今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

2019.04.22

確かなモノ作りを行うデニムブランドを知って、自分の相棒となるジーンズを探そう

はき慣らして経年変化が現れたときに、それまでとは違った魅力を放ち始めるジーンズ。そんなジーンズ最大の特徴といえる経年変化を楽しむには、生地の質や縫製のクオリティが重要となる。ここで紹介する、デニム専業やデニムに一家言あるブランドならば、それぞれに工夫を凝らしたプロダクト作りを行っており、安心して手にすることができるだろう。

PART1:ジーンズ発祥の地が生んだ質実剛健な「アメリカブランド」

西部開拓時代のワイルドな暮らしが生んだ服、それがジーンズだ。発祥の地であるアメリカでは、当時の質実剛健なモノ作りを現代に受け継ぐブランドが割拠している。

デニムブランド1『リーバイス』

ゴールドラッシュに沸くアメリカ西海岸において、金鉱で働く労働者から「もっと丈夫な作業着が欲しい」というニーズを受けるかたちで、『リーバイス』がリベットでジーンズの補強を行うという特許を1873年に取得し、今のジーンズの原型が誕生した。その後“501”と名付けられた5ポケットジーンズを軸に、年代ごとのライフスタイルに合わせた仕様の変更や品番の追加を行いながら、今では永遠の定番デニムブランドとして支持を集めている。

デニムブランド2『リー』

『リーバイス』と双璧をなすアメリカンデニムブランドの雄が『リー』だ。設立当初は東海岸を中心にエンジニア、ワーカー、カウボーイなどから高い人気を博し、やがて総合ワークウェアカンパニーとして世界中に広がっていった。その人気の理由の1つが、1925年に『リー』が開発したジェルトデニム。左綾織りの強撚糸を使用することで11.5オンスながらも13オンス相当の強度を備えていて、軽く動きやすい生地となっている。

デニムブランド3『ラングラー』

残るアメリカンデニム御三家の1つが『ラングラー』。時代を追うごとに少しずつワークウェアからファッション向けにシフトしていった『リーバイス』や『リー』と異なり、『ラングラー』は設立当初から現在に至るまでカウボーイ専用。馬の鞍を傷つけないように丸リベットを使用したり、鞍に座ったときに美しく見えるよう股上の深さを設定したりと、乗馬の際の使い勝手を考慮したモノ作りを行っている。アメリカではカウボーイのほとんどがラングラーを着用しているほどだ。

デニムブランド4『ダブルアールエル』

ヴィンテージマニアとしても知られるラルフ・ローレン氏が1993年に立ち上げたハイエンド・カジュアルラインが『ダブルアールエル』だ。自身がコロラド州に所有する牧場の名前から取られたブランドネームが象徴するように、氏の趣味性が色濃く反映されたモノ作りがなされている。ヴィンテージの風合いをリアルに再現したダメージ加工でワイルドさをプラスしつつ、そのシルエットは極めて現代的でエレガントだ。

デニムブランド5『AGジーンズ』

『ディーゼル』創業者の1人にして『リプレイ』の初期事業にも関わるなど、デニムデザイナーとしてその名を知られるアドリアーノ・ゴールドシュミット氏と、革新的なジーンズ製造技術を持つデニムブランドで研鑽を積んだヨル・クー氏がタッグを組んで2000年にLAでスタート。細部まで計算されたパターンによるスッキリとしたシルエットや、自然でありながらデザイン性に優れたウォッシュ加工によってファンを集めている。いわゆるプレミアムジーンズの走りであり、セレブリティの愛用者が多いことでも知られている。

PART2:洗練されたデザインが特徴の「ヨーロッパブランド」

ジーンズがワークウェアとしてはかれてきた歴史を持つアメリカと異なり、ヨーロッパではファッションアイテムの1つとして捉えられてきた。デザイン性に優れたジーンズを手に入れたいなら、欧州のブランドが筆頭候補だ。

デニムブランド6『アーペーセー』

1987年にパリで設立された『アーペーセー』は、トータルウェアブランドのなかでも特にデニムの品質が秀逸。“フランスパンのよう”と形容される、表面は硬く中は柔らかい独自の生デニムを使ったジーンズは、ブランド黎明期から30年以上にわたってリリースされ続け、今やブランドの顔となっている。そして面白い試みが「バトラープログラム」。消費者が生デニムからはき込んだ『アーペーセー』のジーンズをショップに持ち込めば、半額で新しいジーンズと交換してもらえるというサービスで、はき込まれたジーンズはメンテナンスが施されて再び販売される。生地や作りの良さに自信があるからこそ実施可能と言えるだろう。

デニムブランド7『ディーゼル』

1978年にレンツォ・ロッソ氏がイタリアで設立したプレミアムデニムブランドの『ディーゼル』。反骨精神とオリジナリティに溢れたシーズンテーマを設定し、デコラティブかつトレンド感のあるデザインに落とし込むクリエイティブで知られている。2013年にはニコラ・フォルミケッティ氏がクリエイティブ・ディレクターに就任。レディ・ガガ氏を一躍スターダムにのし上げた肉ドレスやロブスターハットを製作したことで知られる同氏は、4年間にわたって先鋭的なクリエイティブを発揮した。

デニムブランド8『ジースターロゥ』

1989年にオランダのアムステルダムで設立された『ジースターロゥ』は、『ディーゼル』などとともに欧州のプレミアムジーンズを代表するブランドとして知られている。そのクリエイションの最大の特徴が、世界で初めてジーンズに取り入れた立体裁断。バイカーがはき込んだジーンズをデザインソースに、人間の脚の形状に沿ったカッティングを施すことで、細身でも快適に着こなすことが可能だ。

デニムブランド9『ヌーディージーンズ』

デイリーウェアとしてのジーンズ作りを目指して、2001年にスウェーデンで創業した『ヌーディージーンズ』。スタイルが美しく見えるシルエットが話題を呼び、設立当初から日本でも人気を博した。色落ちに優れるカイハラ社製のデニム生地を使用するなど、クオリティの裏付けがあるモノ作りを行っていたことで、単なるブームとして終わることなく今でも美脚ジーンズの定番として親しまれている。

デニムブランド10『デンハム』

『ジョー ケイスリー ヘイフォード』でパタンナーとして腕を磨いたジェイソン・デンハム氏が独立し、2008年にオランダで設立した『デンハム』。デザインの飽和状態と言われていた5ポケットジーンズに新たな息吹を吹き込み、美しいシルエットを体現してみせた。そして、氏のデニム愛が伝わる試みが、一部の店舗で実施している無料のハンドウォッシュサービス。『デンハム』のジーンズを持ち込めば、スタッフが店先で手洗いをしてくれるといううれしい施策だ。

PART3:高い技術力で独自の進化を遂げる「日本ブランド」

世界に誇るデニムの産地、岡山県・児島を有する日本。糸の構造から徹底的にヴィンテージを再現したレプリカものや、オリジナリティ溢れるデザイン性を施したものなど、日本という島国を舞台に独自の先鋭化を遂げたジーンズをラインアップした。

デニムブランド11『エドウイン』

日本人の体型にフィットしたはきやすいジーンズ作りを目指し、戦後間もない1947年に誕生した『エドウイン』。その代表作である“503”が誕生したのは1997年のこと。同モデルではドレスシャツなどに使用される液体アンモニア加工を世界で初めてジーンズに導入。デニムのゴワつきを取り除いてはきやすさを極限まで高めており、名実ともに日本人のデイリーウェアとして最適な1本に仕上がっている。

デニムブランド12『ドゥニーム』

中白に糸を染め上げるロープ染色、太さにばらつきがあって縦落ちを強調するムラ糸、強い凹凸感とセルビッチを再現する旧式力織機……。今ではデニム好きの間でお馴染みとなったこれらのワードは『ドゥニーム』が広めたといっても過言ではない。旧年代のジーンズを現代的にモディファイしながら表現する色落ちは実際のヴィンテージを超えるほど。ヴィンテージレプリカの定番としてだけでなく、ハイエンドなデイリージーンズブランドとして幅広い層に支持されている。

デニムブランド13『ジョンブル』

1952年にデニムの聖地である児島で創業した『ジョンブル』。学生服メーカーとして創業し、現在ではワークやミリタリーのエッセンスを取り入れたアイテムを手掛けるトータルブランドへと成長した。なかでもジーンズは『ジョンブル』の原点とも言えるアイテムであり、自社工場を有しているため、高品質ながらもリーズナブルな1本を作り上げている。

デニムブランド14『フルカウント』

ヴィンテージレプリカブーム真っ盛りの1992年に創業した『フルカウント』。 “家に帰っても寝るまで脱ぎたくないジーンズ”をテーマに掲げ、日本人のデイリーウェアとしてのモノ作りを行ってきた。その最大の特徴が、他社に先駆けてオーガニックのジンバブエコットンを生地に使用したこと。ジンバブエコットンは繊維長が平均35mmを超える超長綿の一種であり、しなやかで毛羽が少なく、伸縮性に優れたデニムに織り上がるのだ。

デニムブランド15『カトー』

多くのブランドが『リーバイス』の“501”に範を取るなか、独自の世界観を作り上げているのが『カトー』だ。定番である3Dデニムパンツは、ウォッシュ加工を施した13.5オンスの生地を使用。大きく湾曲したシルエットや膝裏のダーツによる立体裁断加工を施しており、体の動きにフィットした絶妙なはき心地を実現している。

デニムブランド16『リゾルト』

『ドゥニーム』の創業者であるデニム業界の重鎮、林 芳亨氏が新たに立ち上げたデニムブランドが『リゾルト』だ。ヴィンテージレプリカブームも過去の話になった2010年に立ち上がった新興ブランドながら、その作りの良さから国産ジーンズの最高峰との呼び声も高い。その定番モデルである“710”は『リーバイス』の通称“66モデル”をベースにしつつ、誰もが丈上げせずにはけるよう7種類のレングスをラインアップ。ジーンズ本来の美しいシルエットを崩すことなくはくことができる。

デニムブランド17『ヒステリックグラマー』

1984年に北村信彦氏によって創設された『ヒステリックグラマー』。60~70年代のロックカルチャーをバックボーンに持つアパレルブランドだけあって、そのジーンズもロック精神が反映されたインパクトあるデザインが魅力。タイトなシルエットにダメージ加工やプリントが施されたジーンズは、コーディネートの主役として活躍してくれる。

デニムブランド18『クロ』

その名前通り、日本人の瞳や髪の色である「黒」をテーマに掲げ、MADE IN JAPANを守り抜く『クロ』。2010年のブランド設立当初からそのデニムコレクションはファッション感度の高い人々からの支持が厚く、なかでもブラックジーンズの出来映えは秀逸。紋付袴専門の染色工房に依頼して漆黒加工を施したオリジナルデニムを開発するなど、生地作りからこだわった1本を作り上げている。

デニムブランド19『オアスロウ』

生地作りから縫製までMADE IN JAPANにこだわるだけでなく、デザイナーの仲津一郎氏が少しずつ集めたヴィンテージミシンを使用してジーンズを作り上げる『オアスロウ』。デザイナー自身もひと部屋ぶんのヴィンテージデニムを所有するマニアとして知られているが、単にヴィンテージを精巧に再現するのではなく、大人の普段着としてマッチするよう洗練させた仕上がりが魅力だ。

デニムブランド20『レッドカード』

『エドウイン』で“503”の立ち上げに関わり、『リーバイス』で“501”のモデルチェンジを手掛けるなど、世界的なデニムデザイナーとして知られる本澤裕治氏が2009年にスタートしたデニムブランド『レッドカード』。日本の工場が得意とする洗い加工やヴィンテージ加工を巧みに盛り込むことで、軽やかさとリアルなヴィンテージ感を演出している。

KEYWORD関連キーワード
ジーンズ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

作り手の情熱宿りまくり。シングルのジーンズが“アツい”

だいぶ気温も上がってきた今日この頃。海へ山へ、はたまた街へ遊びに出かけたいモードかもしれない。でも、「なんだかんだ自分の家が1番好き」という人も多いはず。服だ…

増山 直樹

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

ディーゼルのジーンズ傑作選。定番のジョグジーンズから新作ジョグツイルまで

『ディーゼル』のジーンズはアメリカに心酔してきた大人たちの信頼を勝ち取ってきた。目利きである彼らの心をつかんで離さない魅力と、ブランドが誇る名作を掘り下げる。

菊地 亮