秋のキャンプは“TAKIBI”とともに。スペックもデザインも両取りの良アウター

2018.08.31 21:00

秋冬のアウトドアにおいて、男性の心を無性に波立たせるのが“焚き火”の存在。1人でも、気の置けない仲間とでも、屋外で過ごす時間を上質なものに変えてくれる。なかには、焚き火をするためだけにキャンプに出掛ける……、という剛の者もいるほどだ。夕暮れ時の薄暗い光のなか、ぱちぱちと目の前で火のはぜるさまを眺めているだけで、自分の奥底にあるプリミティブな衝動が呼び起こされるような気持ちになる。こればっかりは、どれだけ文明が進化して火おこしが簡単になろうともなくなる娯楽ではないと思う。

焚き火に際しては、言わずもがな台は欠かせない。しかし、アウトドアでもおしゃれでありたいという人を中心に難燃素材を使用した焚き火用衣類も注目されている。とくにデザインにもこだわりたいなら、「アンバイジェネラルグッズストア」と『ナンガ』の手による「TAKIBIアウター」は今季要チェックだ。

原宿や梅田に直営店を持ちバッグブランド『アッソブ』を中心に取り扱うセレクトショップ「アンバイジェネラルグッズストア」。バッグだけでなく、その中身までプロデュースする同店には、実はアウトドアシーンに根差したしゃれた小物類やウェアも揃っている。これはひとえに代表である冨士松氏の趣味と実益を兼ねたラインアップであるのだが、この2018年冬、そんな同ショップが日本のアウトドアブランド『ナンガ』に別注をかけたのである。

できあがったのが、『ナンガ』オリジナルの難燃素材を使用したベージュとブラックの2色のTAKIBIアウターだ。表向きはオーセンティックなアウトドアブルゾンの体を見せつつも、ヘッドランプや手袋なども収納しておけるポケットを7つも配置していたり、中綿には『ナンガ』のダウンアウターにも使われている高品質なヨーロピアンダックダウンを封入していたりとショップのこだわりが散見される作りとなっている。襟もアクセントとしてコーデュロイで切り替えてあるなど、デザイン面の完成度も高い。

なお、9月14日(金)までに「アンバイジェネラルグッズストア」の店頭で予約を行うことで、本コラボを記念して作られたWネームのポーチもプレゼント中。予約そのものは、同ショップのオンラインストアでも実施されているので要チェックだ。晩夏とはいえまだ寝苦しさもある今日この頃。秋のキャンプには少し気が早いが、こんなアウターがあれば来る焚き火シーズンへの気持ちもおおいに盛り上がるというものだ。

DATA

UNBY GENERAL GOODS STORE TOKYO

03-6328-0577

東京都渋谷区神宮前3-18-23

KEYWORD関連キーワード
アウター
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

速乾Tシャツがあれば、汗ばむ季節も快適に。今欲しいのはこの12枚

これからの季節、汗をかいても素早く乾燥させる速乾性を備えたTシャツが頼りになります。本格的な夏が来る前に手にしたい、おすすめアイテムをピックアップしました。

ai sato

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太

Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

編集ナス

雨が待ち遠しくなる。おしゃれで実用的なレインウェア20選

雨が多い日本の気候からか、レインウェアが改めて注目を浴びてきている。そこで、今回は幅広く活躍してくれるおしゃれで機能的なレインウェアを徹底解説。

大中 志摩