男らしさを強調する、メンズ向けキーリングを集めた!

女性ほど、身に着けられるアクセサリーの幅が広くはないメンズファッション。だからこそ狭く奥深く。今回は、男っぽさ満点の“キーリング”を掘り下げます。

AI

2015.09.19

ポケットやバッグのポイントとなるチャーム、こだわってる?

「この人センスいいな」と思わせるポイントとして、細部の小物にまで気を使うことって重要。例えばポケットやバッグからおしゃれなカラビナやキーホルダーが見えたら、「それどこで買ったの?」って思わず聞きたくなっちゃう。チャームは、探すと本当に色んな種類があるから、ハマったらコレクションしてしまうかも!

今選びたいキーリング5選

Item1無骨さが男前なキーリング!

『アンソロジーアンドコー』のシルバーのキーリングは、シンプルなデザインだけど、太めチェーンがワイルドさを表現。デニムアイテムともよく合う。ワークウェアが好きな男性にぴったり!

Item2『エクストララージ』のカラフルなカラビナ

『エクストララージ』お馴染みのゴリラマークはもちろん健在。アウトドアで使用するアイディアグッズを 数多く生産しているアメリカの小物メーカー、ナイトアイズ社の別注で作られたもの。華やかさがあるので、ギフトとしても絶対喜ばれる!

Item3クラフトマンシップあふれるレザーキーホルダー

デニムやワークパンツのベルト通しにひっかけるだけで、たちまち男らしさが倍増するレザーキーホルダー。この、ちょこっとアクセントがシンプルコーデをフツーからおしゃれに変身させてくれる。

Item4フラッグロゴが上品な『トミーフィルフィガー』のキーホルダー

シボ感のあるタグの素材の風合いがこだわりを感じさせます。大切な鍵をまとめたり、愛用のバッグに提げてアクセントに。エレガントなデザインなので、きれいめパンツに合わせても上手にまとまる。

Item5レザーの味を楽しめる、カモ柄キーホルダー

カモ柄のレザーを使用したキーホルダー。中が隠れるため、キーケースとしてもの使用も安心。何と言ってもすばらしいのは、レザーアイテムは、経年変化楽しむことができること。キーホルダーとしてではなく、ネックレスとしてもおすすめなアイテム。

キーリングを取り入れる着こなしサンプル

シンプルに鍵を1つつけるだけなら、がちゃがちゃしないので子供っぽくなる心配も無用。大人のキーリングスタイルの基本とも言えますね。

エルクの角とエボナイトアンティークビーズでくつられたキーリング。ネイティブ感あるレイヤードは今季もトレンドなので、流行を意識するならこういった組み合わせに挑戦してみては。

キーケースタイプならバッグに付けるのも一案。シンプルなバッグならアクセントとしても活躍してくれるので、一石二鳥です。

ウォレットチェーンにカナビラ、アクセサリーチャーム、キーホルダーなどは、小さいからこそたくさん集めたくなる! 毎日チェンジするのもよし、同じアイテムを擦り切れるまで使うもよし。自分の肌に馴染むキーリング、1つあるといいですよ。

KEYWORD関連キーワード
キーケース・キーアクセサリー
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

平 格彦

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太