。そのさじ加減を実現するセンスが『フェニックス』に注目すべき最大のポイントなのだ。

そしてこのウインターシーズンに発売されるラインアップにも話題作が目白押し。例えばカラフルなアートワークが目を引く「スノーガム ダウンジャケット」。モデル名にもなっているオーストラリア大陸の最高峰コジオスコに生えるスノーガムの、剥がれ落ちて色とりどりに変化した樹皮をイメージしてペインティングした唯一無二の柄は冬の重たいカラーパレットに映える一品だ。そして、別売のダウンやフリースをライナーとして使用できる「スノートリップ 2×ZIP ジャケット」は、モダンかつシンプルなハードシェルタイプ。ネイビー・チャコールグレー・レッドと扱いやすいカラーパレットによりソリッドな装いへと促してくれる。もちろん機能もハイスペックで、耐水圧20,000mm以上を誇る防水素材を使用しているからちょっとやそっとの雨は敵ではない。

シリアスなスノーシーンにおいて盤石の機能性をベースにしながら、モダンな美しさやデザイン性を極めているウェアの数々。今シーズンのアウター有力候補として名を連ねるのはもちろんのこと、今後の展開も期待せずにはいられないはずだ。

Text_Daisuke Kobayashi

DATA

フェニックス ストア アキシマ アウトドアヴィレッジ

042-500-4522

東京都昭島市田中町610-4

KEYWORD関連キーワード
アウトドアファッション
フェニックス(PHENIX)
ダウンジャケット
ジャケット
ボトムス
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

これは便利。ワークウェアの垣根を越えた“スーツ型作業着”に注目

昨年末から今年にかけて、さまざまなメディアで取り上げられている“スーツに見える作業着”の『WWS』なるものをご存じだろうか? “WWS”はその名もすばり“ワークウェア…

Freeamericanidol編集部

ときに大人っぽく、ときにカジュアルに。ユナイテッドアローズが提案する春の肖像

国内外の人気ブランドを揃えながら、トレンドを反映させたオリジナルレーベルを展開し、カジュアルからドレスまでを取り扱う。そんな懐の深さが魅力の、セレクトショップ…

Freeamericanidol編集部

MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

山崎 サトシ

日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

山崎 サトシ

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦