あの名作がモチーフ! エンダースキーマの革靴

レザー製品を展開するブランド『エンダースキーマ』。オリジナル商品もすてきですが、名作と呼ばれるスニーカーを革で再構築したオマージュラインが注目を集めています!

編集イトウ

2015.02.18

クラフトマンシップあふれるヌメ革を使用した1足はカジュアルにもドレスにも履ける

熟練した技を持つ浅草の革職人たちによる手仕事が、温もりあるシューズやレザーグッズを生み出す『エンダースキーマ』。レザー本来の持ち味を活かしたプロダクトに定評がありますが、特に多くのファッショニスタから支持を集めるのが、誰もが一度は目にしたことがあるスニーカーをヌメ革で作るオマージュラインです。

Item1まずはこちら。スニーカーのロールスロイスと称された、今では入手困難のレアな1足!

答えはプレステージな履き心地が特徴の『ニューバランス』 M1300

デザイナーのラルフローレンが「雲の上を歩いているようだ」と絶賛したとされるM1300は、残念ながら今現在は発売されていませんが、後継モデルとして発売されたM1400が今は購入可能。抜群の履き心地と大人顔がウケて、今や大人スニーカーの代名詞的存在に。

Item2お次はコレ。人気ショップ「ロンハーマン」などのスタッフも愛用しているアレです

シンプルイズベスト! 『バンズ』のクラシックラインを代表するアイコンモデルのエラ

『バンズ』の初号モデルであるオーセンティックの履き口周りにクッション性の高いパッドを加え、よりスケートの激しい動きをサポートするスタイルで生まれたエラ。シンプルで美しいシルエットは、幅広いスタイルにマッチします。お手ごろプライスなのも◎。

Item3ややマニアック!? 人気ブランド『マルタンマルジェラ』が毎季展開する1足の元ネタ。

答えは多くのファッションブランドに影響を与えた『ジャーマントレーナー』

70~80年代にドイツ軍のトレーニングシューズとして誕生した『ジャーマントレーナー』。当時誕生したとは思えない完成されたデザインは、今なお世界的なメゾンブランドにも影響を与える存在。柔らかなクッションとガムソールが、足の負担を軽減します。

ちなみに、こちらが『マルタンマルジェラ』がジャーマントレーナーを元ネタにした1足

毎シーズン展開される、『ジャーマントレーナー』を元ネタとしたスニーカー。14-15AWコレクションの1足は、淡いベージュのボディに色とりどりのペイントが施されたインパクトのあるデザイン。秋冬物ですが、明るめの配色なのでこれからの時期にも◎。

Item4ブランドの中では比較的シンプルなデザイン。オーソドックスなスタイルが人気の1足。

『ナイキ』ブランド発足時に誕生した処女作。今も人気のコルテッツが元ネタです!

クラシックランニングシューズの金字塔として、登場以来細かいディテールは変わるものの継続して人気の高いコルテッツ。ナイロン素材からレザー素材まで多くのマテリアルで製造されていますが、このモデルは70年代のオリジナルを忠実に再現しています。

名作スニーカーをオマージュし、上質なヌメ革で仕立てられると印象がガラッと変わりますね。定番モデルは好きだけど、周りとは差をつけたい。子供っぽく見えそうで、スニーカーに抵抗がある。そんな人に『エンダースキーマ』のレザースニーカーをおすすめします。

KEYWORD関連キーワード
スニーカー
エンダースキーマ(Hender Scheme)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

Freeamericanidol編集部

ワークブーツの5大人気ブランドを厳選。注目ラインアップを総ざらい

あきれるほど頑強で履き込むほどに表情が変わるワークブーツは、男の物欲をくすぐる一生モノ。5大人気ブランドと有力モデルを把握して、自身の相棒を見つけよう。

NAKAYAMA

本質を知る大人の街で、久留米の技が生んだ特別なスニーカーに出会う

子供のころに初めて履いた上履きが『ムーンスター』だったという人は、実は少なくない……、という書き出しにもすっかり手垢がついてしまった。MADE IN KURUMEだからこそ…

編集ムタガミ

70年の歴史を宿して。このスニーカーと、この先もずっと

トレンドの先端を行くようなダッドスニーカーもいい。並ばなくては買えないような限定プレミアスニーカーも素敵だ。でも、さまざまな経験を積んで自分のスタイルを持つ大…

増山 直樹

春支度は足元から。限定モデルでセンス良く、軽やかに

1月も半ばを過ぎると、各ショップには春物がちらほら。とはいえまだまだ寒い今、春服に手を出すのは時期尚早と感じる人もいるだろう。そんなときにおすすめしたいのが、…

Freeamericanidol編集部