狙い目!アウトドアブランドのトップス選び3のオキテ

アウター類に隠れがちだが、アウトドアトップスも機能やデザインに優れたモノが多く存在する。そこで、選び方の傾向と対策をレクチャー。狙い目のアイテムをお届けする。

菊地 亮

2015.11.27

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

引き立つモノより馴染むモノを選ぶのがスタンダード

ZOZOTOWN

アウトドアウェアは、何物にも縛られない自由な雰囲気がいい。だから時にはネイティブ柄やカラフルなマルチパターンをあしらっている場合が多い。しかし、それを街で着るとなればハードルは一気に上昇。心の解放よりも着こなしの自由を広げる、汎用性の高いモノを選ぶのが先決で、それにより普段着に落とし込める。

オキテ1:定番のアイテムを選ぶことでポテンシャルの高さを実感できる

さまざまなシーンで、アウトドアが街で受け入れられてきたことを実感するだろう。そのひとつとして、アウトドアブランドが展開するアパレルの充実ぶりがあげられる。中にはカジュアルシーンでお馴染みのアイテムも。そのうえ、山ブランドならではの機能性も備えているから着るほどに良さを実感できるはず。

Item1

ZOZOTOWN

オーソドックスなボタンダウンシャンブレーシャツだけに、普段のコーデにも違和感なく合わせられる。さらに、高い消臭性能と吸水速乾性のあるマキシフレッシュ素材を混紡。

Item2

ZOZOTOWN

一見、肌触りのいいスウェット生地のフーデッドパーカも、実はサンプロテクション機能を備えたオムニシェイド仕立てで、紫外線を98%カットできる優れもの。98%カットすることができる優れもの。

Style1

WEAR

チマヨ柄のベストやキャップ、スニーカーに加え、ボトムスはクロップド丈とがぜんカジュアルなスタイリングながら、『ザ・ノース・フェイス』のギンガムチェックシャツで格上げを実現。

Style2

WEAR

高い吸湿拡散性を持つアルファドライ繊維仕様だから、気兼ねなくガシガシ着られる白シャツが品の良さを適度に主張。ワークベストとのギャップもユニークなアプローチ。

Style3

WEAR

上下でスウェット地のアイテムを使いながらも、“パジャマ”に見えないのは、全身をペールトーンで統一し、アグレッシブに上下のシルエットで差をつけているため。

オキテ2:アウトドアブランドのニットがいい

一般的なウールニットはもはや冬のベーシック。その温もり、素朴さと上品さを兼ね備えたルックスはとても心強い。ただ水などに弱く、着るたびに浮き上がるピーリングなど悩みの種も実は少なくない。それらを概ねケアしているのがアウトドアブランドのニット。これなら何も気にせず着られること間違いない。

Item1

ZOZOTOWN

伸縮性が高く体へすんなりフィットするこちらのニットは、メカニカルストレッチ素材T-400にウールを混紡したハイブリッド素材。洗濯にも強いイージーケアも強み。

Item2

ZOZOTOWN

ふっくらとした編みあがりのニットも、実は糸にナイロンを使って作られている。重さが出ないよう5ゲージで優しく織り込み、ハニカムの織り柄で仕上げたことで立体的な表情に。

Style1

WEAR

ニットは細身のシルエットだけに、ダウンベストとのレイヤードも余裕。胸元のジップをオープンしながら、インナーのチェックシャツをさり気なくアピールした点も好評価。

Style2

WEAR

ニット一枚のシンプルな着こなしだけに、ヘリンボーンやアーガイルなどマルチパターンの織り柄をあしらった豊かな表情がいかされている。クリーンな白パンのアシストも絶妙。

Style3

WEAR

軸はシャツ、スラックス、ローファーとドレスよりながら、ほっこり顔のカーデやイヤーマフ付きのキャップ、ボトムスの丈感など、絶妙な引き算によるカジュアルダウンがお見事。

オキテ3:プレーンなアースカラーでシーズン感をプラスする

ネイビー、モノトーンが注目を浴びる中、次なる流行色として囁かれているのがアースカラー。ブラウン、カーキ、ベージュといった季節を感じさせる色彩は合わせやすさもひとしおで、全体に落ち着きをもたらしてくれる。アウターなどでは“狙ってる”感が出やすいのでインナーでさり気なくを基本スタンスに。

Item1

ZOZOTOWN

ウールを編み込んだようなほっこりビジュアルだが、こちらはポラーテックス社製サーマルプロ仕様のれっきとしたフリース。ポリエステル100%で、防寒性能もハイレベル。

Item2

ZOZOTOWN

ウール90%にナイロンを10%ミックスした厚手シャツ。温かさを持続し、さらに耐久性も高めた一着で、着やすさを視野に入れシルエットはゆったりめに設定されている。

Style1

WEAR

ベーシックなアメカジルックに、シャープなブラックの引き締めが効果的。『ビルケンシュトック』のサンダルやハンチングで、さり気なくハズしを加えたところにセンスを感じさせる。

Style2

WEAR

ダウンベストにネルチェックシャツ、そしてクライミングパンツにビンブーツと、着こなしはとことん直球系。オーセンティックなスタイリングに柄のアクセントで個性派アピール。

Style3

WEAR

トレンドのカーキをインナーダウンへ採用。フラワー柄の甘系シャツをトップスに合わせても、ブラックパンツとも相まってがぜん引き締まる。アウターとの色合わせもいい。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
トップス
アウトドアファッション
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

山崎 サトシ

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ