今さり気なく使いたい、アクセ&小物とその取り入れ方

アクセの重ね付けが流行った夏も過ぎ去り、季節は冬。洋服にボリュームの出るこれからは、「アクセや小物はさり気なく付ける」が鉄則です!

CANADA

2015.12.03

スタイリングの締めくくりとして決して、小さくない存在感を放つアクセ&小物

おしゃれに見える人とそうでない人との差は、アクセや小物使いにあり。たとえ全身同じアイテムで構成されていたとしても、アクセや小物があるとないとでは、仕上がりに大きな差がつくのです。

アクセ&小物、全体を通して選ぶ時の注意点

冬コーデにおいては、アクセや小物はさり気なく取り入れることがキモなので、ブランドロゴなどが目立つものは避けるべき。手持ちの洋服とのバランスも考えて、どのアイテムにも馴染みやすいシンプルなデザインを選びましょう。

ブレスレットを取り入れるなら、レザーの太ブレス!

重ね付けをせずとも、これひとつでさり気ないインパクトと男らしさを出せるレザーの太ブレス。スタッズなどで装飾されたタイプもありますが、まずはなるべくシンプルなデザインのものをチョイスしましょう。

ジャケットの袖をロールアップさせて、太レザーブレスと腕時計をそれぞれちら見せ。冬は腕の露出も少ないので、これくらいシンプルに一個着けするのが正解です。

Item1『クリオーゾ』ベルトブレスレット

イタリア実力派ブランド『クリオーゾ』のレザーブレスレット。良質なスコッチスタンプレザーに、シャンパンゴールドカラーのメタルパーツをセットしたラグジュアリーな仕上がりです。

Item2『ラコントリー』レザーブレスレット

『ラコントリー』のレザー太ブレスは、職人による美しい仕立てと上質な素材選びなど、スタイリングのアクセントとしてさり気なく取り入れたアイテム。使い込むほどに表れるレザー特有の味も魅力のひとつ。

帽子を取り入れるなら、”ちょいつば広”ハット

定番人気のハットも、今年はちょっと異変あり。いつもより”ちょいつば広”ハットを選ぶのがポイントなのです。かぶるだけでいつものコーデも今年らしさが増し、さらに小顔効果も期待できます。

カジュアルなデニムコーデにハットをプラスしてきれいめに格上げ。定番スタイルでも、ツバ広めのハットを選んだのがコーデが今年らしく見えているポイントです。

Item1『ラグナグ』ウールフェルトハット

定番のウールフェルトハットで、ツバが広めに作られている今年らしいデザイン。リボン無しタイプなので、シンプルなハットを探している人にうってつけです。

Item2『ベースコントロール』フェルトブリムハット

フェルト素材のツバが広めのブリム中折れハット。ベーシックなシルエットで、どんなスタイルにも合わせやすいので普段使いに最適です。

メガネを取り入れるなら、ラウンド型!

今年のメガネ選びは、ラウンド型で決まり! いつものコーデもぐっと今年っぽく仕上げてくれて、また意外とどんなコーデにも合いやすいのが魅力。真ん丸ではなく、”ちょいラウンド”くらいを選ぶとどんな顔のかたちにも似合わせやすい。

インナーに着たニットを目立たせたベーシックなコーデにラウンドメガネを投入し、今年っぽさをプラス。タイトにまとめたヘアスタイルが、ラウンドメガネの持つ知的なイメージを後押ししています。

Item1『ハン』タイムレスメガネ

ベーシックなかけやすいデザインのボストン型メガネは、寒い季節にも温もりを感じられるブラウンカラー。デイリーユースはもちろん、ビジネスシーンでも活躍してくれます。

Item2『スティーブアラン』メガネ

柔らかなラウンドを描くボストン型メガネは、テンプルの内側に『スティーブアラン』のロゴデザイン入り。ほどよく細身にしたフレームが、表情を優しく引き立ててくれます。

ソックスを取り入れるなら、白リブソックス!

シンプルなアイテムで構成する昨今の流れにならって、ソックスもプレーンな白リブソックスが使える! やや厚手のものを選ぶと秋冬らしいアクセントになってくれます。

パンツの裾をロールアップさせて、白リブソックスを目立たせたのが今年らしい。ダークカラーの着こなしの中にも抜けを感じられるコーデに。

Item1『インフィールダーデザイン』ウールソックス

ウールを用いてナチュラルな温かみもある白リブソックス。部位によって編み方を変えているので履きやすく、さらにデザイン的にもアクセントになっています。

Item2『ドネガルソックス』リブソックス

ネップ感がとてもかわいい、良質なウールをふんだんに使った冬用リブソックス。 太めのゲージのウールをしっかりと目を詰めるようにして編み上げられたソックスで、とても温かく指の先までしっかりと暖めてくれます。

バッグを取り入れるなら、キャンバストート!

キャンバストートは、何も夏だけのアイテムではありません! 重くなりがちな冬コーデにもカジュアルな抜け感を加えてくれる優れものなんです。色はどんな着こなしにもハマる白や生成りがベター。

ジャケット×チノパンツのきれいめな着こなしを、スニーカーとキャンバストートでカジュアルMIXに。コーデがシンプルな分、バッグのロゴがアクセントになっています。

Item1『サイコバニー』コットンキャンバストート

コットンキャンバスを使用した『サイコバニー』のトートバッグ。裏地がネイビーのヒッコリーストライプになっていてキャッチーで上品、かつ好印象なでき映えです。

Item2『リコゴールド』プリントビッグトート

大容量で収納力が高く、内側のポケットや口にファスナーも付いた機能的なキャンバストート。底に中敷きがあるので型崩れしにくいのもポイントです。

KEYWORD関連キーワード
アクセサリー
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

編集ナス

ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

CANADA

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮

シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA