今季のトレンド、ワントーンコーデをWEARから探る!

ワントーンで統一した着こなしは、今季注目されているメンズコーデのひとつ。クールで都会的な印象が漂う、ワントーンコーデの取り入れ方を紹介する。

NAKAYAMA

2015.09.28

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

ワントーンコーデとは

ワントーンコーデの人気は今にはじまったことではない。というよりも、定番化していると言ったほうが正しいかもしれない。
秋冬の身だしなみを色で統一することにより、セットアップを着ているようなスタイリッシュさがうまれるのだ。そのことにいち早く気づいているおしゃれ人をWEARから見つけ出し、皆さんにご紹介しよう。

Style1:ダークトーンを基軸とした大人コーデ

WEAR

シャープな印象のダークトーンでまとめられた着こなし。秋冬素材を使用した『フリークスストア』のカットソーからは、さり気ない温もりを感じる。テーパード仕様が今っぽいパンツは『グラミチ』のモノ。ビビッドのネックレスがコーデのアクセントになった、肩肘張らないお手本コーデだ。

Style2:清潔感溢れるホワイトコーデ

WEAR

近年のワントーンコーデの火つけ役と言っても過言ではないホワイトコーデ。生地から季節感を放つカットソーは『エディフィス』、脚のシルエットを美麗に魅せてくれるパンツは『ビューティ&ユース』、レイヤードで全身に奥行きを出したカットソーは『ウィゴー』のモノ。人気セレクトショップのアイテムを上手に融合させた。

Style3:万能色のグレーを効果的に活用

WEAR

ロング丈コートやインナーの重ね着ワザ等で立体的に構築されたワントーンコーデ。マットクロスやボア等の素材で秋冬らしさを表現した。中に着用したボアベストとコートはともに『カズユキクマガイ アタッチメント』のモノ。都会的なモードスタイルに仕上がった。

Style4:好感度◎のネイビーを味方につける

WEAR

男女問わず好感度を狙えるネイビーを上下に迎えて、大人な秋スタイルを表現した。人気急上昇中の太パンツでシルエットに変化をつけたクラシカルな佇まいもポイント。ハットもネイビーに揃えたことで統一感がグッと増加。『ジュンレッド』で全アイテムをセレクトしたあたりにもセンスを感じる。

Style5:ライトなブラウンで落ち着きのある大人を表現

WEAR

ペールトーンのブラウンを選んだことで、自然体な秋スタイルに仕上がったコーデ。『エンジニアド ガーメンツ』のジャケットで上品さを全身に加味し、インした『フリークスストア』のカットソーでカジュアルダウンを図り、メリハリをつけている。『 ユケテン 』の靴と『トリーレザー』のベルトで引き締め効果をプラスしたのはお見事。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
秋の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

季節の変わり目、とくに肌寒い時期に重宝するのがカーディガン。ベーシックなデザインから旬顔まで、タイプ別にカーディガン着こなし術を解説します。

平 格彦

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦