どうぞ足元を見て! と言いたくなる靴下5選

「足元を見る」なんて言葉にポジティブなイメージはないけれど、靴下がおしゃれなら、きっと「どうぞ足元を見て」なんて言える余裕だって持てるはず。違うか(笑)

編集コヤマ

2015.02.18

パック売りから、5本指までズボンをロールアップしたくなる靴下集めました!

流行りのライン入りソックスラインが着こなしのアクセントに!

巷ではスニーカーブームなんて言われますが、スニーカーに合う靴下はお持ちですかね? ソックスにラインが入ったこのタイプはスニーカーに合う王道かつ、コーディネートのアクセントになってくれること間違いなし。値段も手ごろだし、パック売りをしていることも多いので、ガシガシ使っちゃいましょ。

ロゴ入りソックスもし「H」のロゴがあるなら、オトコたるもの進んで選ぶべし!

スウェットでよく見るワンポイントロゴ。靴下にだって入っててもいいですよね? 落ち着いた色合いの靴下に潔く赤字で「H」なんて書いてあったら、足元にツッコミが入ることも…!? と言うのは冗談で(笑)。このロゴ部分だけ異素材だったりすると、おしゃれな人たちからは「オッ」と思われること間違いなしです。

ボーダーソックスノーボーダーを自称してても、たまには履こうボーダー柄!

ブルー、サックスを選べばマリンぽさを感じられるのがボーダー柄の長所。コーディネートが重たくなりがちな時期でも、爽やかさを見せたいなら手っ取り早くボーダーを選びましょ。個人的にはブルー系はもちろんグリーン系を推しますが、シャツのカラーに合わせると着こなしがグッとまとまるはず。

柄ソックス柄ソックスなら、つかみどころのないオトコを演出してくれる!?

ブラックやブラウン系の着こなしが増える寒い時期、足元だけでも明るい色を取り入れられると、気分もきっと前のめりになるはず。特に派手な柄やクレイジーパターンを選べば、足元への注目を集めること間違いなし! さすがに毎日そればかり履いてるとそれこそクレイジーに思われそうなので、そこだけは注意。

5本指ソックス水虫にNO!! だけじゃない、5本指ソックスの魅力

足袋のような5本指ソックスを履いている人に、「え、水虫予防?」なんて余計な心配はしないこと。確かに蒸れにくく冷えにも効果があると言われる5本指ソックスですけど、おしゃれとして取り入れてる人も多いんですよ。飲み会の会場が座敷だった時、恥ずかしいのは最初だけ。あとはネタとしても使えます。

KEYWORD関連キーワード
ソックス・靴下
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

山崎 サトシ

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

ビーチサンダルを街でも履こう! 大人が選ぶならこの14ブランドから

定番のラバー製から上品なレザー製までラインアップが豊富なビーチサンダル。タウンユースにも活躍する大人におすすめのビーチサンダルを厳選してご紹介します。

近間 恭子

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA