一歩先を行くなら、ダメージ加工ブルーデニムを選べ!

定番の一面が色濃いブルーデニムですが、実は毎年微妙に違ったトレンドが発信されています。「んじゃ、今季の流行りは何?」ってことで、ここで詳しくご紹介しましょう。

山崎 サトシ

2015.08.15

POINT1:落ち着いた濃紺色よりも、選ぶべきはダメージ系!

ビッグトレンドとなったノームコアの影響もあって、少し前まではリジッド・ワンウォッシュなどのシックな濃紺色が隆盛をきわめていました。しかしながら、今季は一転! 西海岸っぽいムードを漂わせる、ダメージ系のブルーデニムがファッションシーンで人気を集めています。

POINT2:その中でも、照準を定めたいのは大胆に加工されたモデル

今シーズンはグランジテイストの人気再燃も手伝ってか、近年まれに見る「ハード系ブーム」。ほんのりとヒゲやハチノスが浮き出たような程良い加工ジーンズよりも、強めにダメージが入った存在感あるモデルのほうが圧倒的に支持を得ているんです。では、さっそく今季らしさ満点のモデルを見ていくとしましょう

「トレンドど真ん中のブルーデニムをドドンっとお披露目!」

Item1『リーバイス』の501CT は夏らしいライトオンスもポイント!

ブランドのマスターピースたる“501”をテーパード仕様にカスタマイズした、今季登場のニューモデルの「501CT」。大胆なブリーチと膝のクラッシュが目を引く今作は、12.5オンスというライトタッチな生地感もカギに。夏コーデの主役としておあつらえ向きと言えます。

Item2温故維新な『リーバイス ヴィンテージ クロージング』の復刻作

『リーバイス』の中でも、こちらは過去の名モデルを復刻生産するライン。この1966年モデルをリバイバルした「501」は、不規則なペイントと太腿&両膝のクラッシュが印象的。シルエットは今日的なスリム型にアレンジされており、今ドキなカジュアルコーデとも難なくフィットします。

Item3大胆なクラッシュ加工が魅力の『グラム』の1本

熟練の職人がヒゲ、ブラスト、ピン打ちや洗いまで全ての工程を手作業で仕上げた、『グラム』渾身のダメージデニム。程良くタイトなテーパードシルエットは、丈をクロップドにすることで夏らしく涼しげな印象を演出しています。

Item4イージーパンツ仕様となった逸品は『アズールバイマウジー』のもの

クラッシュ&リペア、そしてハードブリーチと多彩な生地加工が取り入れられたデニム。ナローなシルエットですが、ゴムウエストのイージー仕様やストレッチ混紡素材によってコーンフォートな着用感を実現しています。ワンマイルなスタイリングにも重宝しそうです!

Item5軽快さも狙える『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』の1本

ワイルドなダメージ加工や別布でのリペアでパンチを効かせた『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』の快作。ちらっとくるぶしが見えるアンクル丈となっているのもキモで、軽快にはきこなせるはず。スニーカー、もしくはサンダルとのコンビネーションがオススメです。

Item6美脚効果も高い『ヌーディージーンズ』の「タイトロングジョン」

ライトブルーが清々しい「タイトロングジョン」は、『ヌーディージーンズ』が展開する中でもっともタイトな型。美しいレッグラインを演出してくれるのが魅力です。しかも、縦・横の両方向に強力なストレッチ性を備えています。ルックス・実用性ともに高水準な1本です。

KEYWORD関連キーワード
ジーンズ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦

リーバイスのジーンズ総特集! 定番も新顔も人気モデルの魅力を解説

ジーンズの起源である『リーバイス』。鉄板ブランドの歴史や、長く愛される理由、そして定番と新定番モデルなど、多角的に同ブランドについて解説する。

小林 大甫

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

Freeamericanidol編集部

ときに大人っぽく、ときにカジュアルに。ユナイテッドアローズが提案する春の肖像

国内外の人気ブランドを揃えながら、トレンドを反映させたオリジナルレーベルを展開し、カジュアルからドレスまでを取り扱う。そんな懐の深さが魅力の、セレクトショップ…

Freeamericanidol編集部

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ