人気セレクトショップのオリジナルブランドに迫る!

セレクトショップのオリジナルブランドはスタイリッシュに上で外せない存在。そこで今回は、マストで押さえたい人気8ショップのオリジナルブランドを紹介します。

大中 志摩

2015.09.16

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

オリジナルブランドの人気の秘密は?

ZOZOTOWN

セレクトショップが独自に展開しているオリジナルブランドの人気の秘密は、トレンドを反映させたアイテムが低価格で購入できるコストパフォーマンスの高さにある。また、オリジナルのアイテムはベーシックかつスタンダードなデザインが多く、幅広いスタイリングにマッチする汎用性の高さも魅力のひとつだ。

何もオリジナルブランドはひとつじゃない!

今回は、各ショップ名を冠したメインブランドをピックアップしたが、ショップによっては10個以上のブランドラインを手がけているところも。それぞれブランドラインによって価格帯や取り扱っているアイテムのテイストも変わってくるので自分のスタイルにあったオリジナルブランドを探してみて。

Brand1『ユナイテッドアローズ』

豊かさと上質感をキーワードに、ハイグレードなライフスタイルを追求する『ユナイテッドアローズ』。同ブランドの中で特にオススメしたのがドレス仕立てのカジュアルシャツだ。上質な生地を使用しているので高級感があり、上品な大人のカジュアルスタイルが楽しめる。

Pick upラージ ギンガムチェック ボタンダウン シャツ

ZOZOTOWN

大きめのギンガムチェック柄を配したボタンダウン仕様のドレスシャツ。スーツスタイルやジャケットと組み合わせればリラックス感のあるスタイルを演出することができる。ギンガムチェックの印象が強いのでソリッドタイなど柄の少ないタイと合わせるのがオススメ。

Brand2『ビームス』

日本にあるセレクトショップの中でも第一線で活躍している『ビームス』。グローバルな視点からさまざまなトレンドを取り入れた今日的なカジュアルスタイルを提案しているオリジナルレーベルは、1976年にショップ創立とともに生まれた。ファッションだけでなく雑貨まで取り扱う幅広いラインアップが魅力。

Pick upフリース チェスター コート

ZOZOTOWN

これからの季節にぴったりなキャメルカラーのチェスターコート。ライトメルトンのような見た目だが、素材にはフリースを使用している。軽量で保温性に優れているので着心地も抜群。シンプルなデザインながらもコーディネートに程良く抜け感をプラスしてくれる。ストレッチが効くので着用時のストレスを感じさせない。

Brand3『シップス』

日本の3大セレクトショップのひとつである『シップス』。ジャケットや靴などは、海外のマイナーなブランドも取り扱っており、ほかにはない独自のセレクトが光る。オリジナルブランドに関しては、日本製や生地縫製にこだわったアイテムが多く、品質の良さが魅力的だ。

Pick upツイル ステンカラーコート

ZOZOTOWN

独特なウェット感が特徴のステンカラーコート。グレンチェック柄のライナーには、3M社のシンサレートを中綿に使用している。前身頃をセットインスリーブ、後身頃をラグランスリーブにすることで動きやすく、スタイリッシュなデザインへ仕上げた。きれいめからプレッピーまで幅広いスタイルで活躍してくれる。

Brand4『ジャーナルスタンダード』

アメリカンテイストのカジュアルなアイテムを得意とする『ジャーナルスタンダード』。ベーシックでスタンダードなアイテムと旬なアイテムを組み合わせた独自のセレクトが人気を集めている。

Pick up5GGコットンケーブル クルーニット

ZOZOTOWN

インディゴ糸で編み上げたミドルゲージのプルオーバーニット。ベーシックなケーブル編みのデザインながらも、程良い重量感が感じられる仕上がりとなっているのでこれからの季節インナーとしてもアウターとしても重宝する。やや細めのシルエットを採用しているのですっきりと着たい人にもオススメ。

Brand5『ナノ・ユニバース』

東京カジュアルをベースに、イギリス、フランス、イタリアなどのヨーロピアントラディショナルを織り交ぜた洗練されたアイテムを展開している。また、ほかのセレクトショップに比べてリーズナブルな価格設定も『ナノ・ユニバース』の特徴。

Pick up撥水コーチジャケット

ZOZOTOWN

アメリカの代表的な上着のひとつでチームユニフォームなどにも用いられているコーチジャケットを現代的なサイズ感にアレンジした。素材にはコットンを使用しており、撥水加工を施しているのでちょっとした雨で濡れる心配もない。コーディネートの外しアイテムとして取り入れたい1着。リブのラインがアクセントに。

Bran6『エディフィス』

『エディフィス』は、フレンチトラッドをテーマにしたブランド。トレンドをとらえたデイリーカジュアルからドレスウェアまで幅広いアイテムを提案している。インポートの生地を使ったものや、日本製で製法にこだわったものなど上品な雰囲気が魅力だ。安すぎず、高すぎずバランスの良い価格設定も見逃せないポイントのひとつ。

Pick upフレンチテリー Vネックスウェット

ZOZOTOWN

ライン入りのリブや裾部分に施したエンブレムがスポーツライクな雰囲気を放つVネックのスウェット。素材には、サラッとした肌触りが特徴のフレンチテリーを使用している。シンプルにデニムやスラックスを合わせてスポーツMIXスタイルを楽しむのも◎。

Brand7『フリークスストア』

古き良きアメカジを軸にトレンドを加えたアイテムが魅力の『フリークスストア』。さらに、別のブランドラインで行っているMADE IN USAアイテムの展開にも定評がある。アメカジ好きならぜひとも訪れておきたいショップだ。

Pick upオックスフォード フィッシングシャツ

ZOZOTOWN

ベーシックなオックスフォードシャツをベースに遊び心のあるデザインに仕上げた。フロント左側にはマチ付きの大きなポケットを配し、右側にはフィッシングシャツ特有のディテールである毛針を引っ掛けるためのファーをデザインした。深みのあるオリーブカラーが旬なミリタリーテイストを感じさせる。

Brand8『アーバンリサーチ』

都会的で洗練されたウェアや雑貨などをカルチャーと交えながら提案していく『アーバンリサーチ』。オリジナルラインでは、落ち着きのあるカジュアルテイストをベースに、素材やディテールにこだわったアイテムを展開している。トレンド感のあるシンプルなデザインが多いため、幅広いスタイルで取り入れやすい。

Pick upウールワイドスラックス

ZOZOTOWN

今季大注目のアイテムであるワイドスラックス。裾はクロップド丈になっているのでトップスとのバランスも取りやすく、今日的なスタイリングにも組み合わせやすい。弱起毛のウール素材を使用しているので秋冬らしい表情がありながらも、どこかスムース感のあるシックな雰囲気を漂わせている。スニーカーとの相性も抜群。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
セレクトショップ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

山崎 サトシ

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮