革靴の定番デザイン、ペニーローファーをおさらい

幅広いスタイルに相性がよく、気軽に使えて着こなしを上品に格上げしてくれるペニーローファー。ここでは、そんなペニーローファーの魅力についておさらいしていく。

大中 志摩

2015.12.02

ローファーとは?

ローファーは怠け者を意味し、靴紐を結ばずに気軽に着脱できるスリッポンの一種でもともとは、王室や上流階級へカントリー調の室内靴として製作された。ひとえにローファーとってもさまざまな種類があるが今回は、アメトラやアイビースタイルに欠かせないペニーローファーを紹介していこう。

ペニーローファーの魅力は?

靴紐を結ぶ必要がないので、脱ぎ履きが非常に簡単で運動性にも優れている。カジュアルかつ品の良い見た目はきれい目スタイルにはもちろん、デニムなど合わせるパンツを選ばないというのも魅力のひとつ。革靴ながらも堅くならず気負わずに履けるデザインなので、一足持っておくとコーディネートの幅が広がるはずだ。

ローファーがマッチするシーン

履くだけでワンランク上のおしゃれが楽しめるので、休日のプレイベートタイムやちょっとしたパーティーシーンなどにオススメだ。アメトラスタイルがファッションの根底にあるニューヨーカーたちは、ビジネスシーンでもローファーを着用しているのを見かけるが。が、やはりカジュアルなイメージが強いため、ビジネスシーンには不向きと言える。

ローファーを着こなす、着こなしサンプル3コーデ

ジーンズを取り入れたカジュアルなスタイルは足元にローファーをプラスすることで引きしまり、大人っぽい雰囲気を演出できる。インナーにはタートネックを取り入れてトレンド感を演出した。

ダウンベストとニットを合わせた季節感のある着こなし。ダウンやニットはどうしてもボリューム感が出てしまうので、細身のパンツとローファーを組み合わせてバランスを調整したい。また革靴が入ることで着こなしが上品な印象に仕上がる。

ワイド気味なパンツとミニマルなノーカラーのカーディガンを合わせたモードな着こなし。ワイドなパンツとすっきりとしたペニーローファーを合わせることでメリハリが生まれコーディネートを格上げしてくれる。

これを押さえれば間違いない! 主要ペニーローファー5選

『G.H.バス』といえばキング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンが愛用していたことでも有名。こちらのローガンは、ブランドを代表する定番アイテムで、ベーシックなデザインながらもガラスレザーの光沢感が品の良い雰囲気を醸している。

ローファーを選ぶなら、『セバゴ』のアイコンともいえるベーシックなこちらのクラシックも見逃せない。アッパーには、履き込むほどに足になじむプレミアムフルグレインレザーを使用。自分だけ一足になっていく経年変化にも注目したい。

アメリカ製にこだわり、昔ながらの職人の手縫いで作られた高品質な一足。プラグのエッジを出さないモカシン縫いやフルレザーライニングなど、モカシンローファーとしては圧巻の仕上がりとなっている。

グリップ力に優れたオリジナルのソールを採用しており、快適な履き心地と高い耐久性が特長。アッパーには水に強いレザーを採用しているので急な雨にも安心だ。見た目にボリューム感はあるものの足なじみも良く、シンプルなデザインでバランスの整った一足。

アジアの実力派ファクトリーブランド『ジャラン スリウァヤ』の一足は、アッパーにカーフレザーを使用した上質なデザイン。グリップ力が良く、水を吸わないダイトナイトソールを採用しているので雨天時でも安心して着用できる。

KEYWORD関連キーワード
ローファー
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事