センスが光る、MoMAのセレクトした腕時計に注目しよう

MoMA=The Museum of Modern Artは、高感度なプロダクトを販売するストア。そこでセレクトされた腕時計は見た目に美しく、デザイン的に優れモノが揃います。

黒野 一刻

2015.11.09

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

モダンアートの“総本山”です

MoMA STORE

ニューヨーク市に1929年に創設されたMoMA=The Museum of Modern Art(ニューヨーク近代美術館)は、現代に至るモダンアート、コンテンポラリーアートを収蔵する、近現代芸術の“総本山”的な美術館です。その収蔵品は多岐にわたり、多くの人々にインスピレーションを与えてきました。

その存在はユニークそのものです

MoMA STORE

多様な地域、国、人々に対してモダン&コンテンポラリーアートに対する深い理解と喜びを奨励する場として活動するMoMAの収蔵品は幅広く、建築やプロダクトのデザイン・設計、さらにプロダクトにも及んでいます。それには時計も含まれ、いくつかの時計やそのデザイン画が、永久収蔵品となっているほどなのです。

ストアはミュージアムショップの延長として展開

MoMA STORE

著名な博物館にはミュージアムショップは欠かせません。MoMAも博物館自体にショップを設けるだけでなく、世界各地にMoMAストアを展開しています。それは博物館の収益を助けるというだけでなく、製品を選び抜き、モダンアート、コンテンポラリーアートに通じる優れたデザインを世界に広める役目も負っています。

日本のストアにも愉快な腕時計が並びます

アール・デコやバウハウスといった、機能主義的デザインの思潮をデザインに受け入れてきた腕時計は、まさにモダンアートの申し子的なプロダクトです。東京・表参道ヒルズの斜め向かいにある日本のMoMAストア(東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F)にも、一度訪れて、高感度なプロダクトの数々に触れてみたいものです。

私的なMoMAストアのウォッチ5選

スイス国鉄ご用達の機能主義が秀逸『モンディーン』スイス レイルウェイ ウォッチ エヴォ

MoMA STORE

『モンディーン』は、スイス国鉄の駅に置かれている時計を納入している名門ブランドです。そのデザインはMoMAに収蔵されており、これをを模した腕時計は、MoMAストアのベストセラーです。ブラック&ホワイトのコントラストが際立つ文字盤に、先端を円盤状にした秒針のレッドが鮮やかです。

北欧デザインの源流が見て取れる『アルネ・ヤコブセン』シティホール ウォッチ

MoMA STORE

アルネ・ヤコブセンは、20世紀で最も影響力を持つと言われたデンマークの建築家兼デザイナーです。1956年にルードレフ市庁舎を設計した際に手がけた時計もミニマリズムを極め、その姿をそっくり再現したこの腕時計も、シンプルこの上ありません。調整ボタンを時計の裏に配し、リューズさえ排したデザインが潔いです。

オールウッドという驚き『ロレンツォ・バッファ』カーペンター ウォッチ ライトウッド

MoMA STORE

木製でないパーツは、中身の機械のほか数えるほど。ベルトでさえ、革とベニヤを貼り合わせたという徹底ぶりです。2013年から展開されているプロダクトですが、早くもベストセラーの仲間入りで、優れたデザインのプロダクトを奨励する、MoMAのキックスターターというプロジェクトでも選ばれたスグレモノです。

針をセンターからズラす大胆な発想『デニス・グイドーネ』クロスオーバー ウォッチ

MoMA STORE

ピックアップスティックゲームにインスピレーションを受けたというデザインが独創的。微妙にセンターを外して取り付けられた3本の針がそれぞれ時、分、秒を差しますが、日本人なら「箸?」と思う形状で、微笑ましくなります。インデックスもないため、瞬間的な時刻の把握には向きませんが、針の動きがとても愉快で楽しめます。

アナログで時刻を数字で表示する『ダニエル・ウィル=ハリス』リヴィール ウォッチ ブラック

MoMA STORE

アナログ時計ですが、文字盤に数字が表れて、時・分を表示します。種を明かせば、スリットの入った円盤が針の代わりに回転するという仕組み。円盤回転に応じて、その下にある文字盤のインデックスが出現するというわけです。オールブラック仕様では、ホワイトのインデックスとのコントラストが強く、印象的です。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
腕時計
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

編集ムタガミ

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

アメリカの特殊部隊をはじめ、過酷な現場で活躍する著名な公共機関が採用。タフネスウォッチの代表格として君臨する『ルミノックス』の、その魅力を再確認します。

夏目 文寛

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

腕時計とは本来、時を知るための実用的な道具。そんなことを思い起こさせてくれるのが、見た目も機能も誠実に作られた『セイコー ブライツ』のラインアップです。

増山 直樹

これを待っていた。オールブラックのベンチュラが示す、“定番”の新たな地平

腕時計に詳しくない、という人でも扇形に広がるアシンメトリーデザインには見覚えがあるだろう。「カーキ」や「ジャズマスター」と並び、米国発の老舗腕時計ブランド『ハ…

編集ムタガミ