F1レーシングの息吹と先進技術の融合が男心を惹きつける

2018.09.13 21:00

数ある腕時計のジャンルのなかでも、ことレーシングシーンに根差したスポーツウォッチはいつの時代も“男の物欲”を刺激してやまない。男性が腕時計を買うにあたっては、その多くが自身と重ね合わせることのできるルックスや機能性を求めてしまうもの。常に身に着ける腕時計だけにビジネスでの使用性、アウトドアな趣味への対応力、好みのファッションとの適応性などライフスタイルとの紐付けはなくてはならないファクターである。そして、スポーツウォッチはビジネス・趣味・ファッションのどの観点からも男心をくすぐるがゆえに、毎期注目が絶えないシロモノなのである。

今シーズンお目見えする『エディフィス』の新作は、本格的なモータースポーツの世界観と最新技術が融合した、まさに男心を惹きつける魅力的なスポーツウォッチ。同名(スクーデリア・トロ・ロッソ)のレーシングマシーンを彷彿とさせるカラーリングを載せた「スクーデリア・トロ・ロッソ・リミテッドエディション」シリーズの第5弾に当たる。今作「ECB-800TR-2AJR」は、モータースポーツに不可欠なカーボンファイバー素材をデザインに採用することでよりストイックな印象を強化。また、装着感と耐久性に優れたデュラソフトバンドはレーシングシーンでの使用も可能なほどの耐久性としなやかさを誇る。そして、文字盤の3時位置には『エディフィス』の、9時位置にはトロロッソのロゴを配置。コラボレーションの特別感を高めるのに、一役買っている。

デザイン性だけでなく、機能ももちろん充実。同ブランドでも人気のアナログデジタルモデル「ECB-800」をベースに採用し、デジタル画面には高い視認性を誇るSTN液晶を用いて内部構造を小型することで大型かつ高精細なフルドット画面を実現。それにより針での指針に加えて、液晶による数字や文字、グラフなどの多彩な表示を可能にした。また、スポーツウォッチらしい1/1000秒単位計測やラップ200のデータ保存という高性能計測やワールドタイム機能、スマートフォンとの連動機能など実用性の高い1本に仕上がっている。

F1レースのアイデンティティと先進の高機能クロノグラフの融合を、その目で、その手で味わってみてほしい。

■DETAIL
タフソーラー/ワールドタイム(39都市、39タイムゾーン)/ストップウォッチ(1/1000秒計測、計測データを最大200本メモリー)/マルチアラーム/カウントダウンタイマー/10気圧防水機能/針退避機能/フルオートダブルLED(スーパーイルミネーター)
・スマホリンク機能
自動時刻修正(4回/日、サマータイム自動切替機能付き)/ワールドタイム約300都市/ラップデータを1/1000秒単位で管理/携帯電話探索/操作音ON/OFF切替

Text_Daisuke Kobayashi

DATA

カシオ計算機

03-5334-4869

KEYWORD関連キーワード
腕時計
カシオ(CASIO)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

夏目 文寛

本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

Freeamericanidol編集部

“バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

髙須賀 哲

それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

黒野 一刻

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

ブランド名を初めて聞いたという人でも、光を受けて華やかに輝くすり鉢状の文字盤には見覚えがあるかもしれない。ブランドの名前は『KLASSE14(クラスフォーティーン)』…

編集ムタガミ