涼しさ重視の夏パンツは褪せ色&ペールトーン!

暑さを少しでも和らげたい夏のパンツ。重たく見えてしまうダークカラーよりも、爽やかさを感じさせる褪せ色やペールトーンを選び、視覚からも涼しさを体感してみては!?

ai sato

2015.07.22

爽やかさ重視ならペールカラー、こなれ感を出すなら褪せ色がセオリーです!

見た目の涼しさはもちろん、トレンド感ものぞかせる淡いトーンのカラーパンツは夏にこそ活躍させたいアイテム。白に近い優しげなペールカラーならより爽やかさがUP、はき込んだような褪せた色合いのタイプを選べばこなれた雰囲気を出せるので、自分の狙う着こなしに合わせた色味の物をセレクトするのがポイントです。

ひそかに女子ウケも狙える優しげなペールピンク

Item1『ナノユニバース』×『リー』カラークロップドパンツ

『ナノユニバース』×『リー』の別注パンツは、アンクル丈のすっきりとしたジョッパーズシルエットが自慢。ストレッチの効いた素材に、ワタリから腿にかけてはややゆとりを出し、膝から裾に向かってテーパードしたラインで絶妙なフィット感を楽しめます。女心にくすぐる淡いピンクなら、さりげなく視線が集中そう!?

海っぽさを感じさせる爽やかペールブルーで涼しさMAX!

Item2『エドウィン』アンクルカットカラーパンツ

スモーキーなペールトーンが旬顔のこちらは、『エドウィン』の新作“503 アンクルカット”モデルのカラーパンツ。ほんの少しテーパードをかけたゆとりのあるシルエットに柔らかな色合いで、スニーカーやサンダルなどリラックス感のある足元と相性抜群! ロールアップでアクセントをつけると、さらにこなれた印象に。

肌馴染みの良さで夏コーデに大活躍なコーラルカラー

Item3『ラコステ』カラーショーツ

ロングパンツだけでなく、ショーツも淡いトーンなら涼しさ倍増! 『ラコステ』から登場のカラーショーツは、独特の生地感とタフさが魅力のギャバジンを使い、スポーティな雰囲気に仕上げているのが特徴。コンパクトなシルエットと肌に馴染みやすいコーラルカラーで、どんなトップスとも合わせやすい万能ショーツです。

ペールトーンの太ボーダーでアクティブな表情を魅せる!

Item4『ウィゴー』リネンMIXカモフラショーツ

コットンをベースに、世界でも有数のリネン産地として知られているフランス産の上質な麻素材を織り混ぜたショーツ。見た目以上に通気性に優れており、清涼感があるのでリゾートなスタイルにも◎。重たく見えがちなカモフラ柄もリネン素材とペールトーンにするだけで、暑苦しさを回避できます。

大人好みのこなれたスタイルには褪せ感たっぷりのブルーが正解!

Item5『ボイコット』カラーストレッチデニム

『ボイコット』のカラーパンツは、ストレッチ素材のクロップド丈で軽快に着こなせる1本。ヴィンテージ感のあるアタリや色落ちで、ペールトーンに深みが出るので、普段の着こなしにニュアンスを添えるのにピッタリ。チラリとのぞくくるぶしには、夏らしいシルバーやターコイズのアンクレットを足すと洒落感出しに効果的。

KEYWORD関連キーワード
ボトムス
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

見た目も“マナー”もスマートに。待っていたのはこんな大人リュック

一昔前まではタブーの風潮があったが、現在ではリュック出勤のサラリーマンも珍しくなくなった。優れた収納力は無論、両手が空く分スマホ操作が楽なのも支持率を高めてい…

山崎 サトシ

クールビズをもっとおしゃれに。最適なアイテムと着こなし、ご存じですか?

世間に広く浸透してきたものの、まだまだクールビズスタイルに自信を持っている方は少ないはず。猛暑でも快適かつおしゃれに働くためのアイテム選びとコーデ法をご紹介!

近間 恭子

人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

平 格彦