1本でコーデがあか抜ける、薄色デニムが今季は狙い目

肌寒い季節になると、どうしてもコーデが暗い印象になりがち。今年ぜひ持っておきたい淡色系デニムは、それ1本で冬のメンズコーデをブラッシュアップしてくれます。

藤井 怜子

2015.10.12

何かとダークトーンを選びがちな季節は、ボトムスの色で脱マンネリを図ろう!

オールシーズン活躍するデニムボトムスのなかでも、秋冬に向けて注目したいカラーは淡色。モノトーンとの相性は言わずもがな、アースカラーもバランスよく仕上げてくれます。そんな優秀アイテムを、選ぶ際に注意したいポイントとともにお届けします。

ポイント1:淡色初心者が買うべきなのは、クリーンな印象のウォッシュドタイプ

明るめカラーのボトムスに抵抗のある方でも挑戦しやすいのが、ウォッシュの縦ラインが美しいタイプ。写真の『レッドカード』のストレートウォッシュドデニムは、程よいフィット感が美脚シルエットを叶え、コントラストの薄いウォッシュド感はクリーンかつ軽やかな雰囲気を醸し出してくれます。スニーカーやローファーなど、選ぶ靴でさまざまな表情を見せてくれるのも高ポイント。

■合わせて読みたい:
レッドカードのジーンズは、なぜおしゃれな大人に愛されるのか?

ポイント2:差をつけるなら、ディテールにこだわりのある1本を

一見するとシンプルな薄色デニムですが、ちょっとしたディテールにこだわりがある1本なら自然と差をつけることが可能。たとえばデニムブランドとして名を馳せる『ジミータヴァニティ』のスリムは、膝裏に入る独自のデザイン性で、簡単に周りと差別化ができます。この切り替えはデザインだけでなく、ひざの曲げ伸ばしやすさの助長のほか、美脚効果も期待できます。

ポイント3:細身シルエットで無機質なカラーの1本を選べば、モード顔にも対応できる

今年の夏に大活躍したホワイトデニムの代用として使えるアイシーカラーなら、スポーツミックスやモード系のコーデとも相性抜群。手ごろな価格帯でスリムフィットを選ぶなら、『チープマンデー』の1本がおすすめ。ボリュームのあるスニーカーと合わせて、今日的なスタイリングにまとめるのがおすすめです。

ポイント4:売り切れ必至! 価格重視でも満足できる1本が揃うのも薄色デニムの魅力

淡色デニムのパフォーマンスのよさは百も承知、だけどプライスは抑えたいし、かといってシルエットや色に妥協はしたくない。そんな願望にも応えるプライスの1本が揃うのも、薄色デニム魅力です。その代表格が『ハレ』のジーンズ。
シルエットや色味に優れているので、ロープライスながら十分にトレンドを抑えることができます。

薄色デニム、はきこなすポイントは“ペールトーン多め”

薄色デニムの魅力は前述のとおり、クリーンで清涼感ある雰囲気。これを活かすべく、コーディネートに加える際は、ライトグレーやホワイトなどの明るめカラーのアイテムと組み合わせるのが今季的に仕上げるポイントです。

ホワイトカラーのスウェットにスニーカーに薄色デニムを合わせた着こなしは、コーデと同系色のクラッチバッグでほんのり変化をつけたのがポイント。

ペールトーンのTシャツ&ジーンズに対して、ジャケットとスニーカーはネイビーをチョイス。割合を約6:4にして少しメリハリをつけることで、薄色デニムの存在感を際立たせました。

注目アイテムのタートルネックニットにロング丈のカットソー、そしてデニムは薄色を選んだ今っぽいバランス感が特徴。小物にビビッドカラーを合わせて遊び心を加えた、上級者向けのスタイル。

KEYWORD関連キーワード
ジーンズ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事