時計ライターが選ぶ! 10万円以下で買える機械式時計

機械式時計は高価だと思う人は多いのでしょうが、10万円以下で入手可能なものも決して少なくありません。しかも、見るからに面白そうな時計だってあるんです。

黒野 一刻

2015.09.02

特売でなくてもロープライスです

機械式時計はクォーツと異なり高くなるもの……と、価格面で購入を諦めている人も少なくないでしょう。輸入時計は、円安の影響がジリジリと出てきており、価格も上昇。しかしです。ネットで検索をかければ、素性のいい機械式時計は、まだまだあります。逆輸入、並行輸入、正規品…アンダー10万円が、ゴロゴロしています。

競争が進み低価格の時計が増えました

腕時計は必ずしも生活必需ではなく、嗜好品です。それだけに、かつての世界同時不況で、ラグジュアリー路線から、機能美優先の過去回帰が進み、激しい市場競争により価格の低廉化が進んだのです。その影響のおかげで、今も安くておいしい時計が世界中に溢れ、もはや、アンダー10万円時計は、ひとつのジャンルです。

合わせて読みたい:
2万円台から買えてしまう、機械式時計入門機10選

日本で典型的に安いパターンを集めてみました

国産ブランドの時計はやっぱり安く、中でも日本未展開で、海外から逆輸入されてきた時計は面白い。それでなくとも、入門者を増やそうと、国産ブランドは低廉な腕時計の裾野を確実に広げています。海外ブランドも、企業努力に必死で、新興ブランド、老舗ブランドで、ローコストに踏みとどまる2社の時計を取り上げてみました。

機械式の入門に、セカンドウォッチに、是非どうぞ

値段の桁を間違ってないかと思うほど『セイコー』SKX007K ダイバーズ オートマチック(逆輸入)

逆輸入品は日本未展開で格安品が多いものです。これも逆輸入の200m防水の自動巻きモデルで、逆回転防止ベゼルを装備し、夜光を配した大型インデックスを備えたダイバーズです。3時位置にデイデイトも。ムーブメントの精度(日差)は残念クラスですが、週に2?3度の時刻調整も、機械好きなら気になりません。

正規価格で2万円台なんです『セイコー』スピリット SCVE007

自動巻きの正規価格2万円台なんて時計、そうそうありません。日差+45?-35秒は週に何回かの時刻調整が必要ですが、その分デザインは頑張っています。ダイヤルの雰囲気やベルトアタッチメントの造形はレトロな路線を追求。一方で、24時間表示のインダイヤルをポップなカラーで彩り、抜群の個性を発揮しています。

これは間違いなくエレキギター!『オリエント』オリエント スター WZ0201DA

『オリエント』も低価格を追求する分、デザインに気合い入っているブランドです。この時計はさまざまな過去のプロダクトデザインを文字盤に表現するレトロフューチャー・シリーズの一作。この時計では、エレキギターを見事に表現し、世界のロックフェスの聖地を刻んだ回転リングで、手動ワールドタイマーとしても使えます。

オープンワークで機械を鑑賞できる『オロビアンコ』タイムオラ オラクラシカ

この時計が正規価格でアンダー5万円というと、思わず溜め息が出てしまいます。全体の作りは手堅く、クラシカル。そこへ6時位置から1時位置にかけてオープンワークをほどこし、時計のメカニズムをそのまま鑑賞できます。3時位置のロゴ周りの意匠も堂に入っており、機械式時計の入門には絶好の時計でしょう。

オーソドックススタイルの極み『ティソ』T-クラシック シャミン ドゥ トゥレル パワーマチック80

ブランドの創業期に由来するコレクションの2015年新作で、アンダー10万円が奇跡に思える時計です。機能はセンター3針・日付表示のみので、細やかなヘアライン装飾の入った文字盤は、クラシック&シンプルの極み。最新の技術で作られたパワーマティック80は軽やかに動作し、80時間の駆動時間と高精度を約束します。

KEYWORD関連キーワード
腕時計
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事