夏ならやっぱりマリンスポーツ系ウォッチでしょ!

発想がシンプルかもしれませんが、夏と言えばやっぱり海です。バカンスの自由さを満喫し、海辺でのハードユースにもOKな時計こそ、夏に求められている時計の王道なのです。

黒野 一刻

2015.07.19

まずは思いっきりカラフルに自由を満喫

常日頃、腕時計のチョイスを不自由に思う人は少なくありません。「お客様より目立たないように」「上司に睨まれないように」「社会人らしく」と仕事や日常生活では、口うるさいチェックが入ります。でも、休日くらいは自分らしい時計をつけたいもの。ましてバカンスに出かけるなら、一切の制約は忘れてしまいましょう。

機能性にプラスしてギアっぽさも大切に

楽しむための時の時計です。周囲の小言など置いておき、好きな時計を選べばいいのです。夏休み、やっぱり海に出かけるなら、それにふさわしい青い海にお似合いの時計を。海で使うのですから、防水性やマリンスポーツ向けの機能は重要です。それにプラスしてデザインも。自由な時間、遊び心を全開にチョイスしたいものです。

水を怖がらず、楽しくなる1本を

『Gショック』と『ニクソン』の時計は、マリンスポーツ系の高い機能を持ちながら、カラフルで、腕元を楽しく飾ってくれます。『スウォッチ』と『ツモリ チサト』は、ポップな感覚にあふれています。ダイビングには使えませんが、いずれもスポーツ系らしい高防水で、サーフィンに、ヨットに、夏の海辺のお伴にピッタリです。

海辺での最強チョイスは、この5本

本物の計器っぽさが堪らない!『カシオ』Gショック ガルフマスター GWN-1000B-1BJF

マリンスポーツ最強のGショックが、これです。Gショックらしい対衝撃構造に加え、海原でも頼りになる方位計・気圧計・温度計のトリプルセンサーを装備。ベゼルの数字を指し示す潮位計は、サーファーやヨットマンには必須の機能でしょう。デザインは船舶の計器をイメージし、まさに海で使うためのギアとして完璧です。

世界中のサーフスポットで遊べます『カシオ』G-SHOCK G-LIDE GLX-6900-7JF

世界29エリア対応のワールドタイム機能と連動し、現在位置の月齢・月相を表示するムーンデータや潮位を表示するタイドグラフ、海外でも使える機能が盛りだくさんなG-SHOCK。5秒カウントダウン後に自動スタートする使い勝手の良さもあります。カラフルなスタイルも、長期のリゾートにはピッタリです。

ヴィヴィッドな色使いがインプレシッブ『ニクソン』リズム

アメリカのストリートカルチャーの担い手と言うべきトータルブランドに成長した『ニクソン』らしく、ビビッドなカラーリングが印象的なのが、このリズムです。このポップ感覚あふれるケースには、世界271箇所のサーフスポットの潮位を示すタイドグラフ機能付き。キチンと内容が伴う時計作りには脱帽です。

一世を風靡したスポーツモデルが復活・定着『スウォッチ』スクーバ リブレ サンダウナー

2003年まで生産されたトロピカルイメージのスクーバ ウォッチを、2013年にスクーバ リブレとして復活させたシリーズです。この時計は、海に沈む夕陽をイメージするオレンジが色鮮やかで、まさにリブレ(自由)を満喫できるカラーリング。これで20気圧防水のスペックを備えているのですから、無敵のリゾートウォッチです。

猫の顔をモチーフに下デザインが独創的『ツモリ チサト』ビックキャット マリーン

ブランド名を見てしまうと「レディース?」と思ってしまいますが、ソーラー発電方式、回転ベゼル装備のスポーツモデルで、スペックも20気圧防水と非常に良好。内容もしっかり備わっています。猫の耳を象った12時方向のラグが独創的で、ユーモラス。明るいカジュアルな服装に合わせやすいカラーリングも秀逸です。

KEYWORD関連キーワード
腕時計
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

夏目 文寛

防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

どんな季節であれ、足元の“雨対策”は必要。晴れの日に履くようなルックスかつ防水性を兼備した防水スニーカーが1足あれば、突然の雨天でも困ることはありません。

Freeamericanidol編集部

トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

編集ナス

本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

Freeamericanidol編集部

“バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

髙須賀 哲

それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

黒野 一刻