パーカを買うなら別注モデルのプルオーバーがおすすめ

カジュアルな着こなしにぴったりなプルオーバーパーカ。一歩間違うと子どもっぽくなる危険性も…。そこで、今秋おすすめの別注モデルと共に、旬な着こなしを紹介しよう。

大中 志摩

2015.09.14

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

そもそもパーカとは?

ARKnets

パーカとは、首の根元にフード、腹部にポケットがデザインされているスウェットシャツのことを表す。さらに、パーカの中でもフロントにジップがデザインされた“ジップアップタイプ”と下から被って着用する“プルオーバータイプ”に分類することができる。

なぜ別注モデルのプルオーバータイプのパーカがいいのか

ZOZOTOWN

プルオーバータイプのパーカは、一歩間違うと子供っぽくなりがち。しかし、組み合わせ次第では、大人の色気漂うカジュアルスタイルを簡単に演出できる。中でも、別注モデルはディテールやデザインにこだわったモノが多く、旬な着こなしも手軽に作りやすいのだ。

今秋挑戦したい、プルオーバーパーカを取り入れたコーディネートはこの5つ!

Style1デニムとパーカの組み合わせには、チェックシャツをプラスすればこなれた印象に

ZOZOTOWN

『チェスウィック』×『ビームス』の別注モデル。通常はプリント仕様のフロンロゴを刺繍で表現したこだわりに仕上がっている。パーカとデニムという定番の組み合わせだが、裾から覗くチェックシャツや、両膝に施されたダメージ加工がアクセントになってコーディネート全体を格上げしてくれている。

Style2アーバンな雰囲気放つスウェット×スウェットコーデ

ZOZOTOWN

襟元にボリュームを持たせた、立体感のある表情が特徴的なパーカ。サイドに施されたスリットや細身のリブがスマートさを強調している。こちらは、表情のあるグレーのスウェットパンツにネイビーのパーカを合わせたアーバンな着こなし。全体的にすっきりとした印象なのでボリューム感のあるスニーカーが際立っている。

Style3こだわりのディテールが光る『アーバンリサーチドアーズ』×『チャンピオン』の別注モデル

ZOZOTOWN

『アーバンリサーチドアーズ』が『チャンピオン』に別注したアイテムで、パーカには珍しい胸ポケットがデザインされた斬新な1枚。フード部分に配した2つのCロゴボタンや、前と後ろで仕様を変えた袖などこだわりのディテールが満載だ。スタイリッシュな印象をあたえてくれる、すっきりとしたシルエットも魅力的。

Style4足元を黒で引き締めたメリハリ感のあるスポーツMIXコーデ

ZOZOTOWN

こちらは、『エディフィス』が『チャンピオン』に別注をかけたモデル。両袖には、スポーツライクなストライプが施されており、フロントにはボディーカラーに合わせたシームレス仕様のポケットがデザインされている。淡い色のデニムと合わせたこちらのコーデは、足元に黒をプラスして野暮ったさを払拭した好サンプル。

Style5シックな雰囲気漂う好印象大人コーデ

ZOZOTOWN

すっきりとしたシルエットでニュアンスのある杢生地を使ったラグランスリーブ仕様のパーカ。オーバー10オンスを超える肉厚な生地ながらも甘く編むことで重さを感じさせない仕上がりに。ネイビーのパンツと組み合わせたシックな着こなし。リブのラインや胸元のロゴがしっかりと存在感を主張している。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
トップス
パーカー
別注・コラボレーション
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦