ノリノリで話してるその話題、女子は退屈している!?

「俺って話し上手」と思っている男性ほど要注意。聴いている彼女は本当に退屈していない? 会話の盛り上がりは話術以前に、話題のセレクトに左右されるものなのです。

村上 朋子

2015.11.15

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

退屈な話1:車や格闘技など、THE 男子的趣味

車やAV機器といった男性的な趣味から、男性人気の高い漫画や格闘技など、相手が興味のないものについての話題がまったくNGというわけでありません。ただ、「どう話したら彼女も関心を持ってくれるか」に心を配らず、自分が好きなものを延々と話されると、聴かされる側はつらすぎ……。

退屈な話2:テレビで見た内容そのまんまのネタ

「テレビでやってたんだけどさ」「タレントの◯◯がこんなこといってた」などの話題は、イマイチ知性を感じられず辟易している女性が多数。せめて、それを見て自分はどう感じたかというプラスαの要素を付け足したり、そのテーマを通じて意見交換をしたり、会話が盛り上がるよう配慮して!

退屈な話3:鵜呑みにしちゃダメ! ネット情報

ネットの話題も然り。ニュースサイト、コラムサイトは別として、近年多いまとめサイトが情報源のすべてで、鵜呑みにして話のネタにするのは考えもの。また、SNS経由の話題も取り扱い注意です。ヒマさえあればネットに張りついている、というイメージもプラスにはなりにくいでしょう。

退屈な話4:「アイタタタ……」な過去の武勇伝

年長者から「昔は俺も悪くて」と自慢話を聴かされ、アイタタタ……となったことはありませんか? 学生時代、新入社員時代、前職などなど、聴いている相手が知らない時代、場所での自慢話は、証明しようもないだけにいくらでも吹かせます。結果、自分がイタい人に見えるだけなので要注意!

退屈な話5:狭い世界での内輪ウケ武勇伝トーク

狭いコミュニティのなかでの自慢話も、外にいる人には大変伝わりにくいため、避けたほうがベター。サークルでの内輪ウケ的武勇伝や、ネットの世界で有名などという話は、身内だけにとどめておいたほうがよさそう。二人でいる時は、その人と共有できる話題を選ぶのが無難です。

退屈な話6:「彼とは知り合い」的な人脈自慢

「誰々と知り合い」「彼とは友だち」といった人脈自慢ほど、自分を空っぽに見せるものはありません。友だちはスゴいけど、あなた自身は何なの!? という印象しか残りません。相手に知ってもらいたいのは自分自身のことなのか、ほかの誰かのことなのか……。考え直したほうがいいでしょう。

退屈な話7:ほかの女性についての話題は要注意

輪をかけてNGなのが、知り合いの女性についての話。共通の知り合いでも、あまりひんぱんに話題にするのは避けるべきですが、彼女の知らない女性については言わずもがな。たとえ好意がなくても、相手が聴いていて楽しいものにするには、かなり高度な話術が必要です。その自信がある人だけどうぞ。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
モテ・好印象
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

平 格彦

大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

キャップはシーズンを問わずおしゃれに活用できる優れモノ。そこで、大人ならではのかぶり方や選び方、そしてコーデへの取り入れ方を徹底的に紹介します。

Freeamericanidol編集部

ボサボサはNG。かっこいい大人のひげスタイルと整え方の基本

ワイルドでたくましい雰囲気を高めるひげですが、作り方で印象が良くも悪くも転ぶので周到な手入れが必要。上手に付き合ってひげスタイルをよりかっこよく演出しましょう。

橋本 裕一

大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

近間 恭子

何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選20モデルを紹介

スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作、注目作も合わせて紹介します。10ブランド、全20モデルは必見です!

本間 新

ミリタリーはやっぱりいい。武骨な男たちへ送る本格派ブランドの一手

我々が戦地に赴くことはおそらくない。しかし、シビアな環境に身を置く兵士たちのために開発されたミリタリー服には憧れを抱くし、グッとくるのが男という生き物なのだろ…

山崎 サトシ