ゴルフ&テニスで身に着ける腕時計は、タフさを最重視

優雅なスポーツに見えるゴルフ&テニスですが、ボールを打つ時にかかるインパクトは時計の精度を狂わせます。腕時計にとって過酷な仕打ちにも耐えるものを選びましょう。

黒野 一刻

2015.10.16

優雅系スポーツは、時計の意外な大敵

テニスやゴルフはお金持ち系のスポーツに思えますが、本気でやればハードなものです。そしてどちらも、腕時計に対してはあまりよい状況とは言えません。テニスなんか典型で、落ち着きなく身体を動かし、ボールをハードヒットします。中の機械は揺れ、機械式、クォーツを問わず、その振動がよい結果をもたらすことはありません。

腕時計は精密機械なんです

ゴルフもボールをハードヒットする以外、動きは激しくないですが、多少はマシという程度です。機械式なら精度をつかさどる脱進機やヒゲゼンマイの動きが乱れ、アナログクォーツも、ステップモーターや歯車がズレる可能性があります。デジタルなら多少はマシですが、基盤や集積回路が不安です。精密機械だということをお忘れなく。

合わせて読みたい: デザインと機能の両得。おしゃれなゴルフウェアが手に入るブランドはココ

耐衝撃ということをしっかり考えましょう

ここでは耐衝撃ということを考えて、時計を5つピックアップしてみました。3つはクォーツですが、2つは機械式。機械式のうちひとつは、中古モデルで、滅多にお目にかかれないハイテク素材系のラグジュアリーブランドの1本。もうひとつは独創的なゴルフ専門モデルです。こんな時計を腕にコートやコースに出てみたいものです。

ボールを思いっきり叩ける腕時計を厳選してみました

錦織選手ご用達モデルです『タグ・ホイヤー』プロフェッショナル スポーツウォッチ

テニスの錦織圭選手は『タグ・ホイヤー』のアンバサダーで、彼の名を冠したスペシャルモデルもありますが、試合中はこの時計を着用しています。ラケットのスイングなどで生じる4~5倍の衝撃となる5000Galの加速度にも耐えます。構造や時計本体の素材に加え、ベルトの素材まで耐衝撃性に配慮した賜物です。

壊そうとしても壊れない時計なら安心『ビクトリノックス スイスアーミー』イノクス

時計を壊そうとしているとしか思えない試験項目をクリアした、恐るべき時計の2015年新色モデルです。耐衝撃という点では、時速50kmで30m下のコンクリートの床に落下させるという項目があり、素人のテニスやゴルフのボールのインパクトくらいではビクともしないでしょう。頼もしさで右に出る時計はありません。

合わせて読みたい:
そこまでするか。圧倒的タフネスで大人を魅了するビクトリノックスの腕時計

中空ガードを極めたMT-Gの最新モデル『カシオ』MT-G MTG-G1000D

G-SHOCKの上位モデルでハイブリッド構造を採用したMT-Gの最新モデル。2015年9月に登場したばかりです。普通の衝撃に加え、細振動や遠心重力にも耐えるトリプルGレジストと、ムーブメントに衝撃を伝えない中空構造とショックアブソーバー機構を兼備した新コアガード構造を採用。スポーツくらいではへこたれません。

ナダル選手愛用モデルの発展形です『リシャール ミル』RM035 ラファエル・ナダル クロノフィアブル

テニスのグランドスラマーにして、全仏マスターと呼ぶべきラファエル・ナダル選手が、試合中も愛用する耐衝撃モデルからトゥールビヨン機構を外してシンプルな3針モデルとし、信頼性が向上。特殊なマグネシウム合金やアルミニウム合金を素材に用い、重量は約50g。プレー中に、つけていることを忘れてしまいそうです。

ゴルフ専門に開発された機械式時計『ヤーマン&ストゥービ』セント アンドリュース リンクス ST1

ゴルフ発祥の地“セント アンドリュース リンクス”をリスペクトし、正規品の売り上げはオールドコースの維持費に寄付されます。ボールインパクトの衝撃に耐える上、左側面のボタンを操作し、プレイを終えたホール数、ホールのストローク、総ストロークを記録できるゴルフ専門ウォッチ。超独創的です。

KEYWORD関連キーワード
腕時計
スポーツファッション
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

夏目 文寛

本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

Freeamericanidol編集部

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

“バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

髙須賀 哲

それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

黒野 一刻

ハミルトンの名機10選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

アメリカ経済の発展期に創業した『ハミルトン』は、鉄道時計や軍用時計の開発で信頼性を高めた。現在はスイスを拠点に、高コスパかつ高品質な腕時計を手がけている。

ワダ ソウシ